« ビル・クリントンからメール来た! | トップページ | 家族が増えました!! »

2012.07.14

節電推進委員長の矜持

反原発の旗を掲げているオイラは、勤務先の医療法人で、末端の介護福祉士から節電推進委員長に大抜擢された。

反原発・脱原発を掲げる共産党員でもあるオイラは、この『節電推進』と言う職務にはやる気マンマンで、資料を調べ、問題を洗い出し、節電策を立案し企画書を作成して統括本部から実行の承認と権限を与えられた。

 

今、毎週金曜夜には首相官邸前で、原発再稼働反対のデモが行われている。僕が関東在住ならその場に間違い無く馳せ参じていただろうが、残念ながら四国住みの僕にはそれを可能にするだけの時間と資金が無いから、デモ参加者達を心の中で支援しつつ、遠くからそれを見守っている。

その現状に、「節電なんか、かったるくってやってらんないね!」って、自堕落と享楽に溺れながら、自分の電力浪費と怠惰と無気力を自己正当化してるuseless people, fuck'n mankind達が、「原発いらねーって、お前ら原発無しの電気使えない生活耐えられんのかよ?」とか、「原発の代替策提示もしないで原発いらない。なんて、単なるジコマンじゃん。」とか、行動する度胸も勇気も無いクセに、批評家気取りで他人を批判してる。
後世の歴史家達が彼等を何と記するのか、歴史好きな僕には少し興味があるのだが、それはまた別の話だ。

「日本の電力の30%は原子力なんだぞ。10%の節電だって出来ねえクセに、原発反対なんて言ってんじゃねーよ!」

って言ってるクソヤローどもに、

不条理と不公平、不正義を心の底から憎む土佐人として、

どんな困難な中でも、問題の根本的な解決を目指しながら、その時々の国民の利益を守る。を立党の精神として掲げる共産党員として、

そして、勤務する医療法人の節電推進委員長として、

我が家の節電実績をここに示そう。

Image023

2012年6月14日から7月12日の間の我が家の電力使用量は、

昼間259kwh、夜間158kwh、合計417kwh。

ちなみに昨年同期の使用量は、

昼間421kwh、夜間188kwh、合計609kwh。

昨年同期を100とした場合の、今年の我が家の電力使用は約68%。

原発反対を叫ぶ人達を鼻でせせら笑ってるクソども、「日本の電力の30%は原発だぞ。お前ら原発無しでやっていけねーだろーがよ!」なんてウソぶいてるバカチンども、

我が家では今年、

電力使用量を32%削減しました。

原発無しでは日本はやっていけない。なんて言ってる連中に、

僕は何千回でも答えよう。

原発無しで電力供給量が3割低下しても、

一般家庭なら何も問題はありません。

日本の電力は原発無しでも間に合うのです。

だって僕んちは使用電力を32%減らしたもん。

32%減らす為に、特に我慢なんかしてないもん。

ホンのちょっとだけ、頭と労力を使っただけ。

CCSF中退の低学歴な、下層市民の介護福祉士の僕にだって出来たんだもん。誰にだって出来るさ。

原発推進派って人種は、アタマと労力を使う能力に致命的な欠陥を抱えている事は知ってるけどね。

※当エントリーは、転載自由とします。

|

« ビル・クリントンからメール来た! | トップページ | 家族が増えました!! »

コメント

mizzieさん、お久しぶりです。

7月分の検針はまだなので、6月で比較しても昼間なら、私の場合、mizzieさんの3分の1以下(80kwh)です。
節電と言われる前から、既に節電している人もいるのです。

大飯原発が再稼働してから、火力発電が8基停止するというニュースを知りました。
節電なんかする必要はないわけです。

ウランを所有している人に踊らされているだけです。

投稿: 香川県民 | 2012.07.15 18:26

>香川県民さん

お久しぶりです。我が家はオール電化住宅な事もあって給湯と調理が全て電気なので、どうしても電力使用量は多くなるようです。ちなみに1ヶ月辺りの光熱費は¥9000前後です。

でも80kwhって言うのはスゴいと思いますよ。(^^)

関電が大飯原発(118万kwh)を再稼働させて、火力発電所8基(合計300万kwh)を停め、総発電容量が182万kwhも減ったのに節電目標を緩和、結局、原発無しでも電気は足りていた。ってのは、僕も「きっこのブログ」で見ました。
結局、この国の政治は「命よりも金」、「正義よりも金」ですからね。

みんながキチンと選挙に行って、
正しい候補者、政党に投票していれば、
こんな事にはならなかった筈で、
結局、全ての責任は国民に帰するんだよなぁ…。って思いました。

投稿: mizzie | 2012.07.16 06:04

ちなみに、私も同じ四国電力でオール電化です。
電気代は安いけど、ガス代は高いとかいうオチはありません。

私は、国民投票をするべきだと思います。
選挙に行って投票しても、民意は反映されません。
いちいち「増税に賛成?反対?」とか「原発の再稼働に賛成?反対?」の政策ごとに選挙できませんしね。

梅雨明けしましたから、mizzieさんやご家族の方も、夏バテしないように気をつけてくださいね。

投稿: 香川県民 | 2012.07.17 22:04

我が家は一般家庭一律〇%節電!って言われるとちょっと困ります。。
そもそも節電していて、ひと月当たり300kWh以下です。
普通に暮らしてるつもりなんですけどね。。

なので、前年同月比、ほぼ変化なしです。

我が家は冬の夜が一番電気使いますが、(ハウスダスト等の子供の為、オイルヒーターを使うので)
冬の場合熱源はいくらでもあるのでまぁ良しとしてます。

投稿: ハルシオ | 2012.07.17 22:13

>香川県民さん

お話を伺う限りどうやら我が家には、さらなる節電余力がありそうですね。
個々の案件ごとに国民投票を行う。と言う案はある面良案ではありますが、国民全体にそれを受け入れる素地が出来ていない(ある議案に対する、Pros&Consを冷静に比較検討し可否双方の中・長期的影響を考える事の出来る人は、この国にはまだそれほど多くないので)と思われる現状では、諸刃の剣になる。が僕の意見です。

民主主義と代議制による意思決定システムはとても迂遠な回りくどいもどかしい政治システムですが、ニヒルを気取って棄権を自己正当化するなんて言う愚を避けながら、とりあえず、その現状で最もマシな人に信託を付す。を地道に続けるのが現状で取り得る最善手だと思います。

>ハルシオさん

月400kwh越えてる我が家は、まだまだ節電頑張らないとダメみたいですね。
子供が小さいからオイルヒーター検討中ですけど、暖房器具としての性能ってどうですか?

投稿: mizzie | 2012.07.18 06:47

オール電化で月400kWhはかなり頑張ってる方じゃないですか?

オイルヒーターは、立ち上がりは遅いですが、優しい温かさがあります。
エアコンのように風は吹かないので埃がたち難いですし、
ハロゲンヒーターや電気ストーブのように明るくもなりません。
そして、石油(灯油)ストーブやファンヒーターの様に臭くもなりません。
でも、電気代はかかります。

暖房器具としての性能は立ち上がりの遅さと電気代がネックですが、それを除けば最高だと思います。
電気代は我慢して、立上げ時間はタイマーなりで早目に立ち上げればよいので。。

投稿: ハルシオ | 2012.07.18 20:57

野田氏を政治資金規正法違反で強制起訴に!!

消費税増税に、原発再稼動に、TPPに暴走する野田首相。
これらを阻止するため、野田佳彦首相の実弟である
野田剛彦市議を政治資金規正法違反(虚偽記載)で強制起訴しよう!!
(「首相」本人を起訴することは憲法上できないらしい)

> 野田佳彦首相の政治資金管理団体「未来クラブ」が千葉県選挙管理委員会に提出した政治資金収支報告書の中に、個人献金した公務員2人の肩書をいずれも「会社役員」と記載していたことが18日、明らかになった。産経新聞の指摘を受け、首相側は県選管に訂正を届け出たが、故意だった場合は政治資金規正法違反(虚偽記載)に問われる。未来クラブでは昨年9月にも政治資金規正法で禁じられた外国人からの献金も発覚しており、ずさんな資金管理への批判は免れない。

首相実弟の市議、調査費130万円を不正受給か (産経新聞) - Yahoo!ニュース
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120718-00000509-san-pol
http://headlines.yahoo.co.jp/hl?a=20120718-00000509-san-pol.view-000
http://amd.c.yimg.jp/amd/20120718-00000509-san-000-7-view.jpg
首相実弟の市議、調査費130万円を不正受給か+(1/2ページ) - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120718/plc12071807080004-n1.htm
 野田佳彦首相の実弟である千葉県船橋市議が平成18年から22年までの間に、首相の政策秘書を取締役とする同市内の2つの企業から、「市民意識調査」費などとして計130万円分の領収書を受け取っていたことが17日、分かった。実弟は領収書を添付し、同市から同額の政務調査費を受領した。このうち1社は活動実態が乏しく、市議会の中からは「架空領収書を使って不正受給した可能性もある」(市議の一人)として、追及すべきだとの声が出ている。
 船橋市に提出された「支出伝票」によると、野田剛彦市議は平成18、19、21年の3年間に年2回ずつ、竹口由利人政策秘書が取締役を務める「タウンプランニング」(20年までは「タンプウプランニング」)から「市民意識調査」にかかった代金として毎回10万~15万円、計80万円分の領収書を受領した。
 同秘書が代表取締役を務める「東央工美」からは、22年に「政策宣伝資料作成費」名目で30万円と20万円の領収書を受け取った。
 しかし、「タウン」社のホームページによると、同社の事業内容は不動産業や住宅リフォームなどとなっている。東央工美は、同社が申告した登記によると「機械のスケッチなど工業美術一般」「写真修正」などを業務としている。
 野田市議は産経新聞の取材に「2社に依頼したのは事実だ」としたものの、調査結果をまとめた報告書を「すでに処分した」と述べ、作業実績について明らかにしなかった。
 竹口秘書は「タウン」社が受けた市民意識調査について「地域の関心事を友人も使って調査、報告していた」と説明。東央工美についても「今は休眠状態だが、ポスター製作などに携わった実績はある」として、ともに架空の領収書ではないと強調した。ただ、具体的な作業実績に関しては「野田市議に聞いてほしい」と明言を避けた。
 船橋市の政務調査費は、市議1人あたり毎月8万円を上限に支出される。「研究研修費」「資料作成費」「広報広聴費」など8項目について市議は領収書を添付して請求する。別の市議によると「毎年政務調査費の満額を使い切れない」こともあるという。
 野田市議は、野田首相の公設秘書を経て平成11年に船橋市議に初当選。現在4期目。竹口秘書は地元事務所で活動している。

首相資金団体が虚偽記載 収支報告 公務員を「会社役員」+(1/2ページ) - MSN産経ニュース
http://sankei.jp.msn.com/politics/news/120719/plc12071907010001-n1.htm
故意否定、選管に訂正
 野田佳彦首相の政治資金管理団体「未来クラブ」が千葉県選挙管理委員会に提出した政治資金収支報告書の中に、個人献金した公務員2人の肩書をいずれも「会社役員」と記載していたことが18日、明らかになった。産経新聞の指摘を受け、首相側は県選管に訂正を届け出たが、故意だった場合は政治資金規正法違反(虚偽記載)に問われる。未来クラブでは昨年9月にも政治資金規正法で禁じられた外国人からの献金も発覚しており、ずさんな資金管理への批判は免れない。
 産経新聞の調べでは、未来クラブは政治資金収支報告書に、平成20~22年に年1万円を献金した元船橋市職員(今年3月に退職)の肩書を「会社役員」と記載。20、21両年に年1万円を献金した船橋市立中学教諭の肩書も「会社役員」と記していた。
 取材に対し、元市職員は「高校、大学で首相の先輩にあたり面識もあるので献金した」と説明。会社役員との肩書については「私は一切兼業していない。なぜこのような記載になったのかわからない」と語った。
 一方、教諭は「首相が平成14年の党代表選に落選後、毎年5千~3万円を献金していた」と説明。「兼職はない」と明言したが、会社役員との記載には「ノーコメント」とした。
 未来クラブの事務責任者を務める竹口由利人政策秘書は「当方の献金申込書には職業記載欄がなく職業については事務所で確認が取れた分だけ明記した」と説明。公務員2人を会社役員と記載したことに関しては「間違って転載したかもしれないが、詳しいことはわからない」と語った。
 政治資金規正法では、虚偽記載の罰則として会計責任者に5年以下の禁錮か100万円以下の罰金を規定するが、故意性の有無で立件の判断が分かれる。竹口秘書は「献金者と示し合わせて虚偽の職業を書いたりはしていない」と強調した。
 未来クラブの20~22年分の収支報告書では、各年とも個人献金者350~420人のうち7割を会社役員と記載する。竹口秘書は「できる限り正誤を調べようと思うが、膨大なのですべて確認できるかどうか何とも言えない」と述べた。
 未来クラブでは昨年9月、韓国籍の男性2人から計47万円の政治献金を受け取ったことが発覚。首相は国会で「担当者も私も外国籍と気が付かなかった」と釈明し、全額返還した。公務員による個人献金に違法性はない。

時事ドットコム:野田首相資金団体が虚偽記載=公務員を「会社役員」
http://www.jiji.com/jc/c?g=pol_30&k=2012071900395
 野田佳彦首相の政治資金管理団体「未来クラブ」(千葉県船橋市)が、県選挙管理委員会に提出した政治資金収支報告書で、個人献金した公務員2人の肩書を「会社役員」と記載していたことが19日、県選管への取材で分かった。未来クラブは17日に申告、修正を済ませた。
 県選管によると、未来クラブは政治資金収支報告書で、2008~10年に計3万円を献金した船橋市職員(今年3月退職)と、08~09年に計2万円を献金した市立中学校教諭の肩書を「会社役員」と記載していた。現在はいずれも「地方公務員」と訂正されている。
 野田首相の政治資金管理団体では昨年、政治資金規正法で禁止された外国人からの献金も明らかになっている。
 未来クラブの事務責任者を務める竹口由利人政策担当秘書は「(収支報告書への)記載が義務付けられているのは法的には5万円以上の献金者だが、1万円以上から記載している」とした上で、「献金の振込書に職業記載欄がなく、職業を全員分確認していなかった。故意ではない」と話した。

首相の資金管理団体、公務員を会社役員と誤記載 : 政治 : YOMIURI ONLINE(読売新聞)
http://www.yomiuri.co.jp/politics/news/20120719-OYT1T00482.htm
 野田首相(衆院千葉4区)が代表を務める資金管理団体「未来クラブ」が、2008年~10年の政治資金収支報告書の中で個人献金をした地方公務員2人の職業をいずれも「会社役員」と誤記載したとして、千葉県選挙管理委員会に訂正を届け出ていたことが分かった。
 野田首相の地元事務所は「寄付の振込用紙に職業欄がないため職業が記載されておらず、前年の報告書を見て記載した。最初に間違った原因はわからないが、故意に虚偽記載したわけではない」と話している。
 収支報告書によると、同県船橋市内の同市職員の男性は08~10年、千葉市花見川区の船橋市立中学校の教諭は08、09年にそれぞれ年1万円ずつ寄付した。同市職員は今年3月に退職した。

野田首相:資金管理団体が個人献金者の職業記載を訂正- 毎日jp(毎日新聞)
http://mainichi.jp/select/news/20120719k0000e010237000c.html
 野田佳彦首相の資金管理団体、未来クラブ(千葉県船橋市)が、同県選挙管理委員会に提出した政治資金収支報告書に、2008年〜10年にかけて個人で献金した公務員の男性2人の肩書を「会社役員」と記載していたことが19日、首相関係者への取材で分かった。
 未来クラブは17日、県選管に訂正を届けたが、職業を確認していないケースは他にもあると説明している。
 収支報告書や関係者によると、2人は当時市職員と市立中学の教員。3年間に1万円ずつ、2人で5回、計5万円を献金した。(共同)

首相の資金管理団体、収支報告を訂正  :日本経済新聞
http://www.nikkei.com/article/DGXNASFS1900Z_Z10C12A7EB1000/
 野田佳彦首相の資金管理団体の「未来クラブ」が千葉県選挙管理委員会に提出した2008~10年分の政治資金収支報告書で、個人で献金した公務員2人の肩書を「会社役員」と記載していたことが分かった。未来クラブは17日に県選管に訂正を届け出た。
 2人は献金当時、船橋市職員と同市立中学の教員だった。収支報告書によると、市職員は08~10年に年1万円ずつ、教員は08、09両年に年1万円ずつの計5万円を献金していた。首相の事務所は「故意ではなく記載ミスだった。同様のケースがないか確認する」としている。

投稿: 野田氏強制起訴プロジェクト | 2012.07.21 16:28

レス遅くなって申し訳ありません。

>ハルシオさん

そーですか。やっぱり電気代は掛かっちゃいますか…。
機器本体の事もありますし、我が家のオイルヒーター導入は検討継続です。

>野田氏強制起訴プロジェクトさん

500文字以内に要約して再投稿して下さい。

投稿: mizzie | 2012.07.26 04:47

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/55189190

この記事へのトラックバック一覧です: 節電推進委員長の矜持:

« ビル・クリントンからメール来た! | トップページ | 家族が増えました!! »