« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »

2013年5月

2013.05.30

家入レオって凄い娘なのかも!

基本的にテレビは観ないmizzieなんだけど、

昨日、妻がザッピングしてて観始めた番組を一緒になって観てた。なんか、10代の子達が、彼女達に人気のあるミュージシャンを囲んで、その歌手の歌とその歌詞について語る。って番組。

(個性的でカワイイ子だな~・・・)

って、画面に映るその家入レオって名前の歌手を観てたら、女の子達が共感する歌詞が字幕に出て、んで街でインタヴューされた子とか、スタジオにいる子達がその歌詞について「ワカル~っ!」とか言ってアツく語ってた。

不安で多感な10代の子を勇気付けたり、センシティブでナイーヴな想いを抱えた若い子達から共感を得やすい言葉をメロディーに乗せて歌う。って言うのは、僕が彼女達と同じ年頃だった25年前からあるこの国の歌謡曲のスタイルで、それを踏襲しつつ洗練させて来たのがこの国の音楽ビジネスなんだけれど、確かにその歌詞は、言葉は、今、その歌手がメインターゲットとする層(日本の中高生世代のMajority達)からの共感は得やすいだろうなぁ・・・。とか思いながら聴いていた。

痛みを内包した優しさとか、繊細さとか、毒気をまとった本音の部分とかを、真っ直ぐな言葉と洗練されたメロディーに乗せて歌うその姿を観ながら、(・・・でも悪くは無いよな・・・。)って思って聴いてた僕だけど、その中のある曲の英語のフレーズが、どーしても引っ掛かって・気になって後の曲に集中出来なくなってしまった。
その英文は、

I want you get a shine.

その英文、どう考えても文法的におかしいのだ。

グリーンカードを得て在米邦人としてアメリカで暮らし、滞米中通ってた大学ではAdvancedEnglishクラスに在籍してた僕の視点から見たら、その英文は間違いなくfragment(文法用語で、文節の中に本来あるべき語が欠けている文章)なのだ。

fragmentなんだから訳す事は出来ないんだけど、無理やり訳してみると恐らくこんな意味の文章になる。

私は欲しい。あなたは一磨きされる。

I want youで文節を切ると、後のget a shineに主語が無くなってしまう。そしてshineには冠詞のaが入っているので、この文章でのshineは動詞、或いは動名詞のshineではなく名詞と言う事になる。名詞形のshineは『日光、照り、晴れ、光、(靴などを)磨く事』で、
(参照:研究社英和辞典)
そしてgetは受動的に手に入れる。と言うニュアンスを含んだ「得る」なので、you get a shineは「あなたは、一度磨かれる」となる。
単数に付く冠詞である「a」がshineの前に入っているのでa shineは「一磨き」になるのだ。そしてa shineが掛かる動詞がgetなので、それはtakeの様に自分の意思で手に入れたものではなく、その「一磨き」は他人によって与えられた、つまり磨かれたshineになるのだ。そしてこの文には最初のI wantと、後に続くyou get a shineを繋ぐ接続詞が欠けたfragmentの文章なので、最初の文節と後の文節がちぐはぐにならざるを得ない。

この歌とその歌詞が、聴く人を勇気付けたり励ましたりする事を目的に書かれたものだと思うから、恐らくこの作詞者は

「(私は)あなたを輝かせたいんだ」

と言いたかったんだと思う。
だけどそれだったらI want to shine youでいい。
どうしてもyou get a shineにこだわるのなら、youの前に使役動詞のletを入れて、
I want to let you get shine
とする必要がある。
ちなみにgetも使役動詞として使えるが、ここでgetを使役動詞として使うには、その後に掛かるto不定詞が必要となるので、you get a shineのgetは使役動詞としては使えない。

となると、件の

I want you get a shine

は、本来なら「(私は)あなたを輝かせたいんだ」の

I want to let you get a shine

となるべき英文が、間違えられた英文としてのI want you get a shineになってしまったと考えるのが適切だと思う。

と、ここまで考えた時、mizzieはふと思った。

実はこの歌詞、言葉の裏にUnderlying massageが隠されてて、
「(私は)あなたを輝かせる一言を求めている」なのかもしれないし、そうなると後に続くwe get shineにもスムーズに繋がっていく。
「I want you get a shine」
の前の歌詞が
「一人じゃないよ/君のそばにいるよ」
なので、
「一人じゃないよ/君のそばにいるよ/(私は)あなたを輝かせる言葉を求めているんだ/みんなを輝かせる為に」
と繋げる事が出来るのだ

その場合wantは「欲する」のwantではなく、「望む」のwantになる。そしてさらに前後の文章のコンテクストから推測するに、その「望む」は「求めている・探している」の、seekやsearch的な意味を含ませたwantかもしれない。
そうなるとさらに、後に続くyou get a shineの後にも隠された言葉がある。と考える事も出来る。ネイティブ・イングリッシュスピーカーの書いた英語の詩とかにもあるスタイルなんだけど、余分な言葉をそぎ落として骨組みだけで文を作り、読み手はその骨格だけの単語の並びから、その裏に隠された意味を推測する。そのスタイルを取っているのかもしれないのだ。
ちなみにその場合、you get a shineの後に隠されているのは恐らく、
wordかsomethingだろうと推測する。つまり、その文で言いたかったのは「あなたを輝かせたいんだ」ではなく、「あなたを輝かせる言葉(或いは”何か”)を探している。」となる。

そしてその場合、この歌詞ではI want you get a shineと後に続くwe get shineの間にも、隠された言葉があると考える事も出来る。つまり、忘れないで/一人じゃないよ/いつもそばにいるよ」の後に続くのは、「私はあなたを輝かせる何かを求めている/(それを見付ける事で)皆を輝かせるために」の意味が隠された英文なのかもしれないのだ。一見すると文法的間違いな英文には実は、そんな深い意味が隠されているのかもしれない。つまり、

あなたが輝く事で、みんなも輝ける。
みんなが輝く事は、あなたを輝かせる事。

と言うメッセージが込められた、誰かを励ましながら自分自身をも励ましている歌詞なのかもしれない。

そこまで深読みして考えた時、(単に僕が深読みし過ぎているだけなのかもしれないが・・・)この家入レオって娘、実とんでもなく凄い卓抜したソングライターなのかもしれないな・・・。って思ったのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.05.22

国民の味方はどっちだ?

5月17日、福島原発事故による損害賠償請求の短期時効消滅を迎えた場合でも、特例的に時効を中断し訴訟を可能とするようにしよう。という特例法案が共産党、社民党による共同で提案され、

自民党、民主党、維新の会、みんなの党、公明党

の反対により否決された。

自民党らの反対により否決された同法案、提案理由として共産党の宮本岳志議員は、

「事故から2年経っても子どもの屋外活動が制限され、住民は被ばくを心配しながら生活している」

と指摘し、その現実に対し加害者である東京電力は被災者との交渉の場で「いまや敷地外に放射能は出ておらず周辺地域は落ち着いている」と述べ、まるで被害者が勝手に怖がり過ぎているかのように言い放ったと批判。また文科省の紛争審査会が決めた指針が被災者を線引きし、東電による賠償打ち切りの根拠にされている事を批判。

また、福島県内の全自治体や日弁連なども、被災者救済の為に時効を外す法的措置を求めている事を挙げ、時効の撤廃を要求した。

それに対して自民党の下村博文文科省は、「時効撤廃にはデメリットも予想される。」と答弁し、結局、福島原発事故の損害賠償請求短期時効撤廃を求める共産党と社民党の提案した法案は、

自民党
民主党
日本維新の会
みんなの党
公明党

の反対により、否決された。

この現実に対し僕は問いたい。

本当に国民の事を、庶民の生活を考えているのは誰なのか?

巨大企業の利益と、国民の生活、

この国の各政党はどちらを大切だと考えているのか?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.05.10

いきなり

「例えるなら、兵卒だったのが士官になるみたいなもんです。」

「よーするにmizzieちゃん、二等兵から少尉さんになったんだね。(*^-^)」

前の職場を退職する直前、「ケアマネジャーになるから転職します」って話を患者さんとしていて、「ケアマネになるってのはどーゆー事なんだい?」って聞かれたオイラ、戦中派だったばーちゃんに「軍人さんに例えるとね・・・」って言って、ケアマネの仕事内容について、↑みたいなカンジで説明していた。

現場で・最前線で、直接、介護業務を行うのがケアワーカーの仕事で、要介護者などから依頼を受けて対象者本人の身体・精神状況、住環境・家庭環境、生活歴、社会的側面や地域性など、対象者に関する全てを精査・分析し、対象者の抱える問題解決、機能改善、その他クライエント・サティスファクションに繋がる全ての資源を繋ぎ合せ有効活用する為の計画を策定し、関わりを持つ事になる全ての職種が円滑に活動出来る様に管理・運営を行うのが、
ケアマネジャーの仕事だ。

だから僕は、「ケアマネになるってどーゆー事?」って聞かれた時に、指示に従い業務を行うケアワーカーから、計画を立て実行を依頼し円滑に運用されているのか管理するケアマネジャーになったので、「兵卒から士官になった」って表現していた。

士官になったオイラ、今週一杯は本部で先輩ケアマネに付いて研修になってて、アセスメントやモニタリングに同行したり、カンファレンス(担当者会議)に出席したり、地域の事業所(デイサービスとか居宅介護支援事業所とか包括支援センターとか社協とか)に着任挨拶を兼ねて営業したりしてる。

で、研修が終わったら僕が配属になる予定だった、新規開設する事業所が、高知市から正式に事業所開設申請が認められ許可が下りる事になって、来週からはそっちで一人で業務を行う事になった。

「遂に一人立ちする日が来たか・・・。」

って思ってたんだけど、、、、、

ななななんと!新規開設の事業所で、オイラいきなり所長になっちゃいました!!

居宅介護支援事業所には管理者が必要で、それはケアマネが兼任していい。って事になってるんだけど、まだ担当する利用者が4人しかいなくて、とりあえずは僕がソコの一人ケアマネでその4人からスタート。ってなってるので、人件費の事もあるから僕は新任だけど兼任でその事業所の管理者になっちゃいました。

引き継ぎで入社したケアマネとか、ケアマネ実務経験ゼロなのにイキナリ35人利用者持たされた。ってのは、ケアマネ業界では時々聞く話。だから、イキナリ管理者だけど担当する利用者は少ないから、一人一人にじっくり関われるしその分勉強にもなるので、管理者としての責任は重大だけど楽しめそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年4月 | トップページ | 2013年6月 »