« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »

2013年6月

2013.06.27

今日の訪問先

ケアマネジャーになってもうすぐ2ヶ月。仕事にも大分慣れて来た。

サービス担当者会とかまだまだ慣れないけど、毎日の仕事は充実している。

新規開設事業所でまだ利用者少ない(赤字事業所だ)けど、ボツボツとではあるけど新規の方を紹介してもらったりして、着実に実績に繋げてる。

高知市中心部にあるmizzieの自宅から自転車で15分の位置にある職場だけど、営業エリアが高知市と、お隣の南国市なので、訪問面接とか契約とか担当者会とか、車での移動がやったら多い。

で、今日は新規利用者のサービス担当者会で、その方の自宅に行く事になっていた。高知市中心部から車で約50分。職場からでも車で約35~40分なんだけど、ソコは南国市と旧土佐山村(今は合併して高知市)との境界から約1㎞、吉野川支流の源流域。ベテランヘルパーさん曰く、「あの辺りはサルが出るで。」との事で、実際、高知のこの辺りならノウサギ、タヌキ、イノシシくらいは珍しくもなんともない。ハクビシンもリスもヤマネもいる。山一つ越えたらサルだって沢山いる。

Img_0227

こんな感じの所です。


利用者さんの家のすぐ脇を川が流れていて、小川のせせらぎとかめっちゃ癒される。

Img_0228 Img_0223_2

アメゴとか釣れそうだけど、アメゴはいない。との事でした。

空気もチョーきれい。涼風には水と森の匂いが含まれてる。

高知市内はもう暑いんだけど、ここは涼しい山風が吹いてて、「真夏でもウチはクーラーいらんよ。」とは利用者さんの弁。

ウグイスの鳴き声も聞こえる。そして極めつけは水!

谷から引いて来た水を貯水タンクに貯めて汚れを沈殿させ、それを簡易水道としてひいてるんだけど、県庁所在地の中では全国トップ5に入る。ってくらいには美味しい高知市の水道水が比較にならないくらいに美味しい。ヘタなミネラルウォーターなんかよりもずっと美味しい。

「暑いろう。まぁ1杯飲んでいきなさい。」

と言われて渡されたコップ1杯の水、その冷たさ美味さに感激!!

「こんな遠い所まで大変じゃろう?ケアマネいう仕事も難儀やねぇ。

ってこっちを労ってくれるおばあちゃんにオイラ、

「僕、ここに訪問来るがぁは大好きやで。だっておばあちゃん、ココは水は美味しいし空気は綺麗やし風は涼しいし、天国みたいな所やもん。もう高知に帰るがぁ嫌になるちや。」

って、お世辞でも何でもなく、心底そう思った事を言って、

「毎月一回は訪問せないかん決まりながやけんど、ここに来るがぁは楽しみでもあるきに、何でもかまんき気になる事とか困った事とかあったら電話してね。ほいたらまた来るきに。」

と言って、帰路に着いた。

往復70分。距離約50㎞の居宅訪問だったけど、

今日の仕事はめっちゃ楽しかったです♪

猫好きばあちゃんの飼ってる縞猫も可愛くてグッド♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013.06.23

高知の6月の夕陽は…

とっても綺麗なんです。

__

写真ではちょっと判り辛いんですけどね・・・。

梅雨の中休み。的に訪れた、一瞬の晴れ間。
この時期の高知では、太陽は南東の海上ではなく北東の山麓に沈む。

高知空港Rwy14エンドから300m程南にある堤防上にて。
(右側に着陸誘導灯が見える)

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.22

SimplePlan って人達の曲がナニゲに良かった

ナニゲにネットしてたら辿り着いたトコで、ソコに埋め込まれたPV観てたら結構良かったのでココにも貼る事にした。

このヒトタチは日本が好きみたいで、歌詞に日本語取り入れたりしてくれてる。
歌詞(英語)とかはコッチで見られます。
http://josej2.blog.fc2.com/blog-entry-29.html
ちょっとイイな、って思ったので、記事にしてみました。

歌詞とか、メロディーとか、結構mizzie好みなので、憶えてカラオケで歌ってみようかしらん?とか思ったりもします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.21

高知の雨はスゴいんです

2013年6月20日、台風4号とそれによって刺激された梅雨前線の影響で、今日の高知は一日中雨だった。雨脚は夜にかけて強くなってきて、日が暮れてからはかなり激しく降る時間帯もあった。

(ちなみにアメダスデータではこんな感じ↓)

Photo

場所によっては時間雨量で50mmの土砂降りな地区はあるんだけれど、土佐っ子にとって時間雨量50mmって言うのは「土砂降りだけど別に珍しい事ではない」レベルだ。
最後に高知市が水害に見舞われた時は、高知市の最大時間降水量は129.5mm、一日降水量が628.5mm(高知県内には991mm降った地区もあった)降ったが、それくらい降らないと高知では災害にならない。実際の話、治水対策は
高知基準の雨量を前提に行われているので、我が高知市など、時間雨量50mmなら24時間降り続いても大丈夫。って言われている。

だから、大雨注意報・警報の出る基準値が高知では他県とは異なっているくらいなのだ。例えば、大阪市だと時間雨量40mm、3時間雨量70mmは大雨警報の基準値だが、それは高知市では大雨注意報の基準値で、高知市の隣、南国市だと注意報すら出ない。
(南国市の大雨注意報基準値は、時間雨量60mm、或いは3時間雨量80mm)

年間日照時間が全国第2位の高知県は、年間降水量では全国第1位(2010年)だ。つまり、高知は晴れの日が日本で2番目に多いけど、降る時はめちゃめちゃ降るから年間降水量が1位になっちゃうのだ。(ちなみに年間日照時間全国1位の山梨県は、年間降水量では全国でも30位以下だ。)

晴れる時は晴れまくる、降る時は降りまくる。この高知の気候は、豪放磊落・天真爛漫・天衣無縫な高知県人の性格に、多大な影響を与えているに違いないと思う。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.16

憲法改正で核武装?

少し前の話だけれど、事故続きで操業停止していた、青森県六ケ所村にある使用済み核燃料からプルトニウムを取り出す再処理工場を、現政権は今年の10月から操業再開させる計画を発表、この動きに米政府が、

「原発は動いていないのになぜ再処理を進めるか?日本は核兵器を作るつもりではないのか?」

と懸念を表明したと、米国の有力紙が報じていた。

安倍首相はメディアへの露出を増やして支持率稼ぎに奔走しつつ、

尖閣問題で対中脅威論をあおり

「自分の国は自分で守ろう!」

と、勇ましい掛け声と共に自衛隊を国防軍に変えようとしているが、

現行の自衛隊法でも、他国による日本攻撃が明白になった時点で他国の基地を攻撃出来ると自民党の石破茂幹事長は述べている。

つまり日本を守る為なら、憲法を変えて自衛隊を国防軍にしなくてもいいのだ。

連日テレビで笑顔を振りまく安倍首相は、憲法改正で自衛隊を海外で武力行使出来る軍隊に変え、発電での使い道が無いプルトニウムを大量精製するつもりのようだ。

その先には核武装した軍事国家と化した日本が見えるのだが、貿易立国である日本が核武装しても世界中から非難されるだけだし、国連から経済制裁をされたら日本なんか半年と持たないのは明白だが、安部政権と彼等を支持している人達は、日本が経済制裁され貧困国になるのを甘受するだけの覚悟は出来ているのだろうか?

(参照:WSJ紙『Japan's Nuclear Plan Unsettles U.S.

http://online.wsj.com/article/SB10001424127887324582004578456943867189804.html

| | コメント (5) | トラックバック (0)

« 2013年5月 | トップページ | 2013年7月 »