« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »

2013年9月

2013.09.23

お前ホンマは猫と違うやろぅ?

我が家では、一年前から猫を飼っている。
昨年9月、夜に玄関を開けたら飛び込んで来た三毛の縞猫を、そのまま飼っている。

Img_0160jpg1

この猫(こ)です。名前はカリン。

僕は相当の猫好きで、これまでの人生で実に多くの猫達を飼って来たが、この猫、色んな意味で僕がこれまで飼って来た猫の中でもイチバンの変わり猫だ。

基本的にはかなり賢い猫である事だけは間違いない。その「賢い」と言う面だけにフォーカスして考えると、間違いなく「当たり」の猫なんだけど、その賢さ故か、本当に、ゼンゼン猫らしくない猫なのだ。

まず、水を嫌がらない。

猫って水が苦手で濡れる事が大嫌いなんだけど、猫アレルギーな妻の症状を抑える意味もあって飼い始めた頃から週3回ペースでシャワー浴びさせていた事もあってか、水に濡れる事を全く嫌がらない。
(最近は妻の方が猫に慣れてしまった様で、アレルギー症状が出なくなったのでシャワーは週1回になっている)
猫の躾け方で、悪い事をしたら即座に霧吹きで顔に水を吹きかける。と言うのがあって、フツーの猫ならこれをされると「ひやぁぁぁぁ~っ!」ってカンジにめちゃめちゃ嫌がって跳び逃げて、それを何度か繰り返すうちにそれ(悪い事)をするととても嫌な事が身に起きる。って学習して、その行為をしなくなるのだが、カリンときたら悪い事をして怒られながら顔に霧吹きで水を掛けられても、「ふん、なにさ。」って顔をして前足でちょいちょいと濡れた部分を拭って、すたすたとどこかに歩き去って行く。躾け効果なんかゼロどころかマイナスだ。

その時点で既に、猫としてはかなり異色なのだが、それだけでなく、
寝る時はマクラを必要とする。

Img_0215jpg1_2

↑こんな感じ。寝る時もいつの間にか僕等のフトンに入って来てて、妻のマクラを占拠して寝言(小声でうにゃうにゃ・・・って言ってる)を言いながら寝ている。

さらに、ときどき「ゥワォォ~ン」って、犬みたいに唸る様に鳴く時もある。まるで犬だ。そして極めつけは、

リード無しで散歩が出来る。

迷い猫として我が家に来た翌日から、「お宅の猫じゃないですか?」って近所を尋ね歩いてた僕の後ろをリード無しでちょこちょこ着いて来た猫だったけど、

ある日、僕がJr.と近所のスーパーに鰹のタタキを買いに行こうとしたら、玄関から出てきて僕等の後をスーパーまで着いてきて、僕等が店内に入って行くとスーパー向かいの駐車場にちょこんと座って僕等が買い物を終えて出てくるまでそこで待ってて、買い物を終えてスーパーから出て来た僕等の後を、にゃんにゃん鳴きながら着いてきてまた家まで帰ってきた。それをこの夏からずっと続けてた。

で、連休最終日だった今日、僕等は妻の実家に行ってたんだけど、夜になって家に帰ると留守番させられてたカリンが不満げにうにゃうにゃ言いながら出てきて、玄関のカギを開けるとそのまま飛び出して行った。で、僕が荷物を下ろして車にシート掛けてリビングでくつろいでいると、外で一通り遊んで縄張りパトロールも終えたカリンがうにゃうにゃ言いながら僕にまとわりついてくる。

「カリンどしたん?」

って僕が声掛けると階段を下りて行って、んで今度はうにゃうにゃ鳴きながら階段を上がったり降りたり。で、僕が階段を下りて行くと今度は玄関の前で、扉を開けろと言わんばかりにうにゃうにゃ鳴いてドアをガリガリ引っ掻いてる。

「さっき開けてやったやないか・・・」言いながらドアを開けると勢いよく飛び出して、しかしそこで立ち止まって僕を見ながらにゃあにゃあ鳴く。まるで散歩を催促する犬だ。

で、仕方ないから僕は夜中に三毛の縞猫を連れて(もちろんリードなんかない)町内を一周して、少し前に戻ってきて今この文章を書いている。

カリン、お前猫の格好してるけどホンマは猫ちゃうやろう?

みんなには黙っといてあげるから、俺だけに本当の事言い。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.05

高知の雨の底力

今日(平成25年9月4日)の雨は、ネイティブ土佐っ子のオイラをして

「こりゃ土砂降りやなぁ・・・。」

って思わせるくらいの大雨だった。

 

県外に住む、リアル高知版大雨を体験した事の無い人には実感しづらいと思うけど、高知は、東京や大阪とは大雨警報の出る基準が異なる事からも判る様に、もうハンパじゃない位の激しい雨が降る。
(東京で洪水警報の出る雨量では、高知市の隣、南国市では注意報すら出ない)

数値的、視覚的にその雨の凄さを説明出来ないかな~・・・って思ってたオイラだけど、渇水でよく話題になる早明浦ダムが、貯水量、流入量、貯水率とかをWebで公開してくれているので、これを使って数値的に高知の雨の凄さの説明を試みてみようと思う。

 

昨日19時、まだ早明浦ダム上流域に殆ど雨が降っていなかった頃、早明浦ダムの貯水率は30%ちょい。ダム湖への流入水量は毎秒約98トン。その時点での総貯水量が6773万トン。

その後も流域では弱い雨が降ったり止んだりしていて、翌朝5時の段階では1秒辺りの流入水量が986トン。総貯水量もかなり増えて8558万トンに。

流域全体での雨が激しくなったのは10時過ぎくらいからだったんだけど、結果、ダム湖への流入水量も激増して、12時時点での流入水量は毎秒3430トン。貯水率75.2%。総貯水量は1億3340万トン。

貯水率が100%を超えたのは4日22時。総貯水量は1億7025万トン。

(参照:早明浦ダムなび URL:http://www.geocities.jp/sameura_dam/

 

このデータを基に単純に考えると、早明浦ダム流域には4日22時まで間に1億トン以上の雨が降った事になる。源流域での雨は、3日9時から降り始めて4日14時には上がっていたので、(参照:気象庁アメダスデータ URL:http://www.jma.go.jp/jp/amedas_h/map56.html)実際には、29時間で1億トンの雨が降った事になる。早明浦ダムの流域面積は472平方キロなので、1平方キロの広さに21万1864トン、時間当たり7305トンの雨が降った事になる。

高知県の面積は7105平方キロだけど、今回の台風17号の雨に関しては、早明浦ダム流域よりも、県西部の方が雨は激しかった。
だから県全域で考えた場合、沢山降った地域と降り方の弱かった地域を平均化すれば、多分、平方キロ辺り降水量は、早明浦ダム流域に降った量と殆ど同じくらいになると思う。

で、それを基準に換算すると、高知県の総面積は早明浦ダム流域面積の約15倍なので、3日から4日にかけての高知県全域での総雨量推測値は、15億トン前後と言う事になる。

1日で15億トンの雨が降る県。それが高知県です。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.09.01

バイク買いました

毎日、自分の担当している利用者さん宅を訪問してる居宅ケアマネmizzie、雇用契約で「訪問には自分の車を使用」となっているので、昨今のガソリン高騰の影響もあって燃料代が結構キツい。

mizzie(以下M)「・・・って事だからさ、バイク買いたい。」

ななか(以下な)「バイクって、どんなの買いたいの?」

M「CBR600RR。レプソルカラ―のヤツ。」

(↓こんなの)
Cbr600rr

な「却下。」

M「なんでぇ!?レプソルCBRで居宅訪問するケアマネ、カッコえいやん!」

な「レーサーレプリカ買って、書類とか資料入れた訪問バッグ、一体どこに積むの?」

M「シートカウルにキャリアバッグ付ける。」

な「だっさ~い!そんなのダメダメ!スクーターでえいやん。」

M「制限速度30km/hの時点でダメや。先輩ケアマネとか1ヶ月で3回捕まって、訪問にバイク使うんソッコーで諦めた。って言いよったし。オイラ、せっかく限定解除してるんやからおっきいのがいい。」

な「レプリカにしたら維持費掛かるし、mizzieがCBRなんか乗ったら、絶対に改造りたくなるで。」

M「そこらのチャンガラ小僧みたいにマフラー変えたりとかせんよ。」

な「でもサスとかブレーキとかタイヤとか、そっち系の方がお金掛かるがやないがかぇ?んで走行会行きたいとか言いだすがやないが?こないだも「鈴鹿が一番面白かった。また鈴鹿走りたい。」とか言いよったやいか。」

M「・・・うん。」

な「乗ったら乗りたい心に火が付くのわかっちゅうきガマンしゆう。言いよったやん。せっかくここまでガマンしてきたがやき、もうちょっとガマンしちょきや。」

M「・・・ハイ。」

ってなカンジのやりとりがあって、結局、これを買う事になりました。
(↓これ)
Photo

ホンダ スーパーカブ90(中古)

昔、mizzieがミニバイクレースやってた頃にお世話になってたお店で、ちょっと(かなり?)安くしてもらって買いました。90だから30km/h制限も二段階右折も関係無し。

サスとブレーキがちょっとプアだけど、50㎞/h巡航で快適に走ります。燃費が素晴しいのと維持費を低く抑えられるのはGood♪

公道走られるバイク所有するなんて、25年振りです。(^^)

 

 

そーいえばさ、カブってモンキー・ゴリラのパーツ使えるんだよね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2013年7月 | トップページ | 2013年10月 »