« お前ホンマは猫と違うやろぅ? | トップページ | I can't express my feeling... »

2013.10.05

ケアマネは鍛えられる。

先月末mizzieは、ケアマネ実務経験1年未満の者には受講義務がある(そして実務経験1年未満のケアマネを雇用した事業所には受講させる義務がある)、

『介護支援専門員実務従事者基礎研修』

を受けて来た。
実務に就いて約5ヶ月の新人ケアマネmizzie、4日間の実務講習で講師陣にめちゃめちゃ鍛えまくられてきました。

まず面接技術。
タイ人援助、じゃねーよこのバカ日本語ソフト!
対人援助業務であるケアマネジャー、面接技術はとても重要だ。語彙を駆使し、言い回し、村上春樹ばりの比喩表現・婉曲表現なんかも使って、クライアントから本人にも気付けていない、つかみ切れていない、その真のニーズを引き出し探り当てる。
しぐさや語調、態度などから表出されない非言語的表現を推し量る。その手法や考え方なんかを徹底的に鍛えまくる。
受講生達は6~7人の小グループに分かれ、グループワークで各々が持ち寄ったケースを使って演習と討議を重ね、お互い研鑽しあって行く。気付いた事、新たに発見した事、講義で出た重要な言葉なんかを書き込んだりハイライト入れたりアンダーライン引いたりするから、最初に配布されたハンドアウトはメモ書きだらけのぐちゃぐちゃだ。

次は、アセスメントとニーズ抽出。
ケアマネって、「クライアントのデマンドと真のニーズを見誤るな。」って言うのは、実務講習でも叩きこまれるんだけど、本当に、クライアントの事がきっちりアセスメント出来ているのか、そしてその為には一体何をアセスメントしなければならないのか、通常なら聞き辛い様な深い話題に、相手を傷つけたり不快な想いをさせずに踏み込むにはどうしたらいいのか、それもグループワークで徹底的に議論・討議する。各グループに入ったファシリテーター(議論の流れを整えたり方向づけたり助言を与えたりする人。ベテランのケアマネが担当する)が時々助言をしてくれたりもする。

ニーズ抽出が出来たら、今度はそれを満たす為の方法を考える。そしてそれをケアプラン(介護サービス計画)に落とし込む。
ICF(International Classification of Functioning, Disability and Health:国際生活機能分類)を使って、クライアントへのケアマネジメントの必要性、クライアントが現在抱えている困難とその障害となる原因を環境要因と個人要因から考察し、解決課題と障害克服(障害の除去だったり、障害の治療だったり、代替手段の獲得だったり様々)へのアプローチ方法を考える。これも、ファシリテーターを交えてグループワークで議論・討議を重ねる。

介護計画が出来上がったら、今度はそれを運営するチームを組織し統合的に、有機的に、効率的に運用する。
昨今の医療・介護の世界では多職種連携・多職種協働無しでは成り立たなくなってるんだけど、それをマネジメントするのが、ケアマネジャーにとってMost, or second mostに重要な業務でもある。で、多職種連携によって構成されたチームを、如何にして効率的に、機能的に運営するか。クライアントの思いとケアマネの考えを如何にして医師、セラピスト、ナース、ソーシャルワーカー、ケアワーカー、NPOやボランティアスタッフ、家族や地域住民に伝えるか、その方法論や実践例などを踏まえて議論する。
高圧的・威圧的にならず、へりくだる事も無く、判り易く筋を通して話をする方法とか、意図通りに動いてくれない専門職への対処方法とか、超ベテランの主任ケアマネでもあるファシリテーターの実践例なんかも参考に議論を重ね、それまでの自分と見比べながら、至らなかった点や気付かなかった事なんかを自分の中で明確化させる。

初回面接からアセスメント、ニーズ抽出、プラン作成、ケアチームの組織化とそれらの運用と実践、と言った、ケアマネジメントの一連の流れ(実際にはこれに、効果の確認と新たな課題の抽出・再設定、課題の効果についての再検討が契約終了まで延々と続く)を、4日間徹底的に講義し議論し討議する。4日間の研修が終了し修了証を受け取った時、自分のケアマネジャーとしての知識とスキルが2ノッチくらい上がった実感があった。

 

【余談】
ケアマネジメントについての講義を受けながらmizzie、業務や研修とは全く関係無い事をケアマネジメントに絡めて考えてて必死で笑いをこらえてた事を、ここでこっそり白状しておこう。

↓こんなカンジ。

”利用者、及び家族の生活に対する意向”・・・?
Pくん;○●ちゃんの彼氏になりたい。
mizzie;○●ちゃんの彼氏になりたいPくんを応援してあげたい。
”総合的な援助の方針”・・・?
Pくんが○●ちゃんと二人きりになれる時間が作れるように支援を行います。○●ちゃんと楽しいデートが出来るような情報提供を行いながら、さりげなく○●ちゃんの好みなどを探って行きます。様々なアイテムや人脈を活用し、二人が幸せなゴールを迎えられる様に支援してまいります。
”生活全般の解決すべき課題(ニーズ)”
○●ちゃんと付き合いたい
”援助目標・長期目標”
”○●ちゃんとお泊りデートする。         期間:1年
”援助目標・短期目標”
①○●ちゃんとメアドを交換する。      期間:1ヶ月
②○●ちゃんと二人で週末ディナーに行く 期間:3ヶ月
③○●ちゃんと二人で日帰りデートする。  期間:6ヶ月
サービス内容
○●ちゃんの好みを聞き出す。
○●ちゃんとPくんが二人っきりになれる時間を作る。
Pくんに美味しいレストラン情報を提供する。
Pくんにアミューズメントパークの株主優待券を提供する。
○●ちゃんの元カレにカワイイ女の子を紹介する。

なんてカンジで。(*^-^) 

|

« お前ホンマは猫と違うやろぅ? | トップページ | I can't express my feeling... »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/58325635

この記事へのトラックバック一覧です: ケアマネは鍛えられる。:

« お前ホンマは猫と違うやろぅ? | トップページ | I can't express my feeling... »