« 選挙に行こう!! | トップページ | 理想の選挙制度 »

2013.10.31

AKBの労働問題

今や国民的アイドルとなった、CDだけでも百億円以上を売り上げるAKB48

ライブやイベント活動など彼女達の働きは多岐に渡るので、AKB48の年間売上総額は恐らく、200億を軽く超えるだろう。

しかしメンバーの殆どは月給制で、公表されている情報から推測すると、AKBメンバー全員に支払われた人件費の総額は3億程度。総収益の1%強だ。

CDは原版があれば150円程度で製作出来るので、広告費も含めた製造原価も総収益の20%以下となるだろうし、残る160億円以上のお金が所属事務所やプロデューサーの懐に入った事になる。

彼女達は事務所に所属しそこから給料を貰う賃労働者である以上、何百億売ろうが月給は変わらん。と言うのが雇用主の言い分だろうが、労働者として雇用し報酬を払うのならば、労働基準法順守義務が生じる。しかし彼女達には月160時間の法定労働時間は守られず、最低月4日の公休日も、年間10日の有給休暇も与えられてはいない。稼ぎはピンハネされ、労働環境は劣悪、労働基準法は守られず、収益(人気)が低化すれば解雇が待ち受けている。これではまるで、巷にあふれている非正規労働者ではないか。
AKB48
を労働条件的観点から眺めるとそこには、この国の労働問題が全て凝縮されている。

|

« 選挙に行こう!! | トップページ | 理想の選挙制度 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/58460349

この記事へのトラックバック一覧です: AKBの労働問題:

« 選挙に行こう!! | トップページ | 理想の選挙制度 »