« りゃく語について | トップページ | 2つの成功方程式 »

2013.11.27

忍耐は美徳にあらず

彼等は一体、どこまで我慢するつもりなのだろう?それは私にとって摩訶不思議で理解不能な事でもある。

私が言っているのは、この国のso called多数派国民の事だ。

改憲派は憲法を変え軍隊を持ち、軍事裁判所を設け命令違反・軍規違反は死刑にする。と言いだした。戦地に行くのは、それは嫌だと言って死刑になるのは、それを決めた権力者の子弟ではなく、私達庶民の子供や孫達だ。

政府は消費税を上げると言う。そうやって私達の懐から抜き取った金は、社会保障には回らずそのほとんどが大企業減税と大企業支援の予算(不要不急の公共土木事業と戦車や戦艦、戦闘機と言った兵器調達費用だ)に使われる。

政府は経済の為に原発を動かし輸出すると言う。しかし原子力エネルギーが人間には扱えない事は福島原発事故で証明されたし、ばら撒かれる放射能で苦しむのは私達庶民の子供達だ。原発利益で潤う巨大企業経営陣や政治家達の子供ではない。

他にも、TPP、社会保障制度改革、米軍基地問題、全て、痛みは地方の庶民に押し付けられる形となっている。利益は政治家と大企業経営陣で山分けだ。

耐えるべきでないことに耐え、言うべきことを言わずにいれば、相手は際限なく増長し、自己のエゴイズムがどんな場合でも通用する、と思いこむだろう。幼児と権力者を甘やかし、つけあがらせると、ろくな結果にならない。もういい加減に、皆もその事実に気づくべきだ。 

|

« りゃく語について | トップページ | 2つの成功方程式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/58505452

この記事へのトラックバック一覧です: 忍耐は美徳にあらず:

« りゃく語について | トップページ | 2つの成功方程式 »