« 自衛隊でいい | トップページ | 現憲法は高知産 »

2013.11.05

英語より国語

国際化社会で通用する人材育成の為に、小学校から英語が正式教科となるようだが、国際化社会で通用する人材を育てる為に、小学校から英語を教える事が必要だと政府は本気で考えているのだろうか?

かつてはサンフランシスコで暮らし、英語でアメリカ人と喧嘩していた私が、学生時代に唯一赤点を取った教科は英語だったので、私は、学校で学ぶ英語と実践英語には決定的なかい離があると確信している。

大学入試センター試験で高得点を取る事に特化されている日本の英語教育が小学校から英語を正式教科としても、英語のセンター試験に向けての準備期間が早まるだけ。となるのは明白だし、それ以前に、英語も所詮は意思伝達の為の道具に過ぎず、英語が話せる。と言うのは一級建築士の資格があるとか、調理師免許を持っている。と言う事と本質的に差は無いのだ。

調理師免許があっても魚を捌けなければ日本料理がつくれないのと同じで、たとえ英語が自由に龍帳に話せても、自分の思いを言語化する能力が無ければ無意味だし、それ以前に他者に伝えるべき自分の意見を持っていなければ、どれだけ言語力が優れていようとも無意味だ。政府が本当に国際社会で通用する人材を育成したいのなら、小学校から英語を教えるよりも国語を充実させ国語力と考える力を徹底的に鍛え、少人数学級を実現させ国語の授業内容を充実させるべきだと私は思う。

|

« 自衛隊でいい | トップページ | 現憲法は高知産 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/58504309

この記事へのトラックバック一覧です: 英語より国語:

« 自衛隊でいい | トップページ | 現憲法は高知産 »