« ごめんね | トップページ | 必勝方程式 »

2013.11.19

ねじれなど無い

自民党大勝の選挙結果に、

「自民党公約と民意はねじれを起こした」

との意見もあるが本当なのだろうか?

与党は選挙でウソを言ってなどいない。隠してもいない。

原発。

TPP。

消費税。

改憲。

党首がそれについて口にしなかっただけで、自民党の公約にそれらははっきりと

書 か れ て い た の だ。

経済政策には期待するが原発再稼働はノー。なら自民党に投票しなければいい。それだけの話だ。しかし自民党の得票率は比例区では断トツだった。脱原発、TPPも消費税増税も反対、改憲なんてもってのほか、な私は自民党拒否だが、多数派日本人なる人々は自民党を支持しており、民主的な選挙を経て選ばれた政党の方針には従わざるを得ない。

棄権した5割は自民党を支持していない。と言うのは民主国家では通用しない。棄権は当選者への白紙委任であり、自民党大勝が予想された選挙での棄権に、自民党支持以外の解釈は出来ないのだ。

先の参院選では自民党の得票は全有権者の2割弱に過ぎないが、棄権は勝者への白紙委任なので、この国の7割の人達は自民党を支持し、自民党が掲げた

『原発再稼働と原発輸出の合促進』

『TPP加盟により危険だが安価な農産物を輸入』

『消費税を引き上げて低所得者を締め上げる』

『憲法を変えて子供達を戦場に送る』

を支持したのだ。民意ははっきりと示されているではないか。

|

« ごめんね | トップページ | 必勝方程式 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/58505549

この記事へのトラックバック一覧です: ねじれなど無い:

« ごめんね | トップページ | 必勝方程式 »