« AKBの労働問題 | トップページ | 自衛隊でいい »

2013.11.03

理想の選挙制度

過日のエントリーで選挙の事について書いた時のコメント欄でのやりとりで、この国の選挙制度は問題だらけだって事良く判った。(物的証拠は何も無いが)現行の機械式集票システムが、ソフトウェアを操作して得票数を水増し・鯖読みやり放題な事とか、死票の多い小選挙区制度とか、ある候補のAと言う政策には賛成出来るけどBは受け入れられない、どうしたらいい?とか、その他諸々。

で、そのあと自分なりに色々と考えてみた。理想の選挙制度ってどんなものだろう?って。

大前提として、投票者の意思がキチンと反映されるものじゃないといけない。それさえ為されていれば、「どうせ自分の一票なんて・・・、」って投票棄権させられる人を最小化出来るはずなのだから。

そう考えると、選択肢が一つしかない。っていう現行の投票制度では無理がある。で、それについての私の意見はこうだ。

1)一人の投票者が複数の候補を選べるようにする。

最も当選させたい人と、次に当選させたい人、二人に投票出来る様にするのだ。投票用紙は『一位』と『二位』の二枚あって、『一位』に書かれた候補が1票を、『二位』に書かれた候補は0.5票を得る事が出来る様にする。
或いは、『当選させたい人』と『当選させたくない人』の投票用紙があって、『当選させたい人』には1票が、『当選させたくない人』にはマイナス0.5票が加算される。

2)重要政策毎に国民投票を行う。

例えば先の参院選。圧倒的勝利を収めた自民党はその掲げる政策全てに支持を得ていたのではなく、経済政策への期待だけで支持を得た。消費税増税や原発政策、環太平洋経済連携協定や憲法改正、秘密保護法には反対する人の方が圧倒的に多いのだ。
だから、それらの是非は国民投票で問うべきだ。さらに、原発問題や米軍基地問題など、それら施設を受け入れる事になる自治体に住む住民が不利益を被る事になる政策では、賛成者が負担を背負うべきだ。つまり、原発政策で原発推進賛成者比率が最も多かった自治体が、原発施設や核廃棄物処理施設の受け入れ先になるのだ。原発賛成派だけが原発の生み出す利益を独占しコスト負担がゼロ。なんてのは許されない。原発賛成ならそのコスト負担もするべきだ。
米軍基地だってそうだ。日米安保は大事。日本には米軍基地が必要。そう考える者の比率が最も多い自治体が、米軍基地を引き受けるべきなのだ。日本には米軍が必要。と言いながら基地や訓練場を沖縄に押し付ける。なんてアンフェアな事はするべきではないし、米軍基地受け入れは嫌だ。と思うなら日米安保は破棄するべきなのだ。
憲法改正して自衛隊を軍隊にしよう。と言う意見に賛成の者が最も多かった自治体には、徴兵制を導入して兵役義務を負ってもらう。日本に海外派兵も可能な軍隊が出来たとして、「食い扶持を得る為に軍人になった」、貧しい家庭に生まれた若者だけが血を流す事を強いられるなんて間違っている。だから、この国に軍隊を持たせよう。と考える者が最も多かった自治体にそれを負担してもらうのだ。

3)開票作業は原則公開

これは選挙制度を論じる場合の絶対前提条件だ。誰が、どれだけの票を得ているのか、選挙管理委員会の人間しか見る事が出来ない。と言うのはおかしい。誰でも集票作業を観る事が出来て、そして見ている全員が、どの候補がどれだけの票を得ているのか一目瞭然で判る様にする。候補者毎に束ねられた投票用紙が集計される前に積まれていて、誰が最大得票者なのか大まかに判る様にする。タッチパネルを操作して電子的に投票する。なんて事は出来なくなるが、手間が掛かっても不正の介入余地を与えない制度にしないと意味が無い。

こういった事をやれば、この国の選挙も、政治と政治家も、そして社会全体が、もう少しマシになると思います。

|

« AKBの労働問題 | トップページ | 自衛隊でいい »

コメント

mizzieさん、色々考えてくださり、ありがとうございます。

私は、4番目の意見に「政党を無くす」を提案します。

共産党の吉井英勝衆院議員(だったかな?)が、原発の電源損失の
問題を指摘したけど無視されましたよね?
いくら正しいことを言っても、政権与党の議員でないと反映されな
いのなら、政党を無くせばいいと思うんですよね。

国民投票は不正選挙の問題が解決したらという前提ですよね。

投稿: 香川県民 | 2013.11.03 13:49

>香川県民さん

これは私の個人的な見解なのですが、、、

政党を作る事を法律で禁じるなどの対策を講じて政党を無くしても、巨大な派閥が政党と置き換わるだけで、特に大きな変化は無いと思います。自民、民主、みんな、維新、公明を無くしても、安倍派と海江田派と渡辺派と橋本派と山口派が出来るだけですよ。
それ以前に政党を無くす(禁じる)事は憲法で保障された結社の自由に反する為、憲法改正が必要になってしまいますし、それこそ改憲勢力の思惑通りになってしまいます。

大政党に所属するろくでもない政治家を選んだのは国民ですし、素晴しい意見を持つ政治家のいる少数野党を選ばなかったのも国民な訳で、「政治に対して国民が責任を負う」と言うのが民主主義の基本形である事を考慮すると、政党を無くすのは好ましく無いと私は考えています。

投稿: mizzie | 2013.11.04 22:41

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/58504242

この記事へのトラックバック一覧です: 理想の選挙制度:

« AKBの労働問題 | トップページ | 自衛隊でいい »