« 靖国神社公式参拝がダメな理由 | トップページ | もったいないので・・・ »

2014.01.07

憲法9条にノーベル平和賞を!

(1/7/2014高知新聞夕刊からの転載)

戦争放棄を定めた憲法9条にノーベル平和賞を─。神奈川県の女性が1人で始めた運動がある。荒唐無稽のようだが、ここにきて現実味を帯び始めた。ノーベル委員会への推薦資格のある大学教授らが強力を表明したのだ。(出田阿生)
このアイデアを思いついたのは、神奈川県座間市の主婦鷹巣直美さん(37)。一昨年、欧州連合(EU)が「地域の統合により、国家の和解と平和を進めた」として平和賞に選ばれた。
「戦後70年近くも日本に戦争をさせなかった9条にも資格がある」とひらめいた。安倍政権が改憲への動きを活発化する中、「受賞すれば9条を守れる」と思ったことも大きかった。
「社会問題に無関心な学生」だった鷹巣さんを変えたのが、留学先のオーストラリアで出会った各国の難民だった。戦火や暴力で心身共に深く傷つき、それでも立ち直ろうとする姿。「戦争に巻き込まれずにすんでいるのは平和憲法のおかげだ」と実感した。
7歳の長女と1歳の長男の子育ての傍ら、昨年1月からネット上で「9条にノーベル平和賞を」というキャンペーンを始めた。集めた署名は、ノルウェーのノーベル委員会に随時送った。しかし、委員会からはメールで「個人か団体に授与するもので憲法のように抽象的なものは候補になれない」との返信があった。
実は「9条にノーベル平和賞を」という運動は、今回が初めてではない。1991年に「第9条の会」を米国で立ち上げたオハイオ大名誉教授のチャールズ・オーバービー氏(87)が過去に推薦しようとしたが、鷹巣さんと同じ理由で委員会から断られた。
そこで鷹巣さんが考えついたのが、「9条を保持している日本国民」という枠組みだった。鷹巣さんが地元の市民団代などに話したところ、賛同する市民らによる実行委員会が昨年8月に発足した。石垣義昭共同代表(72)と、メンバーの岡田えり子さん(53)は「最初は受賞なんてできるのかと突飛に感じたが、署名を集めるうちに、それだけの価値が十分あると確信するようになった」と口をそろえる。
ノーベル平和賞のノミネートには、推薦人が必要となる。資格があるのは各国の国会議員や閣僚、大学の学長、社会学や歴史学など一定分野が専門の教授。平和や外交政策の研究所長、国際裁判所裁判官、過去の受賞者やノーベル委員会の関係者も有資格者だ。
「実現性はある」と大学教授らに協力を呼びかけると、推薦人が集まり始めた。その一人、勝村弘也・神戸松蔭女子学院大学教授(聖書学)は「戦争に直接関わらない国は世界で珍しい。それを改憲で崩そうとする動きに、若い人の関心が希薄すぎると感じる。こうした活動は日本社会がよって立つ土台を見直す機会になる」と評価する。
ノーベル平和賞の推薦締め切りは2月1日。昨年は259の個人・団体がノミネートされた。多くの推薦人が多様な理由で推薦することと、賛同する人の署名が多いほど、委員会へのアピールになるという。詳しくは「『憲法9条にノーベル平和賞を』実行員会」の署名サイトへ。
自衛の為に、憲法9条を変えようという人達がいる。
一体、誰から私達を守ろうと言うのか?誰の為に世界第7位の軍事力を持つ強力な武装集団でもある自衛隊を、海外での戦争が可能になった、さらに強力な軍隊にしようと言うのか?
敵基地攻撃能力を持った航空戦力や、外洋展開能力を持った機動艦隊は、一体誰を守るの為に、何を守る為に使うのか?
自衛隊が強力な軍隊になって、喜ぶのは一体誰だ?
ただ一つだけ、僕にでも判る事がある。それは、
勇ましい掛け声と共に外敵の脅威を叫び、愛国心を鼓舞し若者達を戦場に駆り出そうとしている者達は、絶対に戦場で戦死する事の無い奴等だと言う事だ。
自分達は安全な場所から、一歩だって出る気の無い奴等だと言う事だ。
この国を、そんな連中の好き勝手にさせてはいけない。だから、
市民の意思を示そう。
草の根の力を見せつけてやろう。
この記事は拡散を強く希望します。

 

|

« 靖国神社公式参拝がダメな理由 | トップページ | もったいないので・・・ »

コメント

署名活動、可能性を追いたいと思うだけに、色々考える必要もあると思いました。
コメント欄も合わせてお読みいただけると幸いです。

投稿: Y.Kotani | 2014.01.30 19:08

> Y.Kotaniさん

コメント頂き有難う御座います。
貴ブログ拝読させて頂きました。

投稿: mizzie | 2014.01.31 05:56

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/58902846

この記事へのトラックバック一覧です: 憲法9条にノーベル平和賞を!:

» ノーベル平和賞署名活動について [星にも老いと死があるからといって]
「「憲法9条」を保持する日本国民にノーベル平和賞を」という過去記事を書いた一人として、ずっとモヤモヤしている。記事を書いた責任上、ノーベル平和賞署名活動について、改めて私の考えを述べたい。 これも過去記事(「右」か「左」か?「全体主義」か?)に書いたことだが、結局、その「日本人」とか「日本国民」とかいうのは、個々の「実体」と必ずしも合致しない「観念」的な存在でしかない。 積極的に9条...... [続きを読む]

受信: 2014.01.30 18:51

« 靖国神社公式参拝がダメな理由 | トップページ | もったいないので・・・ »