« もったいないので・・・ その4 | トップページ | もったいないので・・・ その6 »

2014.01.23

もったいないので・・・ その5

ここんとこ、ずっと掲載続けてる投書のボツ原稿復活掲載シリーズ。今日は、2013参院選での「候補者への意見募集」係への投書文です。

これは、2013年7月12日の文章。

「候補への質問」

大都市、大企業と原発立地自治体や農林漁業者、沖縄県民、公害被害者との関係など、これまでの日本は、多数者、強者、中央の幸福・利益の為に、少数者、弱者、辺境が犠牲を強いられる構造だったが、日本はこれからもそう言った「多数者・強者の幸福実現の為には、少数者・弱者の犠牲はやむなし」と言う社会であり続けるのか、それとも「新しい正義の話をしよう」のマイケル・サンデル教授が提唱するような、「格差は、それが最も弱い者の利益となる場合にのみ、存在が許される」社会を目指すのか、また、多数者の為には少数者の犠牲もやむなし。とするならば、犠牲を強いられる少数者にはどのような形で犠牲への補償をするのか、そしてそのコストは誰が負担するのか、
いちばん弱い者が幸福を感じられる社会を目指すなら、そのコストはどうやって、誰に負担を求め、どのような言葉でそれを負担する者に納得させるのか、
これからの「この国のかたち」はどうであるべきと考えているのか、各候補の政治家としての基本姿勢や政治哲学を聞きたい。

|

« もったいないので・・・ その4 | トップページ | もったいないので・・・ その6 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/58970214

この記事へのトラックバック一覧です: もったいないので・・・ その5:

« もったいないので・・・ その4 | トップページ | もったいないので・・・ その6 »