« 2014年2月 | トップページ | 2014年5月 »

2014年3月

2014.03.16

保険会社の言う事は嘘だらけ

(これまでの流れ)
妻が自転車通勤中、交差点内で加速してきた車と接触事故。自転車は全損。妻も靭帯損傷と言う重症を負い、しかし加害者側加盟の保険会社は損害賠償額を最小化させる為に、この事故は妻にも非があると主張、「無理を通して道理を引っ込め」ようとする保険会社に対し、「売られた喧嘩は高値落札」なmizzieが真っ向から立ち向かう。

 

「おまんらが、どういたち「この事故では妻にも過失がある」言うがやったら、それの根拠を文書にして出せぇや。」

と言ったmizzieに対し、保険会社は交通事故での過失割合の裁判判決例が載っている、保険会社が過失割合算定に使う、『判例タイムス』の、今回の事故に似た事例での判例コピーを他の書類と共に送ってきた。

それによると、自転車側が幅の広い道路を、自動車側が幅の狭い道路を通行していての事故の場合、過失割合は自転車側10に対し、自動車側90となる。単純にその基準を当てはめれば、保険会社側主張の通り、妻にも1割の非がある事になるのだが、この『判例タイムス』には、修正要素と言うものも併記されていて、それを加えれば過失割合は自転車(妻)側は0か-5、自動車(相手)側は100か105になるのだ。その修正要素を保険会社側は意図的に無視し、「自転車広路・自動車狭路の事故は過失割合9:1」と主張しているのだ。

事故の起きた交差点の一つ手前の交差点で信号待ちしていた妻は、そこからどんなに速度を上げても次の信号交差点で赤に引っ掛かる事を知っている。しかも当日は雨であり、雨の日のアーケード街の舗装はとても滑りやすいので、時速10km/h程度の低速で走行していた。
(アーケード街は原則自転車走行不可の歩行者専用道路だが、事故をした時間は自転車通行可能時間だった)
ただ、妻の自転車はギア比が低めに設定されている為、ゼロ発進から巡航速度までの加速はいい。その為、共に信号待ちしていた自転車集団の先頭で、事故のあった交差点に進入した。

その交差点には信号がない。そして狭路側は一方通行である。その為、それなりの注意を払って進行していた妻は、加害車を交差点進入前に発見。しかしその時点で相手と自分の相対距離、相対角度、相対速度から、「このままの速度で余裕で自分は先に交差点を抜けられる」と判断し交差点に差し掛かった。しかしその時相手は妻を認識しておらず、妻の後ろを走行していた自転車の集団を認識し、止まってその後続集団が交差点を通過するよりも加速して交差点を抜けようと判断(?)し、急加速しながら交差点に進入した。交差点でエンジン音が高鳴ったのを聞いた妻は加害者の顔を見たが相手は自分を見ておらず、身の危険を察した妻は回避行動を取った。しかしそれは間に合わず、加速した車は妻の運転する自転車の後輪に衝突、バランスを崩して妻は転倒し負傷した。

この事故の状況を考慮した場合、単純に「判例タイムス」基準を当てはめ「過失割合は9対1」と言うのは到底受け入れられない。修正要素が完全に抜け落ちているのだから。

ただ、損害賠償額を最小化したい保険会社は、修正要素を無視し、判例タイムスの基準を根拠にして妻に罪をなすりつけようとしている。相手がそう来るんだから、こちらとしてもそれに応じた対応をせざるを得ない。それについての対応方法も、一昔前なら弁護士など法律専門家に頼るしかなかった、そしてそれには多大はコストを要したので、被害者側は泣き寝入りをするしかなかったのだが、今はネットと言う便利なツールがあるので、特にコストを掛けなくてもある程度の情報を集める事は出来る。で、そうやって情報を集めて判った事は、

1)入院しない場合、最低でも週1回(週2回以上が望ましい)以上は通院していないと、慰謝料請求に際し通院期間が実通院日数で算定されてしまい、慰謝料が大幅に減額されてしまう。

2)事故後、何か体に不調があれば、どんな些細な事でも遠慮せず受診時に医師に訴えカルテに記載してもらわないと、事故後一定期間経過後に症状が出た場合でも事故との因果関係を証明出来ない為に、治療費も慰謝料も1銭ももらえなくなってしまう。神経系の損傷で事故後一定期間経過しないと自覚症状が現れないものは結構多いが、保険会社側は事故との因果関係を証明出来ないものには賠償金を払わない。

3)地道に通院していると、保険会社側から医師に対して「もう治ってるでしょ?治療終了にしなさいよ。」と圧力が掛かるが、患者側が治った・症状が消えた。と認めるまで、保険会社からの治療終了への圧力には応じないようにと医師にお願いしておかないと、医師によっては保険会社の言い分をそのまま受け入れてしまうので、こちらが何も言っていないと突然治療終了にされてしまう。

4)保険会社は賠償金を最小化させる為に、後遺障害等級の事前認定をしようとするが、保険会社側にやらせると可能な限り低い等級にされてしまうので、多少面倒ではあるが、事前認定には決して応じてはいけない。

5)被害者に重傷を負わせてしまった時点で、加害者側には『自動車運転過失傷害罪』が科せられるが、これは、1)被害者の怪我が重篤なものではなく、2)加害者も充分に反省しており、3)損害賠償については示談交渉が成立している。の3要素を満たしておれば不起訴処分となり、前歴は残るが前科としては付かないので、自分の経歴にキズが付く事は無い。

前科者には就けない職業が多々ある日本においては、交通事故の加害者になってしまっても保険会社がしっかりしておれば、補償交渉でモメる事も無く不起訴処分となるので万一の時に不利益を被る事が無くて済むが、今回のケースの様にいい加減な保険会社で補償交渉がこじれ示談が成立せず地裁まで持ち込まれる様になれば、加害者は前科者となってしまう。つまり、自動車に乗るなら任意保険は絶対に必要だし、そして加入する保険会社は「誰でも入れて誰にも払われない」ようないい加減な保険会社ではなく、賠償対応のしっかりした保険会社を選ばなければならない。と言う事だ。

保険会社は「補償額を最小化させる為」だけにしか動かない。だから多少面倒でも、自分で出来る事は自分でやっておかないと、自分が受け取る事の出来る補償額がどんどん減らされてしまう。基本は、「保険会社の言う事には耳を貸すな!」だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.08

右の頬を張られたら・・・

     左の脛にローキック。

これはmizzieの物事に対する基本姿勢だ。専守防衛を旨とし、自分からは絶対に先制攻撃はしないが、殴られたら必ず殴り返す。そして10発殴られたら11発殴り返す。それがmizzieだ。

そんな気質のオイラだが、先週、我が妻が自転車での通勤途上、徐行区間を加速してきた車に撥ねられると言う事故に遭い、妻の主張を聞く限りではどう考えても相手が230%悪いのに、加害者の加盟する損害保険会社(現時点では社名は秘す)の担当者が、

「過失割合は9対1」

と主張してきた。つまり、歩行者専用道路を軽車両通行可能の時間帯に速度10㎞/h未満で走行している自転車を、交差点内で加速して跳ね飛ばした車の過失割合は90%。つまり撥ねられた自転車も10%は悪いんだぞ。と、その損害保険会社は主張してきたのだ。

保険会社の人身事故担当が私にそう言って来た時点で、それは私に対する宣戦布告だと判断した。

奴等(保険会社)は、自分達の一方的な理論を振りかざし、法律知識も無く交渉能力も無い被害者に対し、本来なら償わなければならない義務を回避し、責任を被害者になすりつけようとしているのだ。

社会福祉の世界に生きる一人の介護支援専門員として、
常に、最も弱い立場の者達の側に立ち、社会正義と人民主権の実現を希求する共産党員として、
そして、一人
の夫として、

これを看過する事は出来ない。

敵が義務を回避し責任を転嫁させようと画策し策動しているのだ。こちらもそれに対する対抗措置を取らねばならない。
ただ、こっちはケアマネとしての激務に追われているので、割く事の出来る時間と労力は限られている。二正面作戦を強いられているようなものなので、出来る事には限りがある。

そんな状況下ではあるのだが、とりあえず現時点で、物損に関しては保険会社の評価額を、妻の自転車と同じものを全て新車・新品(妻のアンジェリーノには後付けのパーツが結構ある)で購入した場合と同額(約9万円)に認めさせる事は出来た。
次は人的被害への賠償なのだが、私も当初は、医療費(通院費含む)の全額と、仕事を休まなければならない事による休業補償が全額認められれば充分。と思っていたのだが、相手の損害保険会社が私に喧嘩を売って来たので、「売られた喧嘩は最高値で落札」が信条の私なので、

『被害者側が法的に受け取る権利がある。若しくは加害者側が法的に支払う義務のあるもの』

は全て請求する事にした。
通常、損害保険会社はそれが被害者には法的に認められた権利。加害者が法的に課せられる義務。である事は絶対に教えない(自分達の支払額が増えるので)事も、徹底的に調べて合法的な最高金額を要求しようと思っている。
私も当初は医療費と休業補償だけで済ませるつもりだったのだが、保険会社側が責任を妻に転嫁しようとした事で、こちらを本気にさせてしまったのだ。

相手は、知識も経験も交渉能力も無い、40代の非正規労働者をうまく丸めこんで泣き寝入りさせてやろうと思っていたのだろうが、その隣にいた配偶者は、あの訴訟大国アメリカで鍛えまくられてきた、交渉と仲介と調停を生業とする、ネゴシエーターでケアマネジャーの私だったのだ。

わかりました。

その喧嘩、最高値で買い取りましょう。

ねえねえ保険屋さん?

『非理法権天』って言葉知ってる?

じゃあ、『天網恢恢疎にして漏らさず』は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.02

妻が事故に遭いまして・・・

妻が交通事故に遭った。

一昨日の雨の朝、妻が交通事故で負傷し救急搬送された。との知らせを受けた。

事故の詳細は、妻がアンジェリーノ級駆逐艦に乗艦しての出勤途上、アーケード街を西進していたらアーケード街と交差する信号の無い交差点を北進してきた軽乗用車と接触転倒したとの事。

不幸中の幸いだったのは、Jr.を保育園に送って行った後だった事。救急搬送された病院での診察結果、「股関節捻挫、及び右膝靭帯損傷により全治3週間」の診断が下された。靭帯損傷の右足は足首から太腿上部までがギブス固定され、業務の遂行はおろか日常生活にも著しい制約が生じる状態の為、ギブスが取れるまでは休職となり、しかしJr.の保育園送迎などもある為に入院加療はせず、今は静かに自宅療養している。

靭帯損傷は安静加療が前提なので家事遂行能力も低下し、主婦としては大破に近い状態なのだが、元々、家事の大部分を主夫mizzieがやっていたのでこの点に関しての影響はカヴァー可能だ。結果としてmizzieの時間はかなり奪われ負荷が対数規模で増大しているのだが。
(だからこんな夜中に更新している)

ななかの座乗艦、アンジェリーノは車体左側面にかなりの損傷を受け、また車体が壊れる事で運転者のダメージを最小化させる設計のブリヂストンサイクルなので、フレーム歪み等が生じている可能性もあり、自転車はほぼ全損と見ていいでしょう。と、ブリヂストンサイクル直営店店長のコメント。修理すると部品代だけで新車が買えてしまうくらいになるので、保険屋は全損扱いにして時価(新車価格の6割程度)の賠償で済ませようとするらしく、乗艦に関しては被害者である妻が一方的に損失を被る事にさせられてしまいそうなイキオイ。

後は保険屋との交渉次第なのだが、妻はそういった交渉事は苦手なので、「交渉は全て夫に任せてありますから、夫と交渉して下さい。」と保険屋に言う様に伝え、僕は過去記事にもある激務に戻っていた。

で、昨日、事故現場に残さざるを得なかったななかの乗艦が、『中心商店街・放置自転車撲滅キャンペーン』をやっている高知市に放置自転車として撤去されてしまった為に、放置自転車保管場所まで自転車を引き取りに行っていたその時に、某保険会社の物損事故担当を名乗る者から電話があり、賠償交渉が始まった。

「この度はmizzie様には大変ご迷惑をお掛けしまして・・・、」

「うん。めっちゃ迷惑しちゅう。・・・言う訳で放置自転車として撤去されてしもうたがやけんど、その引き取りに掛かるコストとかも保険で見てもらえるがやろうか?」

「本当に申し訳御座いません。とりあえず交通費や撤去自転車の保管費・返還費などは何に幾ら掛かったのか記録が」

「全部領収書もろうて保管しちゃあるきに。それで一番肝心な事やけんど、この事故の過失割合はどうなるがやろう?」

「同様の事故の判例から考えて9対1となります。」

「9対1!?ちょっと待ちや!ウチは被害者ながで。信号の無い交差点に進入した自転車が交差点内で加速してきた車に撥ねられたがで。もらい事故やん!でもおたくの保険会社は、もらい事故でも10%は被害者が悪い。いう考えながかぇ?」

「自転車対自動車の事故では過失割合9対1が通常で」

「つまりおまんくの会社は、もらい事故の被害者に「事故の1割はお前に原因があるがやき、修理代も治療費も1割は自分で出せえや」言うがやねや?あしはおまんくの言い分には納得がいかんき。」

「必ず9対1になると言う訳ではありませんので」

「おまん今さっき「過失割合は9対1になります」言うたじゃいかや。おまんの言い分はわかったき、この事故の状況でウチの妻が10%悪い言う理由とその根拠を文書にして、会社印押して公文書として出しや。」

「いや、だから必ず9対1になると言うのではなく」

「かまんき。とにかくおまんくの会社の言い分を文書にして、会社印押して公文書としてあしに交付しいや。交渉も何もそれからよえ。とにかく、自転車は高須の自転車DOME高知店に修理に出すきに、現状確認の写真撮影とかはそっちでやってや。」

保険会社の評判にも関わるので現時点では交渉している保険会社名はあえて出さないでおくが、誠意も謝罪もかなぐり捨てて、とにかく支払う賠償金額を最小化させようとしてきた保険会社相手に、タフな交渉となりそうだ。

今回の事故と保険会社との交渉の顛末は逐一、このブログで公表していきますね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.03.01

新記録

この金曜日は忙しかった・・・。

ケアマネジャーになって最高。ってくらいにめちゃめちゃ忙しかった。

月末で週末。って時点で忙しいんだけど、そこに来てさらに、新規契約3件。

 

朝、まず最初の相談者さんの応対。電話で相手の都合確認して、本人も家族も家にいて、時間も空いてる。って事で早速訪問。インテーク面接して現在の困りごと、生活課題、本人・家族の意向と希望・要望を聞き、居宅介護支援の契約を頂く。それからアセスメントも実施して、アセスしながら頭の中で暫定プラン立ててそれを提案。利用者さん家族さん納得し合意されて、「それでお願いします。」との言葉を得たので、その場で即座に事業所(デイサービス)へ連絡を取り、利用者さん希望する曜日の受け入れ可能か確認、その確認後にその場で、初回のサービス担当者会議の段取りまで付けてから帰路に付く。事務所に戻る途中に市役所に立ち寄り、居宅サービス計画作成依頼書とか申請書類を提出。主治医意見書等入手して事業所へ。

昼前に事務所へと戻り、食事を摂る時間が惜しいからゼリー飲料をカッ込み、そのまま前日にアポイントメント取ってた次の新規の方のお家へと向かう。途中、特養のショートステイを利用してる別の利用者さんの書類をその特養に持って行く。

んで、そこから15㎞程離れた場所にあるその方の家に付き、また、インテーク面接、契約、申請書類作成、アセスメント、暫定プラン提案、初回担当者会議の段取り、までを済ませて帰路に付く。3件目の新規の方とのアポイントメントしてた時間に間に合わないので市役所に寄る事はスキップして(その方のケースはサービス開始まで時間的余裕があったが、次にアポ取ってた方は緊急性がある人だったので)、そのまま3人目の契約にゴー。

んで、週末を挟む関係で最後の方はその日の内にどうしても、市役所の介護保険課に申請書類を提出する必要があったので、本人の署名・捺印が必要な箇所だけ玄関で署名・捺印して頂き、書類提出後に戻る事を約して市役所へ。しかしその時点で既に、介護保険課の受け付け時間内にはどう考えても間に合わない時間だったので、市役所介護保険課にTELし、事情を話してから市役所に向かう。市役所の駐車場に着いたのが閉庁2分前。介護保険課に着いた時には受け付け時間は過ぎていたんだけど、優しい高知市役所介護保険課は受け付け時間を数分オーバーした僕の申請書類を受け付けてくれて、とりあえず書類提出はセーフ。ありがとう高知市役所介護保険課のみなさん。

で、また利用者さんトコにとんぼ返りして、契約書に署名・捺印頂いて、本人と家族さんからアセスメントして、週明けからサービス利用出来る様に段取りもして、担当者会議の段取りもしてから帰社。んでそっから、本日契約した3人のアセス結果をプランに落とし込み、課題分析と居宅サービス計画の作成までしてから帰宅しました。

一日で新規契約3件ってのは新記録だ。

チョー疲れました。だからもう寝ます。おやすみなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

« 2014年2月 | トップページ | 2014年5月 »