« 政治に対する意見 | トップページ | 拡散希望 »

2014.12.09

そうだ、外国に行こう

僕:「ニュージーランドで暮らす。ってのはど~ぅおぉ~?」
妻:「なに言ってるの?」
僕:「先進国はどこも、介護人材不足が深刻だからさ、外国人介護士には就労ビザ出る国結構あるんだ。カナダとかニュージーランドとか。」
来たる総選挙、事前の世論調査では自民党が圧勝しそうな勢いで、これで自民党が改憲に必要な316議席以上の議席を得る事になると、安倍総理は、「私の政策は国民の信を得た!」と豪語し、悲願だった憲法改正と日本の再軍備化を実施するだろう。そうなると、志願制の自衛隊に隊員が集まらなくなるのは必定で、兵士の必要数を満たす為、日本も韓国のような徴兵制が導入されるかもしれない。
私には5歳になる息子がいるが、その子が軍服を着て銃を下げ行進する姿など見たくない。ただ、平成17年までサンフランシスコで暮らしていた私は英語が話せるので、この国が右傾化し、自民党の改憲草案通りの憲法改正を行い国民の自由と権限を著しく規制し、義務と負担を庶民に押し付ける国になると言うのなら、住む国を変えても構わないと思っている。
私はケアマネジャーだが介護福祉士でもある。そしてこの世界には、介護人材不足を補う為、外国人介護士に就労ビザを発行する国がカナダやニュージーランドなど幾つかある。そういった国の殆どは就労ビザで2~5年滞在すると永住権申請資格が得られるので、そうして永住資格を得る。と言う選択肢が、右傾化し軍事国家となる国で自分や家族に自己犠牲を強いられるよりは、息子の命を国家に捧げる事を強いられるよりは、よりベターな人生の選択肢として浮上してくる。
皆がキチンと選挙に行って、本当にこの国と国民生活の事を考えてくれている候補に投票してくれたら、僕がこんな事を考える必要もないんだけれど。
え?僕がどこの政党と誰に投票するつもりかって?
もっちろん、憲法改正に反対、集団的自衛権行使容認に反対、消費税増税は延期ではなく中止、原発再稼働反対、特定秘密保護法にもTPP加盟にも反対、の政党とその政党の候補者さ!(^^)v

|

« 政治に対する意見 | トップページ | 拡散希望 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/60783666

この記事へのトラックバック一覧です: そうだ、外国に行こう:

« 政治に対する意見 | トップページ | 拡散希望 »