« 日本は滅亡の途上にある | トップページ | そうだ、外国に行こう »

2014.12.06

政治に対する意見

いつものように政治にアツくなっている私に、政治にも選挙にも関心が無い私の知人が言った。「私は安倍政権を支持してなんかないよ。」と。言われた私は問うた。「じゃあ、2年前の衆院選は誰に投票したの?」その答えは、「選挙らあ行っちゃあせん。託したい人らあおらんし、どうせ誰が(議員に)なったち同じよえ。」だった。選挙に行かない約50%の有権者達はその殆どが、彼/彼女と同じか、似たような意見なのだろう。

私は、自分が政治的にアツい(暑苦しい?)男だと自覚しているが、政治や選挙に参加する事の重要さ・大切さを知人や友人に語る度に、その無関心ぶりと無気力さには徒労感を感じさせられるし、この国の政治が完全に腐敗している事を痛感させられる。政治の腐敗とは政治家が賄賂をもらう事ではない。それは政治家個人の腐敗であって、政治の腐敗とは、政治家が国を間違った方向に導こうとしている時に、国民にそれを正す事が出来ない状態の事を言うのだ。

「そんなん言うたち、マイナス3とマイナス4のどっちかを選べ。って言われたち、どっちも選べんろう?どっち選んでもマイナスながで?」

「アタシが一票入れたち入れんだったち、対して変わりやせんろうがぇ?」

    上の二つも、僕が知人に政治の話をする時によく言われる言葉だ。ただ、この二つには決定的な欺瞞がある。ただの歴史好きに過ぎなかった私が政治に関心を持った12歳の時からずっと、私は30年以上政治をウォッチしてきたが、マイナス3とマイナス4の選択。となった選挙は過去に何度もあったが、そのほぼ全てにおいてマイナス4が選挙では勝ち、そしてマイナス4が勝った選挙で投票率が6割を超えた事は皆無だ。つまり、「マイナス3(の公約を掲げる政党・候補)とマイナス4(の公約を掲げる政党・候補)、どっちも選べない」と言って投票棄権すると、ほぼ確実に特定の利権集団から強固な支持を受けるマイナス4(の政党・候補)が勝ってしまうのだ。これで、「マイナス4よりはマシ」と考えて無党派層の大半がマイナス3に投票すれば、マイナス3がマイナス4に勝つ。そうするとマイナス4は次の選挙でマイナス3に勝つ為にはマイナス2かそれ以上になるしかない。それを繰り返していけば、政治が私達の方を向いた、より良い方向にしか進まない事は、小学生にだって判るだろう。

     次に「私が1票入れたち入れいざったちそう変わらん。」だが、2000年の米大統領選挙、勝敗を分けたフロリダ州で、ブッシュとゴアの得票差は僅か537票差であった。291万票以上獲得した二人の勝敗が、世界を変える力を持ったリーダーが、たった537票差で決まってしまったのだ。あの時、「自分の一票があってもなかっても・・・」等、自分に言い訳をして選挙に行かなかった538人のせいで、イラクとアフガニスタンでは無実の市民が数万人も殺され、原油価格が高騰しガソリン、灯油やその他全ての石油製品が値上がりし、旅行でアメリカに行くとセキュリティーで靴まで脱がされるようになり、サンフランシスコの大学で学んでいた私は奨学金が貰えなくなった。全て、「アタシ一人が入れんかったち変わらん」と言って選挙に行かなかったフロリダの大馬鹿野郎達のせいなのだ。接戦の選挙区では、50~100票で結果が変わる。普段投票なんか行かない数人が、同じ様に投票しない人達数人を巻き込むだけで、世界が変わってしまうかもしれないのだ。

     14日の選挙で、改憲を主張している自民党、維新の会、次世代の党、の獲得議席数が衆院定数の3分の2(317議席)を超えれば、間違いなく日本国憲法は改正される。しかし仮にこの高知で、野党候補が一人当選するだけで、改憲勢力の獲得議席数を316にする事が出来るかもしれない。そうなると、この高知がこの国の未来を救う事になるかもしれないのだ。坂本龍馬や植木枝盛、板垣退助、小島祐馬、この高知が生んだ偉人達のお陰で、私達は胸を張って「高知出身です!」と言える。私のサンフランシスコ時代の友人は坂本龍馬の大ファンで、私が高知出身だと言うと、まるで憧れのスポーツ選手にでも会ったかの様な目をして「すごい!高知出身なんだ!」と言って私を見た。私はこれからもずっと、県外出身者に「やはり高知は違う!」、「高知は凄い!」と思わせたい。だから、

     ニヒルを気取って投票棄権を自己正当化するのはもうやめよう。誰が、本当に私達とこの国の事を考えてくれているのかしっかりと見極めて、私達に与えられたこの一票を正しく使おう。

     ちっぽけなカタルシスを得る、以外に何の役にも立たない「勝ち馬に乗る」のはもうやめよう。ただ傲慢で強欲で声がデカいだけで、私達の事なんかこれっぽちも考えていない強者に盲従するのはもうやめよう。

     14日の選挙はこの国を変える、歴史の分岐点となる可能性が高い。だからこそ、「歴史を動かすのはいつも土佐から」と言う事実を、戦争オタクのネトウヨどもに見せつけてやろう。

|

« 日本は滅亡の途上にある | トップページ | そうだ、外国に行こう »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/60771165

この記事へのトラックバック一覧です: 政治に対する意見:

« 日本は滅亡の途上にある | トップページ | そうだ、外国に行こう »