« 実は転職してまして・・・ | トップページ | 『日出る国の総理へ』 »

2015.02.18

安倍総理に手紙を書こう!

選挙以外で、投票行動以外で政治に直接意見する方法って無いかな~?って考えてたmizzie、首相官邸に直接手紙を送ってみる事にした。

↓こんな感じ

Photo

封書の文面はこんな感じ。↓

『内閣総理大臣 安倍晋三 様
前略
私は介護支援専門員として働いているmizzieと申します。本日は総理にお伝え致したい事が御座いまして、こうして筆を取らせて頂きました。
まず最初に、高齢化社会にとって最大の脅威である認知症には、主に4つの型があります。脳血管性認知症、アルツハイマー型認知症、レビ―小体型認知症、前頭側頭型認知症の4つです。その4つの中で、最も患者数の多いアルツハイマー型と誤診され不適切な対処や投薬で症状を悪化させ、本人も周囲の人も苦しませていると言われるのが、前頭側頭型認知症です。この認知症はアルツハイマー型とは異なり比較的若い年齢での発症が多く、また記憶力や計算力は比較的良好な状態が保たれます。しかし自制心を司る部位が侵される為に、同じ事を何度も繰り返す常同行動や、自制心による抑制が効かず他者の意見や忠告に全く耳を貸さず本能の赴くままに行動し、自分のやり方に固執し間違っていてもそれを正さない。などの脱抑制症状が見られます。私の個人的見解として、世論や有識者の反対や懸念に一切耳を貸さずに特定秘密保護法案の強行採決した事や、憲法解釈を強引に捻じ曲げ集団的自衛権行使を閣議決定した事、沖縄県民の民意を一顧だにせず、米軍普天間基地の移設先としての、辺野古新基地建設計画を強行する流れをみるに、安倍総理には前頭側頭型認知症が強く疑われます。脱抑制を主症状とする精神疾患を抱えた政治家に一国の命運を委ねるのは大変危険であり、総理が一刻も早く退陣され、認知症鑑別診断を受け適切な治療と服薬を開始される事を強く望む次第です。
草々』

と言う文章の手紙を送ってみた。
これを首相が読む事はまずあり得ないのだが、とりあえず何か一言言っておきたかった。ただ、こんな感じで国民が直接文句を言うようになって、

それが月辺り100万通くらい届けば、安倍総理ももうちょっと山口県民以外の国民の事も考えてくれるようにはならないかな~…などと想像してみたりもする。

総理に直接お手紙を送る。

アナタも一度、と言わず二度でも三度でも、やってみてはいかがですか?

 

|

« 実は転職してまして・・・ | トップページ | 『日出る国の総理へ』 »

コメント

初めまして。

私は、自分の身に起きた出来事を総理大臣に伝えたいと思い、伝える方法を検索して、偶然ここにたどり着きました。

手紙の書き方は参考にさせてください。

総理大臣に手紙を送っても、読んでもらえる確率はどれほどでしょうか。


福祉のお仕事をなさっていたのでしたら、私のブログにも興味を持っていただけるかもしれません。
よろしければ私のブログも読んでください。

投稿: | 2015.04.04 17:59

>Sさん
はじめまして。当ブログへようこそ。
現実問題として、総理に手紙を送って、総理がそれを直接読む確率はほぼゼロと考えて間違いないと思います。自分が聞きたい情報以外には耳を貸さない安倍総理の場合は、その確率はゼロどころかマイナスであると言っても差し支えないでしょう。

ただ、『数は力』は真実です。
総理の政策に異を唱える投書が万単位で届けば、それを無視する事は出来なくなると思います。それ以前に、ただ受動的に支配者が決めた事に従わさせられるだけ。が許せないし、それを受け入れる自分がもっともっと許せないのが私ですので、当記事を掲載させて頂きました。

投稿: mizzie | 2015.04.07 02:20

はじめまして。

狼王ロボを検索していたら、このブログに辿り着きました。
僕も福祉の仕事をしていまして、mizzieさんの御意見に頷く事の多い次第です。

度々覗かせて頂きます。
乱文失礼しました。

投稿: 椚 | 2015.04.17 06:09

> 椚さん
はじめまして、こんにちは。当ブログへようこそ。
ケアマネになって管理者になって、仕事が超・多忙になって最近は更新がほったらかしになっていますが、過去記事とか相当な数ありますので、機会があればそちらものぞいてみて下さいね。

それでは、また。

投稿: mizzie | 2015.04.20 00:17

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/61155358

この記事へのトラックバック一覧です: 安倍総理に手紙を書こう!:

« 実は転職してまして・・・ | トップページ | 『日出る国の総理へ』 »