« 『日出る国の総理へ』 | トップページ | 『アベノミクス好循環』 »

2016.06.20

『増税分はどこへ?』

大規模金融緩和で強制的に市場へ流し込んだ大量のお金は、

富裕層と大企業と自民党の間だけで循環して、

多数派国民の所には一向に回ってこなくて、

景気がちっとも上向かないから、

商事税率の10%への引き上げは、また延期された。


アベノミクスは失敗したのだ。


しかしそれ以前に、

「社会保障の充実」

と言う大義名分のもと、

消費税は8%に引き上げられたのだが、

1億円の高級外車と98円の野菜の値上げ率が同じ

と言う不公平の受容を強いられた私達だが、

社会保障充実の為の増税なのに、

私達が受ける医療や介護、福祉、年金と言った、

社会保障関連のほぼ全てが、

縮小し減額し使い辛くなっている。

70歳以上の人が病院窓口で払う診療費の自己負担比率が1割から2割、

つまり2倍に値上げられ、

介護も、

年収280万円以上の人は自己負担比率が1割から2割、

つまりこちらも2倍に引き上げられた。

年金も、

「マクロ経済スライド」

と言って、その中身は支給額の減額だ。

消費税が上がって税収が増えて、

一体どの予算が充実したのだろう?

安倍政権は誕生から2年で50カ国以上への外遊を行ったが、

その費用は1回一億円程度。

また訪問した先々で約束してきた、

経済支援の総額は60兆円を超えている。

もちろんその中には本当に必要な支援も含まれるが、

インドへの投融資3.5兆円や、

米国へのリニア建設費半額負担など、

必要性が強く疑われる海外への税金ばら撒きが行われている。

政府と安倍総理には本件について説明責任があると思うのだが、

一体どう説明するつもりなのだろう?

|

« 『日出る国の総理へ』 | トップページ | 『アベノミクス好循環』 »

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/63798888

この記事へのトラックバック一覧です: 『増税分はどこへ?』:

« 『日出る国の総理へ』 | トップページ | 『アベノミクス好循環』 »