« 2018年8月 | トップページ

2018年9月

2018.09.04

骨盤骨折してました。

前回のエントリーで交通事故か何かで怪我をしていた様で、11日間の不在を経て帰宅した我が家の愛猫カリンちゃん。

後ろ足を怪我した様子で歩き方がぎこちなかったので、帰宅した翌日、仕事から帰宅した僕は、かかりつけの動物病院(診察は19時まで)に連れて行った。

最初は触診、その段階で脊髄損傷が無い事、下肢の骨折も見られない事を確認。その時点では他の猫か犬に噛まれた事で、雑菌が入って化膿している事も推測されたが、念のためにレントゲンを撮影。すると。

「mizzieさん、この子、骨盤が折れてます。」

!!!!

骨盤が骨折し、骨盤の左翼部が内傾している。獣医師の話では、保存療法でも受傷前に近いレベルまでは回復するし歩ける様にもなるが、高齢猫になった時、排泄障害が起きるリスクがある。

もう少し細かい診断が必要だけど、僕がかかりつけにしている動物病院は、内科が専門で整形外科は専門外な為、かかりつけの獣医師は「僕では手術が出来ない。」と言い、「このレベルの怪我の対応出来るのは、高知だと南国市の動物病院だけ。県外だと、新居浜にある「にいはま動物病院」か、本当はもっと騒がれるべきなのにどこからか見えない力が掛かっているようで、TVメディアは誰に忖度しているのか黙殺を決め込んでいる加計学園(獣医学科の大学なので付属の動物病院がある)しかない。って。

加計学園は大学病院だけあって施設と設備は現時点での最新・最高水準だし、獣医師も大学で教鞭を取れるレベルの獣医師がいる筈。とは、かかりつけ院の獣医師さん。

にいはま動物病院は、整形外科を扱う動物病院としては、恐らく四国一の有名な動物病院で、こなしている臨床例も半端ないくらい多いし、施設も設備も最高水準のものが揃っている。との事で、

アベシンゾーが大嫌いな僕にとって、政治的にも加計学園。って選択肢は無いよな。って事で早速、にいはま動物病院に行ってきました。

で、かかりつけの動物病院(かもはら動物病院)で撮ったレントゲンは紹介状と一緒に、電子メールの添付ファイルで『にいはま動物病院』に送ってもらっていたんだけど、別の角度からの画像も欲しいって事で、にいはま動物病院でもレントゲンを撮り、血統書付きでもなんでもない、和猫の雑種にそこまでコストを掛ける事が無いかもしれない。と思ったのか、院長から、手術しなかった場合の希望的観測(折れ方が運の良い折れ方だったので、将来的にも障害は出ない可能性もあった)と、手術するリスクとリターン、コストとベネフィットについて詳細に説明を受け、しかし家族間では(カリンは家族。自分達と同等に扱う)との意思統一が図られていたので、手術を受ける事になりました。

折れた骨が固まる前に、って事で急遽、9月1日夜に手術を受け、22時過ぎに院長から「手術は無事終わりました」の電話を受け、今は退院調整中です。

コスト?

オイラの冬ボーナスの行先が決まっただけさ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2018.09.02

我が家の猫がいなくなってました

過去記事に書いた、ある日我が家に飛び込んできてから、
我が家の飼い猫となっているカリンちゃん。

チョー猫好きで、これまでの人生で数匹の猫を飼ってきたオイラが、感心しちゃうくらいの賢い猫で、僕が近所のスーパーへ買い物に行く時はほぼ毎回、きちんと後を付いてきて、スーパーの向かいにある駐車場に「ちょこん」と座って僕を待ち(店の敷地内には絶対に入って来ない)、僕が買い物を終えてスーパーから出て来ると、また僕の後を着いて一緒に家まで帰る。とか、日中は放し飼い(本当は飼い猫を外に出すことは望ましくない)にしてるんだけど、僕が出勤する時、一緒に家を出て、帰ってきた僕の車を見付けるとどこからかまた現れて、僕の車目掛けて走ってくる姿がミラーに映る。そんな猫。

で、賢い上に美猫で愛嬌もいいから、猫アレルギーの妻(慣れてしまったのか症状は軽くなっています)も、同居してる義姉も、家族全員がこの猫(こ)の事はダイスキになってた。

その猫が、8月18日から、行方不明になった。

飼い始めてからの7年間、1日家を空ける事が皆無で、夜になると必ず、きちんと家に帰ってきて僕らの横で寝てる猫だったのに、18日の昼に姿を見たのを最後に、行方不明になってしまっていた。

家に戻らなくなってから2日目、迷子猫になったと判断。警察と小動物管理センターに迷子の届け(警察には遺失物届)を出し、『猫を探しています』ポスターを作成し、近隣の病院や商店、保育園やスーパー等に貼らせて頂いた。

家に帰って来なくなった原因が、

①強い猫と喧嘩したか何かで、自分のナワバリを出てしまい、他の猫のナワバリをまたいでしまって戻れなくなっている。

②事故か何かで怪我をして、動けなくなってどこかで隠れてうずくまっている。

のどちらかだと推測し、ポスター貼り依頼と並行して、僕は仕事から帰宅すると毎晩、「かりんー」って名前を呼びながら近所中を探索。歩数計計測で、一日平均5km程を歩いていた。

一人での探索には限界があるので、行方不明になってから7日目、新聞に折り込みチラシを入れる事を決断。デザイン、発注、地元紙への折り込み依頼、までの一連作業はプロに任せると簡単だけどコストが掛かるので、チラシはエクセルとか使って自分でデザインし、ネットで調べて価格が最安だった全国展開している印刷屋さんにチラシを発注。コストを半額以下に抑える事が出来た。

折り込みチラシ発注後も、地道に猫を探して歩くのは続けていて、探索範囲を自宅から半径500mだったのを1㎞まで広げた。

そんな、地道な探索を続けていた、失踪から11日目の夜。21時過ぎ。

帰宅すると、義姉の車の下から、聞き覚えのある「にゃおう」の声が!

11日間、ほとんど飲まず食わずだった様で、ガリガリに痩せてしまった、カリンが車の下にいるではないか!!
何かに怯えているのか、呼んでも近寄っては来ないが、玄関を開けると、そこが安全な自分の家である事は理解していた様で、後ろ足を引きずりながら家の中に入って来た。

空腹もあってか、歩行はフラフラだったが、水を飲み、猫缶を半分ほど平らげると、疲れていたみたいで、そして家に帰ってきた安心感もあってか、手足を伸ばしてお腹を見せて(猫は信頼している人の前でしかお腹は見せない)、眠ってしまった。

猫が帰って来た事で、息子も、妻も、義姉も、もちろん僕も、狂喜乱舞状態。後ろ足を怪我している様子なので恐らく、18日に車かバイクか自転車に跳ねられるかして怪我を負い、痛さもあって動けなくなって、どこかに隠れて動ける様になるまでじっとしていて、動けるまで回復したので家に帰って来たのだと思われる。

怪我が心配だったが、後ろ足は左右とも、動きにぎこちなさはあるが伸展・屈曲共に出来ていたので、脊髄損傷の可能性はほぼゼロだし、その日はもう遅いので病院に行くのは明日以降にして、11日ぶりに帰って来た猫を猫用の寝床に寝かせ、僕もようやく、不安と心配から解放された眠りにつく事が出来た。

カリンが帰宅した翌朝、京都の印刷会社に発注していた、『猫を探しています』の新聞折り込みチラシが、「予定よりも早く出来上がったので発送させて頂きました」との事で、我が家に届いた。その数5000部。

どうしようこれ?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

« 2018年8月 | トップページ