« 我が家の猫がいなくなってました | トップページ

2018.09.04

骨盤骨折してました。

前回のエントリーで交通事故か何かで怪我をしていた様で、11日間の不在を経て帰宅した我が家の愛猫カリンちゃん。

後ろ足を怪我した様子で歩き方がぎこちなかったので、帰宅した翌日、仕事から帰宅した僕は、かかりつけの動物病院(診察は19時まで)に連れて行った。

最初は触診、その段階で脊髄損傷が無い事、下肢の骨折も見られない事を確認。その時点では他の猫か犬に噛まれた事で、雑菌が入って化膿している事も推測されたが、念のためにレントゲンを撮影。すると。

「mizzieさん、この子、骨盤が折れてます。」

!!!!

骨盤が骨折し、骨盤の左翼部が内傾している。獣医師の話では、保存療法でも受傷前に近いレベルまでは回復するし歩ける様にもなるが、高齢猫になった時、排泄障害が起きるリスクがある。

もう少し細かい診断が必要だけど、僕がかかりつけにしている動物病院は、内科が専門で整形外科は専門外な為、かかりつけの獣医師は「僕では手術が出来ない。」と言い、「このレベルの怪我の対応出来るのは、高知だと南国市の動物病院だけ。県外だと、新居浜にある「にいはま動物病院」か、本当はもっと騒がれるべきなのにどこからか見えない力が掛かっているようで、TVメディアは誰に忖度しているのか黙殺を決め込んでいる加計学園(獣医学科の大学なので付属の動物病院がある)しかない。って。

加計学園は大学病院だけあって施設と設備は現時点での最新・最高水準だし、獣医師も大学で教鞭を取れるレベルの獣医師がいる筈。とは、かかりつけ院の獣医師さん。

にいはま動物病院は、整形外科を扱う動物病院としては、恐らく四国一の有名な動物病院で、こなしている臨床例も半端ないくらい多いし、施設も設備も最高水準のものが揃っている。との事で、

アベシンゾーが大嫌いな僕にとって、政治的にも加計学園。って選択肢は無いよな。って事で早速、にいはま動物病院に行ってきました。

で、かかりつけの動物病院(かもはら動物病院)で撮ったレントゲンは紹介状と一緒に、電子メールの添付ファイルで『にいはま動物病院』に送ってもらっていたんだけど、別の角度からの画像も欲しいって事で、にいはま動物病院でもレントゲンを撮り、血統書付きでもなんでもない、和猫の雑種にそこまでコストを掛ける事が無いかもしれない。と思ったのか、院長から、手術しなかった場合の希望的観測(折れ方が運の良い折れ方だったので、将来的にも障害は出ない可能性もあった)と、手術するリスクとリターン、コストとベネフィットについて詳細に説明を受け、しかし家族間では(カリンは家族。自分達と同等に扱う)との意思統一が図られていたので、手術を受ける事になりました。

折れた骨が固まる前に、って事で急遽、9月1日夜に手術を受け、22時過ぎに院長から「手術は無事終わりました」の電話を受け、今は退院調整中です。

コスト?

オイラの冬ボーナスの行先が決まっただけさ。

|

« 我が家の猫がいなくなってました | トップページ

コメント

コメントを書く



(ウェブ上には掲載しません)




トラックバック

この記事のトラックバックURL:
http://app.cocolog-nifty.com/t/trackback/8531/67121805

この記事へのトラックバック一覧です: 骨盤骨折してました。:

« 我が家の猫がいなくなってました | トップページ