育児

2013.12.31

(一日早くやってきた)英文サンタからの手紙

過去記事『サンタからの手紙』で書いた、英文で書かれたサンタクロースからの英文手紙。

今年は我が息子の所にも、クリスマスには一日早い23日に、カッコいいクリスマスギフトと共に届いてました。

丁寧な手書きで書かれた文章はこんな感じ。↓

Merry Christmas dear Guevara(仮名) !!

How have you been? I heard that there is a stationary huge cold air mass in the region you live. If you're not a big fun of winter sport like skiing or snowboarding, you might already wait for the next spring. On the other hand, as usual, I have to send tens of millions of Christmas gift to good boys and girls on the world. I know, December 24 is the day of Christmas eve, but I'll very very very busy the night. And I don't want to miss to give the Christmas gift to you. Therefore, I came here to give the present to you a day earlier. I hope that you will be pleased and enjoyed the gift.

Sincerely yours

Santa Claus

ウチの息子はお父さんが(かつてサンフランシスコで暮らしていたので)英語が読める事を何となく判っているので、

「おとうさん読んでーっ!」

って言って手紙を持って来た。
で、mizzieが要約してあげたのがこんな感じ。↓

メリークリスマス、親愛なるゲバラ(仮名)!!

元気してるかな?私は巨大な寒気団があなたの住む地域に停滞してるって聞いたけど、もしキミがスキーとかスノボみたいなウィンタースポーツの大ファンじゃないのなら、キミはもう次の春が来るのを心待ちにしているのかもしれないね。
話は変わるけど、いつものように、私は世界中にいる数千万の良い男の子達と良い女の子達にクリスマスプレゼントを贈らなきゃなんないんだ。クリスマスイヴが12月24日だってのはもちろん知ってるよ。だけどその夜の私はとてもとても、とっても忙しい。そして私はキミにクリスマスプレゼントを贈るのをミスしたくないんだ。だから、キミの所には一日早く来たんだよ。
私はキミがこの(クリスマス)ギフトを喜んで、楽しんでくれる事を願っています。

敬具
サンタクロースより

別に、日本では22日、23日が連休だから、とか、24日にはケアマネやってるお父さんがサービス担当者会議を二つ掛け持ち、and利用者都合による突然のサービス内容変更で提供票差し替え分を急遽作成して担当全事業所に交付しないといけなくなってて、24日は早朝からめっちゃ忙しくなる予定だった。とか、そんな事はゼンゼン関係無くって(笑)、24日が忙しいサンタさんはウチの息子には特別に、23日にやってきたんだよ。ってのを説明してる手紙なのでした。

サンタ協会も中々に大変ねぇ・・・。なんて思ったmizzieなのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.10.27

憲法改正で核武装?

この夏に安倍政権は、事故続きで操業停止していた六ケ所村の使用済み核燃料再処理工場を10月から操業再開させる計画を発表した。

この安倍政権の動きに米政府は、

「原発は動いていないのになぜ再処理を進めるのか?日本は核兵器を作るつもりではないのか?」

と懸念を表明したと、米国の有力紙が報じていた。

改憲論者達は尖閣問題で対中脅威論をあおり、

「自分の国は自分で守ろう!」

と、勇ましい掛け声と共に自衛隊を国防軍に変えようとしている。しかしながら、「現行の自衛隊法でも他国による日本攻撃が明白になった時点で他国の基地を攻撃出来る。」と自民党の石破茂幹事長は述べている。つまり日本を守る為なら、憲法を変えて自衛隊を国防軍にしなくてもいいのだ。

連日テレビで笑顔を振りまく安倍首相は、憲法改正で自衛隊を海外で武力行使出来る軍隊に変えた上で、発電での使い道が無いプルトニウムを大量精製するつもりのようだが、その先に見えるのは、『核武装した軍事国家』と化した日本なのだが、貿易立国である日本が核武装しても世界中から非難されるだけだし、仮に国連から経済制裁(日本が核武装したら間違いなく中・露は経済制裁を提案するし、米国の拒否権行使が無ければ制裁は実行されるだろう)をされたら日本など半年と持たないのは明白なのだが、憲法改正と再軍備を主張している人達は、日本が経済制裁され貧困国になるのを甘受するだけの覚悟は出来ているのだろうか?

(参照:WSJ紙『Japan's Nuclear Plan Unsettles U.S.

http://online.wsj.com/article/SB10001424127887324582004578456943867189804.html

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2012.04.19

介護と、育児

最近の研究では認知症は、『記憶力の低下が顕著となっても感情は高度に保たれる』と言う事が判ってきている。
だから、認知症高齢者の介護では相手の尊厳を守った対応が必要とされているし、尊厳を傷付ける様な対応をすれば問題行動を招く事になる。

だから、介護者の要請・指示・依頼を一切受け付けなくなった認知症高齢者には、複数の選択肢を提示し自分で選択・決断させる事が良いと言われているが、このやり方、自我が芽生えた、いわゆる「イヤイヤ期」に突入した
我が息子にも、とても有効だと最近気付いた。

服の着替えを嫌がる息子に、
「服を着てから公園に行く?それとも服を来てから買い物に行く?」
と聞くと、
「こうえん」
と答える。
「じゃあ、公園行くから服着ようね」
と言うと、それまで何を言っても「イヤ!」としか答えなかった息子は、自ら服を着始めるのだ。
育児においては、強制する事・急かす事・否定する事は、やってはいけない好ましくない対応だと言われるが、認知症を学ぶ過程で得た知識のお陰で、僕はそれらを全くする事無く快適に育児を楽しめている。
そして介護で得た知識は育児でも有効だし、育児で得た知識は介護にも応用可能だと言う事実にも気付いた。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.11.19

まるで北朝鮮みたいだ・・・

この間は久しぶりの平日休みだったので、Jr.を連れて公園に行ってた。

初めは高知龍馬空港のRwy14側にある『トリム広場』と言う公園に行こうと思っていたんだけれど、昼食後に親子で午睡してたら寝過ごしてしまったので、自宅から15kmと言う位置にあるトリム広場に行くのはあきらめて、高知市内にある児童公園に行く事にした。

ただ、せっかくの休みなんだから、いつも行ってる近所の公園ではなくて、自宅から約2kmの場所にある、まだ訪れた事の無い公園に行く事にした。

ソコは15年程前に都市再開発計画で、計画区画から整備区画へと昇格、商業地としてではなく住宅地として整備されたその辺りには、新規の賃貸住宅がいくつも建って、高知市で働く若い家族とか単身者が急増した地区。

 

その公園、Jr.は妻と共に何度か訪れた事があるようだが、僕にとっては初めての場所。ただ、未知の、未開の、未経験の場所に行く事がダイスキな僕だから、当然の様に不安も恐れもなくその公園に乗り込んだ。

「・・・・・?」

入国するなり、その公園はイキナリ雰囲気が違う。何かが違う。決定的に違う。

平日昼なのに、子供達とそのお母さん達が結構な数いる。近くでは、学校をサボって来たのであろうと思われる女子高生達が、かなり過激な、非正規的はやり方でブランコで遊んでいる。
女子高生達がブランコを占拠してはいるが、その他の遊具(すべり台とか)では、小学校中学年位の児童からJr.(2歳4カ月)よりも幼い小さな子供達が、きゃあきゃあ言いながら遊んでいる。
公園の中央付近に置かれたベンチの周囲では、4~5人のお母さん達が小集団を形成して井戸端会議に没頭中。

「こんにちは。」

すべり台で遊ぶJr.をさりげなくSuperviseしていた僕は、Jr.の後からすべり台にやってきた子供(2~3歳)の後ろから現れた、その子の母親らしき人に挨拶する。と、その母親は僕の事をギロリと睨みつけ、「ふん!」と言った素振りでそっぽを向いてしまった。

「・・・・・。」

基本姿勢としての「世の中には(天使級から悪魔級まで)色んな人がいる」と、「なんとかなる」、「それがどうした」を行動規範としている僕は、冷淡を通り越して悪意に満ちた対応をされても、それでメゲる事なんかは皆無だ。

(・・・あの母親、あそこまで意地クソ悪げに振る舞うんもなかなかめんどいで・・・)

などと思いながら僕はJr.へのSuperviseを続けた。
何度も何度もすべり台を滑って遊んでいたJr.だけど、今度は少し年上と思しき女の子がやってきた。控え目な性格であるJr.は、後から来たその子に並んでいた順番を譲る。

「じゅ~んばん。あの子が滑ったらJr.も行こうね。」

と言って横を見ると、Jr.が順番を譲った子の母親らしき人が立って自分の子供を見ている。

「こんにちは。いいお天気ですね。(^^)」

「・・・・・。」

天気の話題から切り出した僕を、そのお母さんもさりげなく黙殺する。そのお母さんだけではない。その公園にいた7~8人ぐらいの母親達はその全員が、僕の事をさりげなく、しかし冷淡に黙殺し続けているのだ。目が合えば会釈ぐらいはしようと思っているのに、その隙すら与えない。

少人数で固まっておしゃべりに熱中している母親達の集団も、僕が近くを通っても微動だにせず(自分の子供達すらそっちのけで)、自分達の会話に没頭している。介入のチャンスすらない鉄壁ディフェンスだ。

(なんなんだこのアウェーな空気感は?ここは北朝鮮か??)

見知らぬ他者への姿勢は「Hospitality(親切にもてなすこと)」を基本としている僕だけれど、この公園にいる(恐らくここをホームとしている)母親達にとって、見知らぬ他者に対する姿勢は「Hostility(敵愾心)」が基準となっているようだ。僕とJr.にとってここはホームではなくアウェーな公園だから関係無いけれど、この辺りに新しく引っ越してくる事になる人は苦労する事だろう。

母親達の態度はホスタリティーに満ちているが、子供達にはそんな事は関係無い様で、新参者のJr.をつまはじきにしたり集団でいじめたりする事も無く(もっともそれには控えめで温厚なJr.の性格も多大に影響しているが)、子供達は子供達同士で仲良くやっている様だった。
その公園をホームとしている子供達が、僕やJr.がホームとしている公園(空港側のトリム広場と近所の公園)にいる子供達の10倍はSelfishな子たちばかりだったのが、一人の父親として多少気にはなったが。

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2011.10.10

土佐男児なので

先週の話。

自宅で昼食を食べている時、僕が『一本釣り姫かつおスティック』(参照)と言う商品名の、カツオ生節スティックを食べていたら、

Jr.がものすご~く欲しそうな目で僕を見つめるので、スティックをすこしちぎって手渡すと「おいしい♪」って言いながらもぐもぐ食べて、

それでかつおの美味しさに気付いてしまった様で、僕がかつおスティックを食べているのを見つけると「かつお!」って言いながら飛んできて、一緒に食べる様になった。
今さっきも、近所のミドルクラススーパーで売られていた特売1本98円の姫かつおスティックを食べようと封を切ったら、Jr.が「かつお!かつお!」って言いながら飛んできて、スティックの半分くらいをJr.に食べられてしまった・・・。

 

僕もそうなんだけど、土佐っ子は鰹が大好きだ。
中型漁船で1時間も走れば黒潮が流れてて、イキのいい鰹がばんばん獲れる。っていう地理的条件も関係してると思うんだけど、土佐っ子にとって鰹と言う魚は安くて美味しい魚の代表選手みたいなもの(安い。って言ってもアジとかサバよりは高いけど)なので、スーパーの鮮魚コーナーでは一年中カツオのタタキが¥250~¥350でパック売りされてるし、さっき僕とJr.がはんぶんこして食べてたカツオ生節スティックも、定価だと180円だけどウチの近所にあるスーパーでは、毎週月曜の特売日には1本¥98で売っている。
大阪から遊びに来た友人が「1万円の寿司より美味い!」とその味に感動した、カツオの塩タタキだって、ひろめ市場に行けば一人前が1,000円しない。

そんな鰹天国の高知は、県民一人当たり鰹消費量が全国平均の5倍、2位にも2倍以上の大差を付け、ぶっちぎりで全国一位だ。
ちなみに、同じ四国にあるうどんの聖地香川県も、県民一人当たりうどん消費量はぶっちぎりの全国一位。

四国に遊びに来るのなら、山越のうどん(”かまたま”がベスト)と明神丸のカツオ塩タタキは、絶対に外してはいけない。四国には、日本一美味いものが二つあるのだから。

余談だけど、僕はSaori-Sweetsの大吟醸チーズケーキも日本一美味しいチーズケーキだと思っている。LeTAOのチーズケーキよりも美味しかったし、これと勝負出来るのはサンフランシスコにあるZanze's cheesecakeの、Blueberry cheesecakeだけだと思っている。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.09.23

暑さ寒さも彼岸まで

今年も酷暑だった高知だけど、お彼岸の中日となった9月23日には暑さもずいぶんと和らいで、最高気温も30℃を少し下回る程度。

台風も過ぎて穏やかな秋晴れに恵まれたので、家族で香南市にある『県立のいち動物公園』に行ってきた。年間パスが破格のココ、ジモティーは年パス買ってちょっとでも時間があると気軽に何度でも訪れる事が出来る。

そんなにしょっちゅう来てると飽きないのか?って思うかもしれないけれど、何せ相手は動物。訪れるたびに新しい顔を見せてくれるので、飽きる事がない。そして子供って基本的に動物好きだから、ココに連れてくれば一日中ニコニコで遊びまわってくれるので、家族連れにはとてもありがたい。

今回も、ビーバーとかレッサーパンダ、カワウソ、ミミズク&フクロウに癒されまくり。キリン、シマウマ、ミーアキャット、カンガルー、ワラビー、タマリン、オセロット、ウンピョウ、ピントロングなんかもちょーカワイイ。

野間馬とかモルモットとか触らせてくれる『のいち動物公園』、リス飼ってるリス舎の中に付けられた道を歩ける「リスの小道」ってのもあって、ソコにいるリス達は人にも慣れてるからすぐ傍まで近付いてくる。今回なんかオイラの足をよじ登ろうとするリスもいて、それなりに楽しかったです。

またハンディカムで撮影しまくってたんですけど、そういった動画はこちらのリンクで観てね。

ビーバーとレッサーパンダとカワウソ  
http://www.youtube.com/watch?v=WFylqtopHVE

キャベツにがっつくモルモット 
http://www.youtube.com/watch?v=TWMH3BTC3cw

模様がカタギっぽくないウンピョウ 
http://www.youtube.com/watch?v=Celv2RZfVN8 

ちっこい馬、野間馬
http://www.youtube.com/watch?v=n5LxrXXjQG

ペンギン群遊 
http://www.youtube.com/watch?v=XBBmiO39-Yc


リスの小道

http://www.youtube.com/watch?v=eZ0swtx2tZY

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.01.10

平和な休日

年明け早々に体調を崩してたJr.だけど、やっとこさ体調が復調したので、家族3人+ななか姉(つまりオイラの義姉)の4人で、成人の日はお出掛けしてきた。

「ドコ行く?」

「No idea.ヽ(´▽`)/」

「ねえねえ、今日は車あるからのいち動物園行かない?」

ってコトで、行き先は高知県立のいち動物園に決定。
ココ、県立なので入園料が大人¥450と施設の規模や展示されてる動物の内容のワリにはお手頃なので、家族連れ・小さな子供連れにはとても有難い。トイレも多目的型が沢山あるし、授乳室もあるし、ユニバーサルデザイン後進県の高知にしては、結構施設が充実したトコだ。
で、ソコに出掛ける事にしたmizzie家御一行。昼前に自宅をしゅっぱ~つ!

「昼ごはんどうする?」

「Jr.と一緒でも大丈夫なトコで、Jr.も食べられるものがあるトコでしょ?安芸のちりめん丼じゃない?野良時計の高園茶屋。」

「のいち動物園からやったら、かなり離れるね。」

「でも、Jr.と一緒やからNo choiceや。」

ってコトで、のいち動物園を行き過ぎる事約20km、安芸野良時計のすぐ側、高園茶屋でちりめん丼で昼食。釜揚げちりめん丼は大人が食べてももちろん美味しいし、Jr.はちりめんじゃこダイスキなので、ぱっくぱく食べてくれる。12時に家を出たmizzie家一行は、13時半に高園茶屋で昼食。14時にソコを出て、のいち動物園に向かう。
でも、途中でチョー眠くなってきて、眠気を誤魔化すのにななかと僕で「しりとり」をしてて、「あ、あ、、、、アイスクリーム!」ってなったトコが香我美町のアイスクリームショップ、『ドルチェかがみ』のすぐ手前。で、「アイス食べよう!」ってそのままドルチェかがみに寄って手作りジェラート(チョー美味しい♪)食べたりしてたので、のいち動物園に着いたら既に15時半。

1.5時間しか滞在出来ないのにフル料金払うのもったいなかったし、今年は何度か来るつもりなので、もう年間パスを買う事に。でも年間パスが安い『のいち動物園』なので、年間パスはたったの¥1500.4回来たらモトが取れる計算。そんな、4回なんてあっと言う間ですよおまえさん。って一体誰と話してるんだおオイラ?

シマウマ、キリン、カンガルー、ワラビー、カリフォルニアアシカ、アメリカビーバー、レッサーパンダ、ツメナシカワウソ、コツメカワウソ、ユーラシアカワウソ、フラミンゴ、ワオキツネザル、チンパンジー、フラミンゴ、マレーグマ、ミーアキャット、アンテロープ、ポニー、フクロウ、ペンギン、etc. etc....
珍しい動物達に、Jr.は大興奮。のいち動物園は、旭山動物園ほどではないにしても、かなり動物の近くまで行ける、接近遭遇の出来る動物園なので、ハイエナとか好奇心の強い種類の動物達は、アクリル板から中を覗く人間にも興味を示して近付いてくるし、カンガルーとかも人間を怖がらないのですぐ近くまで寄って来る。その姿にJr.はさらに大興奮。大人が見ても、至近で見るカンガルーとかハイエナとかフクロウとかニホンリスとか、かなり可愛いので癒される。

順路に沿って歩いてたら、最後まで行く前に営業時間が終わってしまったので、仕方が無いのでそのままエントランスから外に出る。高知空港から至近のココは、東向きに飛んでいく航空機のビジュアルチェックポイントになっているようで、ANKのダッシュ8とかANAの767とかJALのCRJとか737とかバンバン真上を飛んで行く。
日が暮れると一気に冷え込む1月の土佐路なので、外に出たら一目散で車に戻り、急いで家路についたのでした。

しかし、今日は何も無い平和な一日だった。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2010.12.11

初冬の高知県東部で遊んできた エピローグ

『モネの庭』を後にしたmizzie一家御一行、もと来た道をのんびりと、高知市に向けて車を走らせる。12月だけど穏やかな小春日和だった12月5日の高知県。海からの風が心地好い。

が、仕事と家事と育児で恒常的に疲れが貯まっている上に、
「ハンドルを握ると全開走行しないと眠くなる」
Σ(゚д゚lll)アブナッ !
何て言う殺人的な習癖のあるmizzie、

(車での居眠り事故2回、バイクでの居眠り事故1回の前科有り)
55号線を走っていると、猛烈に眠くなって来た。ガムを噛んで眠気を誤魔化していてんだけど、必死に睡魔と闘っていたんだけど、睡魔の攻勢は激しく、戦線維持も困難な状態。トドメに300m程直線が続くセクションで一瞬意識を無くしてしまった瞬間があったので、(これはもう限界・・・)と判断したその瞬間、目の前に大山岬への分岐が見えた。

迷っている余裕は無い。僕はすぐさまウインカーを出し、そのまま岬へと向かう。
ここ大山岬は、高知でも有数の夕景スポットであり、めちゃめちゃ綺麗な夕日が見られる、僕が「女の子としか行かない」小さな喫茶店があるので、そこで小休止する事にしたのだ。
僕がココを始めて知ったのは15歳の頃で、(その時は、まだ彼女ではない女の子と来てたんだけど・・・)その頃から比べたらかなり便利になった大山岬、道は整備され、公衆トイレも出来て、すぐ近くに公園も出来て、目の前にはいい磯があるので、釣り師とか結構来てるし夕日スポットでかつ、夜景(って言うか星空)スポットでもあるので、釣り師と家族連れとアベックが、いつでもそれなりの数いる。
その、チョー夕日のキレイな『コーヒー館 岩屋』って言う喫茶店は、こんなお店。

Dscf6171fb Dscf6170fb

営業時間なんか、9:00から日没まで。この時期は早終い出来るけど、7月とか遅くまで開けてなきゃなんないし、夏時間なんか導入されたら大変だろうな~・・・とか思う。
結構昔からやってる喫茶店なんだけど、サイフォンで淹れてくれるコーヒーは結構美味しい。で、mizzieはこの店でななか&Jr.と共に寛ぎながら、
(カーペット敷きの店内は、「靴を脱いで入店」なので結構寛げる)
サイフォンで淹れたコーヒー飲みつつカフェイン注入。眠気を飛ばす。

コーヒー飲みつつ30分程休憩し、体力を回復させて眠気に反転攻勢を掛けてすっかり目覚めたmizzie、店を出て車に乗る。

で、ふと外を見ると、丁度日が沈むとこ。ってコトで、ちょっと夕日の写真を撮ってみた。

Dscf6181fb Dscf6186fb Dscf6189fb Dscf6192fb Dscf6195fb_2 Dscf6197fb Dscf6199fb Dscf6201fb Dscf6204fb

沈む夕日が海面に反射してダルマ型になる、「ダルマ夕日」が見える。
オレンジ色に染まる夕空と、その夕日でオレンジ色に染まった土佐湾、その詩的な風景を切り裂きながら、高知空港に向かう航空機(機影から推測するに、多分CRJ200
)が飛んでゆく。

Dscf6206fb Dscf6206fb2

南国土佐と言えども、日が沈むと急速に気温が下がる12月。眠気の飛んだmizzieは家族と共に、一路、高知市内の我が家へと家路を急ぐのでした。

さて、次はどこに行こうかな?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

初冬の高知県東部で遊んできた モネの庭編

(昨日からの続き)

高園茶屋でチョー美味しい『釜揚げちりめん丼』を食べて、野良時計周辺を少し散策してから、北川村にある【モネの庭】へと行く事にしたmizzie家御一行。駐車場に戻り、ナビに目的地入力をして一路、北川村に向けて車を走らせる。

『モネの庭』には、まだななかの懐妊が判明する前に、「夫婦でーとだー♪」とか言って訪れた時の事を過去記事に書いたりもしてたので、モネの庭がどーゆートコなのか、そちらを見て頂くと良く判ると思います。
あれから26ヶ月の時が流れ、姫の子宮でまだ体長が10mm以下だったJr.も、今は体長が90cm近くに、体重も10.5kg程度まで成長している。

ある意味、思い出の地。でもある『モネの庭』なんだけど、前回来た時はローカル線の『ごめん・なはり線』で、奈半利駅からはレンタル自転車で『モネの庭』を訪れた僕等も、今回は借り物の軽自動車で再訪だ。安芸市から奈半利町までは、国道55号線を海岸に沿って走るので、陽光映える初冬の土佐湾と、真っ青な空、弓状の海岸線が作るScenery(風景)がとても美しい。奈半利町から北に進路を変え、奈半利川に沿って北川村へ。北川村に入ってすぐの場所に、『モネの庭』がある。

入園料(大人一人¥700)が無料になっちゃうくらいなので、植物と花がウリの『モネの庭』、12月、1月は咲いてる花はとても少ない。でも、少ないとはいえそれなりにこの時期が見ごろの花達は咲いてるし、広葉樹もそれなりにたくさんあるので、それらが織り成す色彩美は、それはそれで詩的な趣きに満ちている。

Dscf6163fb Dscf6164fb

庭園の中心にある池の噴水とか、それはそれで中々に佳いものだ。

Dscf6161fb

南国土佐なので、12月でもまだトンボが飛んでる。
このトンボは多分、ナツアカネか何か、アカネトンボの仲間だと思う。

正面ゲートから入って、「水の庭」(6月~11月はスイレンがとても美しい)、「光の庭」(遊具があって、子供を遊ばせておくには適地)と3人でのんびり散策。

Dscf6162fb

Jr.は、途中にあったベンチに座って休憩。

前回、「夫婦でーとだー♪」とか言って二人で来た時は、「風の丘展望台」まで歩いて上がってエラい目にあったんだけど、今回はJr.もいるのでさすがにそれはせず、一旦駐車場にもどって汚れた服を着替えさせ、ギャラリー・ショップのある建物へ。

ここ、複製だけどモネの絵画とか絵画のポスターとか売ってて、ショップに行けば魅力的なグッズも沢山販売してる。
美術館とか博物館とかのオフィシャルグッズってセンスのいいアイテムが多いんだけど、ここ『モネの庭』も、魅力的な商品を多数扱ってます。
ただ、育児中のmizzie家にとって危険な(サイフ的にも)アイテムが多い事もあり、今回訪問時には、オイラ達は何も買わずにショップを出る。

ショップを出たオイラ達、今日が「釜揚げちりめん丼を食べる」って決めて無かったら躊躇はしなかったんだけど、園内レストラン「モネの家」では、地元食材を利用したとても美味しい料理を食べさせてくれる。
施設併設のレストランって、美味しいものなんか出さなくても客は来るので、あの守銭奴帝国のイスラエル支援企業ディズ兄なんて、中で売ってる食品は味覚へのテロ。って位に不味いんだけど、ここ「モネの庭」のレストラン「モネの家」、ここで手頃な値段の美味しい料理を食べる為だけに、入園料¥700払ってもいい。って位に美味しい料理を提供してくれている。

今回は安芸で「釜揚げちりめん丼」を食べてお腹一杯だったので、レストラン・モネの家には行かず。隣にあるショップで北川村名物の柚子シロップを掛けた、「ゆずソフトクリーム」を買って食べる。もちろんこれも、とってもとっても美味しい。

で、テラスでソフトクリーム食べて寛いでから、out of seasonな「花の庭」を歩いて駐車場に戻り、帰路についたのでした。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.12.06

初冬の高知県東部で遊んできた

12月5日。日曜。
この日の四国地方は高気圧に覆われ、朝から雲ひとつ無い晴天。

「チョー天気いいね。」
「どっか行く?」
「こないだの”高知B級グルメ維新”で紹介されてた、安芸の『釜揚げちりめん丼』食べに行こうよ。」

ってコトで、急遽お出掛け決定。大急ぎで準備して、釜揚げちりめん丼を売ってるお店をネットで調べて、(安芸市内の15店舗で扱っています)ポータブルナビに目的地入力して、父から車を借りてきてチャイルドシート付けて、Jr.の着替えとか換えのオムツとかも積み込んで、11時過ぎに高知市の自宅をしゅっぱ~つ♪

四国の南海上を高気圧が通過した関係で?当日の高知県、気温は12月とは思えないくらいに上昇。空気の澄んだ田舎だから、快晴だと日差しもチョー強烈で、ブルゾン着てたら汗ばむくらい。12時の時点で、気温は8月のサンフランシスコに近いレベルまで上昇。
(高知地方気象台発表で17℃超。日向では多分20℃超えてたと思う)
天気いいからお出掛け。って考えたヒトは僕達以外にもたくさんいたみたいで、この日はこの時期としては珍しいくらいの車が走ってた。そんな中、12時半過ぎに安芸名物の『野良時計』に到着。釜揚げちりめん丼は、野良時計の隣に建つ『高園茶屋』でも食べられる。野良時計は安芸市が管理する観光施設で歴史的建造物でもある関係で、無料の駐車場が併設されているので車で訪れる者には有難い。

龍馬伝効果で、最近の高知県は県外観光客がめちゃめちゃに増えてて、岩崎弥太郎の生家があり、中岡慎太郎生家からも近い安芸市は、高知県東部を観光する場合の拠点としても都合がいい。だから野良時計の駐車場は、県外からの車がたっくさん。
そんな中、駐車場の隅っこに車を停め、高園茶屋へと向かうmizzie家御一行。野良時計と高園茶屋はこんなカンジです。

Dscf6157fb

右側の建物が野良時計。左側の建物が高園茶屋。高園茶屋、靴を脱いで上がるお座敷席がメインのお店で、窓から見える庭園がとてもキレイ。
んで、そこで出された『釜揚げちりめん丼』はこんなカンジ。

Dscf6156fb

あつあつのゴハンに、たっぷりの釜揚げちりめんを乗せて、ゆず醤油をかけて頂く。釜揚げちりめん丼と、味噌汁、漬け物、デザートのゼリーが付いて、¥735円(税込)。これに煮物が付いた『ちりめん丼セット』は\800。
どちらもプラス\100で大盛りにしてくれる。

そのお味は、、、

チョー美味しいheart02

僕も、ななかも、大盛りにしなかった事を本気で後悔。
ひろめ市場の『カツオの塩タタキ定食』も¥800ちょいだったし、須崎の『鍋焼きラーメン』も\1000しないし、高知は¥1000以下でお腹を満たしてくれるB級グルメがめちゃめちゃに美味しい。

チョー美味しい『釜揚げちりめん丼』でお腹を満たしたmizzie & ななか & Jr.の3人は、野良時計周囲を少し散策して、それから北川村の『モネの庭』へと行く事にして、一旦駐車場へと戻り、今度は北川村へとしゅっぱつ。

(モネの庭編へ続く)

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)