趣味

2014.10.02

ヘルメット買い換えました

mizzieが愛用しているヘルメットは、まだレースやってた頃、所属チームのスポンサーだった㈱ホンダアクセス様から頂いた『レオス』と言うヘルメットだ。

全日本選手権を走っていた頃に貰ったヘルメットなので、強度も安全基準をクリアしているし、視認性は抜群。被り心地も良くデザインも良い。
で、居宅ケアマネになってからバイクで利用者様とか事業所とか訪問するようになって、クローゼットの奥で埃を被っていたそいつを引っ張り出し、手入れをして愛用していた。

ただ、僕が現役を退いたのは1998年。一般にヘルメットの衝撃吸収材は3~5年程度が寿命と言われているので、17年も昔に製造されたヘルメットを使い続けるのは、あまり良くないとは思っていた。

で、守銭奴保険会社(敢えて社名は秘す)との交渉で責任割合100対0を勝ち取ったので、「いい機会だからヘルメット新調しなさい!」って妻(ななか)からの許可も出たので、ヘルメットを新調する事にした。
(妻)「どのヘルメット買うの?」

(僕)「ちょっと高いの買いたい。」

(妻)「ちょっとくらい高くてもいいから、いい物買いなさいよ。」

(僕)「とりあえず今、特注品被ってる契約ライダーじゃない一般ユーザーが買えるヘルメットの中やったら、世界最高のヘルメットが欲しい。」

(妻)「どれ?」

(僕)「はっきり言って高いで。めちゃめちゃ高い。」

(妻)「だからどれ?幾らすんの?」

(僕)「AraiのRX7-RR5。125乗りとしては坂田さんレプリカ欲しい。定価だと¥64800」

(妻)「それはどれくらい良いヘルメットなの?」

(僕)「RX7-RR被ってて死ぬんやったら、世界中にあるどのヘルメット被ってたって死ぬわ。ってくらいに良いで。これ被ってて死んだんやったら諦めつくわ。って位にはえいヘルメットじゃ。」

(妻)「じゃあ、それにしなさい。」

って事で、長年の憧れだったRX-7RR SAKATA、遂に買っちゃいました。

↓これ

Img_4819

被り心地?

極上です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2011.12.30

サンタさんからの手紙

連休明け、職場の同僚から「子供に届いたサンタクロースからの手紙なんだけど、全文英文で日本語訳無し。mizzie英語出来るじゃない。訳してくんない?」って頼まれた。

趣味・語学。特技・英語。って言う、チョー異色の介護福祉士でもあるオイラ、その依頼を二つ返事でOKして、ちょいクセあるけど比較的きれいなhandwritingの筆記体で、便箋に書かれた手紙を持ち帰って翻訳に掛った。原文と訳文はこんな感じ。

[原文]

Dear Saori, Mio.

Merry Christmas!!
The winter has finally come to your town, but you might already have been longing for the next spring I guess. This year, and as usual, I sent millions of Christmas present to good girls and boys all over the world. Therefore, you received this lovely Christmas gift tonight too.
We, Santa association received the annual report called “Christmas gift qualification children’s list” last month, and I found two Japanese girls name “Saori Kisaragi” and ”Mio Kisaragi” on the report. We carefully examined the report and attached papers. In conclusion, Santa association decided to give this lovely Christmas gift for you.
You might doubt that how could we learn about your daily behavior. To tell you the truth, countless elves work for the Santa association, and they’re always observing and recording behavior of children in the world. Unfortunately, so many undesirable children such as plays the bully, steal someone’s items, and do not obey his/her parents and/or teachers are excluded the list each year.
In addition to this, I received a recommendation letter from your parents [perhaps your mother]. The letter told that you studied very hard, diligently practiced to Japanese fencing called Kendo, obeyed your parents or teachers, and didn’t break promises through this year. The letter also tells what kind of the gift you want. So, I chose the items for your Christmas gift. I can easily imagine your smiling face and it makes me happy, warm feeling.
Although Santa association’s code provides that we give Christmas gifts until 12 years old, I hope to see your name on the 2012 annual report again. Good luck to your studying, kendo training, and keep to being a good girl!!

Sincerely yours.  Santa Clause

P.S.
I apologize to send the English letter to Japanese of you. For us of Finn, reading and writing Japanese, especially Kanji is very difficult. Furthermore, all members of Santa association are extremely busy each December. As a result, members who can read and write Japanese couldn’t have enough time to writing a Japanese letter for you. However, I can read and write English. I heard that some Japanese can read and write English too. I think that your teacher, parents, or someone who can read and write English will translate this letter for you.


で、上の手紙をmizzieが日本語に訳した文が、こんな感じ。

拝啓、さおりちゃん、みおちゃん(仮名)へ

メリークリスマス!!あなた達の街にもとうとう冬がやって来て、だけどあなた達はもう、次の春が来るのを心待ちにしているのかもしれませんね。
今年も、そしていつものように、私は数百万個のクリスマスプレゼントを良い子にしていた世界中の男の子達や女の子達に贈りました。だから、あなた達二人も今夜この可愛いクリスマスギフトを受け取ったのです。
私達サンタ協会は先月、“クリスマスギフト資格児童リスト”と言う名の年次報告書を受け取りました。そして私はその報告書に、”きさらぎ みお”と“きさらぎ さおり”と言う二人の日本人の女の子の名前が記載されているのを見つけました。私達はその報告書と添付資料をくまなく精査した結果、あなた達二人にこのクリスマスギフトを贈る事を決定しました。
あなた達は私達がどうやってあなた達の日々の振る舞い等を知ったのか疑うかもしれません。実を言うと、数え切れない程の小妖精達がサンタ協会では働いていて、世界中の子供達のふるまいをいつも観察し記録しています。不幸な事に、弱い者いじめをしたり、人の物を盗んだり、両親や先生の言いつけを守らなかった多くの好ましくない子供達が、毎年有資格者リストから除外されています。
これに加えて、私はあなた達のご両親(恐らくあなた達のお母さん)からの推薦状も受け取りました。そこには、あなた達が今年は一生懸命勉強を頑張って、剣道、という名の日本式フェンシングの練習に励み、先生やご両親の言いつけをきちんと守り、そして約束を破ったりもしなかった。と書かれていました。さらに手紙にはあなた達がどんな種類のプレゼントを望んでいたのかも書かれていて、それで私はこれらをあなた達へのクリスマスプレゼントに選んだのです。私にはこれを受け取ったあなた達の笑顔を容易に思い浮かべる事が出来ますし、それは私をとても幸せで暖かな気持ちにしてくれます。
サンタ協会の規則では、クリスマスプレゼントを贈るのは12歳まで。と決められていますが、2012年の年次報告書で、またあなた達の名前が見られる事を期待しています。勉強に、剣道の練習に頑張って、そしていい子にしていて下さいね!

敬具 サンタクロースより

追伸
日本人であるあなた達に送る手紙を英語で書いた事を謝罪します。フィンランド人である私達にとって、日本語の読み書き、特に漢字はとても難しく、また毎年12月は私達サンタ協会にとってとても忙しい季節でもあり、日本語の使えるスタッフがあなた達に日本語で手紙を書くのに充分な時間を取る事が出来ませんでした。しかしながら、私も英語なら読み書きが出来ますし、日本人にも英語の読み書きの出来る人はたくさんいると聞きます。だからあなた達のご両親や学校の先生、または英語の話せる誰かが、この手紙をあなた達の為に翻訳してくれる事と思います。


ってカンジに手紙を日本語に訳して、受け取った訳文を読んだ二人、サンタからの手紙に大興奮&大感激してたそうです。

しかし、サンタも中々に粋な事をするなぁ。(^^)

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.11.27

I strongly request to the U.N.

My country[Japan] has 54 nucleur bombs. Those nucleur bombs are installed all over the country but Okinawa islands. In fact, those 54 nucleur bombs are never firing to other countries, never be used for  threaten neighbor countries. Therefore, Japan Govrnment, politicians of the perty in office, and power companies such as TEPCO have frequently insisted that "Japanese nucleur power plants are perfectly sefety!!"

っていう簡単な文を書くのに、滞米中なら3分も掛けずにさらさらと書いていたのに、今はそれの何倍も時間が掛かってしまう・・・。
自分の英語力の低下ぶりには愕然としてしまうし、はっきり言って落ち込みます。

最初はね、この国の政府と政治家とテクノクラートと経済界は腐ってて、自己の利益最大化、退官後の天下り先確保、賠償の最小化なんかの為に、数百~数千万人の市民とその(まだ生まれていない分も含めた)未来の子供たちの命を危険にさらしている。こんな腐ったエリートと経済人が支配する腐敗した経済大国に、国連は平和維持軍を派遣し政府と政治家と官僚をこの国から可能な限り早く排除してくれ!って内容の記事を全文英語で書こうと思ってたんだけど、自身の英語力低下故に、先ほど挫折して書く事を中断させてた次第です。

だれか続きを(英語で)書いて下さい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2011.05.30

台風一過を一家で楽しむ

May29 2011。この日の高知県は台風2号接近で、高知県下一円に強風が吹き荒れてた。
でも強風って言っても風速では20~40ktくらいしかなくて、そして午前中は強めだった雨も台風が最接近して来た14時ぐらいから土佐っ子感覚では小降り(時間雨量10mm以下)になって来たし、せっかくの休日に家にいてもする事も無いので、どこかにお出掛けしよう。って事になった。
じゃあ、どこに出掛けようか?って夫婦で考えて、でも道路が通行止めになるリスクがあるから山越えルートは使えない。だから、この強風の中でも着陸してくる飛行機を見に行こう。って話になって、高知龍馬空港の着陸がよく見える、物部川河口に行こう。って事に決定。家族3人で空港目指して車を走らせた。

台風が最接近していた15時頃は風も雨もめちゃめちゃに弱くなってて、室戸岬の辺りなんか雲が切れて青空見えてて、(もしかして、あれって台風の目!?)なんて思ったくらい。
ちなみに写真はこんな↓カンジ。

Dscf6360_for_blog

気象庁発表の台風情報では、この時間の台風2号、中心はもう少し南側にあるはずだから、これが台風の目である可能性は低いんだけど、青空の手前と奥では雲の流れる方向が逆になってて、それを見たオイラは思わず「龍の巣だ・・・」って呟いてしまって、妻から「ラピュタかよ」ってツッコミ入れられてました。(^^ゞ

14時~15時は風はそれほどではなかったんだけど、この時間帯に降りてくるはずだったDHC8の伊丹離陸がディレイになってて、そして高知発のB767は僕等が到着した時は既に離陸した後だったので、さらに雨と風が激しくなって来たので早々に退散する事にして車に乗り込んだ。

風雨強まって来たからこれ以後の便は欠航かダイバート(到着地変更)だろう、って思って空港を離れたmizzie一家だったんだけど、、、

帰り道、僕等は真っ直ぐ空港から高知市内の自宅へは戻らずに、桂浜経由で桂浜から1~2km程西にある、海沿いを走る県道14号線、通称『花街道』に寄って行く事にした。
ココは道路南側から堤防越しに、雄大な太平洋と砂浜に打ち寄せる豪快な荒波が見られる高知では有名なデートスポット。至近にラブホテルが林立してる事もあって、夏の夜はアベックだらけの場所。だけど今日は訪れたのが昼間だから、アベックに交じって家族連れとか結構沢山来てて、砂浜に寝転んで台風で荒れ狂う波をのんびり眺めてたり、小学校低学年くらいの子供が、波高5mくらいの波と戯れて遊んだりしてる。(さすが高知の子!)
で、僕も妻とJr.と3人で消波ブロックに腰掛けて、波打ち際で豪快に砕け散る荒波をのんびり眺めてたんだけど、台風は過ぎたみたいでどんどん風が弱くなって来て、んでネットで運行状況を確認したらANAもJALも高知行き便をどんどん離陸させてる。

「もいっぺん空港行こうか?今からなら17:40の767着陸には間に合うし。」

って話してて、そしたら飛行機好きのJr.が「ひこうきー♪(^0^)」とか言うから、もう一度空港に戻る事にした。

 

ところが!

高知龍馬空港に僕等が着いた頃には、台風への吹き返しの風で15時頃と殆ど変らないくらいの強風が吹き荒れて、Rwyエンドの吹き流しなんか強風で真横に流れてるくらい。周囲の木々も揺れまくり。波は波高が15時の4割増しくらいになってる。

(この風じゃ降ろせんやろぅ・・・)

なんて思ってたら到着早々に、ANAのDHC8-Q400が降りて来た‼
風にあおられて機体揺れまくり。対気速度は保ってるけど向かい風がキツいので、対地速度がめちゃゆっくり。

妻曰く、「事故を目撃するかと思った。 (((゚Д゚)))ガタガタ」って言うくらいの揺れ方で、風に機体を立て風上側の翼を下げて、懸命に機体を安定させながらLandingするDHC8を見ながらオイラ、(さすがエアラインパイロット・・・)って関心してました。

定時通りなら離着陸が続く17時~19時の高知空港、DHC8が降りたと思ったらもう、タキシーウェイをJ-AIRのCRJがタキシングして来た。騒音の事もあって、余程の事が無いと離陸にRwy32は使わないんだけど、北よりの強風が吹く5月29日の高知龍馬空港、離陸に32使うみたいです。

離陸滑走でも風に流されてたCRJだけど、何とか無事に離陸して、ほっと一息。そしたら今度は17:40高知着のB767が、定刻20分ちょい遅れでやって来た。

こっちは機体を視界に捉えてから、機がRwyを出るまでの画像だからちょっと長いけど、強い向かい風で対地速度がめちゃゆっくりになったB767が、ぐらぐらと揺れながら降りてくる樣は中々に見応えアリでした。動画だとちょっと迫力無くなっちゃうけど、生で見るそれは結構スゴかったです。

これを見た後は特に見たい事も無かったので、そして飛行機大好きなJr.もとりあえずは満足してくれたみたいだったので、滑走路端の延長線上にある水門を離れて、近くにある展望台から物部川河口に打ち寄せる波を10分程ぼんやりと眺めてから、のんびり帰路に着いたのでした。

おまけ 物部川河口に打ち寄せる、台風2号による荒波

動画は全て僕が撮影してて、んで動画に入ってる声は、その殆どが僕とJr.の声です。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2010.08.08

(暇つぶしに・・・)書いてみた

最近はずっと、家事と育児と仕事と勉強に追われて超多忙な日々を過ごしてるオイラなんだけど、
今日は仕事がお休み。だけど家を遂にオール電化にする事になって、今日はその工事の立会があって何処にも出掛けられず。

で、空いた時間にちょこっと、小説なんぞを書いてみた。
昔書きかけでほったらかしになってたヤツがあったので、それをもうちょっと書き込んでみました。
評判が良かったら推敲してからさらに続きを書いて、何か賞に応募してみようかな?とか考え中。

なので、良かったら読んで、感想を聞かせてね。
mizzie

タイトル
『ワイバーン空戦記』

第一章

 教官の坂田巧三佐は耐G服を脱ぎもせず、殺風景な教官室のデスク端に腰掛けたまま、ふてくされた表情でデスク上に広げた紙切れを見つめていた。一枚の紙切れをつまみ上げた坂田が深い溜息をついたその時、扉の開く音と共に、飛行服姿の林佳幸二尉が教官室へと入って来た。

「三佐、何を見ているんですか?」

 坂田が机に足を投げ出していない事に小さな驚きを感じながら、林は坂田に聞いた。

「来週配属の訓練生の資料だよ。林二尉も見るか?しかし、こんなのが来るようじゃ、もうこの戦争は負けだな・・・。」

林二尉は渡された資料をざっと見渡し、そして驚いた顔で、

「何と!女の子じゃないですか!!」

と、小さな叫び声を上げる。
林に資料を渡し、いつものように机に足を投げ出した坂田は不満気に、

「しかも17才と来た。学徒動員で、飛行適正のある小僧どもを戦闘機乗りにするって噂にゃ聞いてたけど、まさか女の子まで来るとはね・・・この調子じゃ、来年は小学生が来るぞ。」

 と呟きながら、紙コップに入ったストレートティーをぐいっ、と飲み干す。

「飛行適正って、あのシミュレーターの奴でしょ?あれでいい成績出したって言ったって、華奢な女の子、実機なんか乗せたら、Gで体なんかバラバラになっちゃいますよ。」

林二尉はそう言って、資料を坂田に手渡す。坂田は資料に貼られた写真を見ながら、

「このキャワイイお姫さまを、8年前にT―4でフランカーを墜とした、この俺様のスーパーテクで一人前の戦闘機乗りにしろってさ・・・。」

と、自嘲気味に呟く。

「T―4でフランカー墜としちゃうような凄腕が、何でこんなトコで教官なんかやってんスか?」

呆れた、そして意地悪な視線を坂田に投げつけながら、林が尋ねた。

「そりゃお前ぇ、ウィングマン(僚機)の事を敵機だって間違えて送信してきた、レーダーサイトのコントローラーで群司令のバカ息子を、俺がタコ殴りの半殺しにしたからに決まってるじゃねぇか。」

悪びれるどころか自慢気味口調で、坂田は林にそう答える。

「そんな事もあったんですか?僕はてっきり、群司令の息子がしつこく言い寄ってたって言う、204飛行隊管制課イチの美女と、教官が結婚したからだとばかり・・・。」

「それが原因だったら、俺は飛行学校じゃなくて、空挺部隊に転属されてるよ。それでウェーキ防衛戦辺りに回されて今頃、愛しい美しい妻は未亡人さ。」

そう言い捨てると坂田は、ベレー帽を顔に乗せて昼寝を始めた。
林二尉は、「やれやれ」と小声で呟きながら肩をすくめ、ロッカーにブルゾンを突っ込むと教官室を出た。

第二章

簡素な机が並んだブリーフィングルーム。4人の訓練生達が耐G服を着て並んで座っている。壇上では坂田が指示棒を片手に、黒板に書かれた訓練内容を説明している。その時ドアが開き、礼装用軍服に身を包んだ髭面の基地司令官、山県雄二空将補が教室に足を踏み入れた。空将補の後ろには、真新しい軍服を着た、清楚な顔立ちの少女が不安げな表情を浮かべて立っている。

「坂田三佐、昨日通知した新しい訓練生だ。さ、キミも自己紹介したまえ。」

言われて壇中央に進み出た少女は、部屋にいた一同を見渡した後で、

「今日から、田村基地所属航空学生として配属されました、谷村真由二等空士です。色々と至らない所もあると思いますが、何卒よろしくお願いします。」

と、意識を集中して耳をすませていないと聞き洩らしそうな、可憐と言えない事も無い様なか細い声で言った。
少女と空将補に教壇脇へと追いやられる格好になった坂田は、谷村空士が自己紹介を終えると、(ああもう面倒くさい・・・)と言った表情で、

「皆も先輩として、色々と教えてやってくれ。谷村空士だったかな?訓練は早速明日から始めるから、今日は部屋でゆっくりと、長旅の疲れでも癒していてくれたまえ。」

と言うと谷村空士に背を向け、基地司令官には軽く会釈して、訓練内容の説明に戻った。空将補と谷村空士が教室から出て行った後、「カワイイ新入生じゃねえか」などとささやき合っていた訓練生を、坂田は相手が石化してしまうのではないのか?と思える位に厳格な視線で睨みつける。

谷村空士と廊下を歩きながら山県空将補は、

「訓練生は通常二人部屋なんだが、谷村君は女性だからな、我々としても特別に個室を用意しておいたよ。」

と言って、廊下の突き当たりにあるドアを開ける。

「さ、ここが訓練中の君の部屋だ。使ってなかったゲストルームを急遽修理したので不具合があるかもしれんが、バスルーム付き個室、訓練生には破格の待遇だぞ。訓練は明日の朝から。9時にブリーフィングルームで、今日挨拶した坂田三佐からの訓練内容説明を受ける事。」

空将補はそう言うと谷村空士の背中を軽く叩き、そして部屋を出て行った。谷村は部屋に入ると鍵を掛け、荷物を下ろして部屋をざっと見渡すと、

「きったない部屋だけど、男と相部屋にされちゃうよりはマシね。」

と呟き、掃除用具を前にして腕まくりをする。

 

 

ってお話を即興で考えてみました。
一応、オイラの頭の中にはこの後の展開も出来あがってて、

この後、猛訓練で戦闘機乗りとしての才能を開花させた主人公は最短期間で訓練教程を終了。だけど戦況は悪化して、訓練基地が防空基地に変更となって、その基地に配属となった主人公が次々と武勲を立てて、、、

ってのを考えてます。この骨組みに上手く肉付けして、賞金稼ぐ事出来ないかな?とかヨコシマなコトを考え中。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2009.01.26

オイラが作ったプラモデル

コネタマ参加中: あなたが作った自慢のプラモデル教えて!

 

プラモデル、、、

色々作ったなぁ。でも『人と同じ事』がダイキライなオイラ、ガンプラとかにハマった記憶は無い。そりゃあ幾つかは作ったんだけど、皆が夢中になってた奴とかにはあんまり興味が無くて、ジムとかマゼラン艦とかを作ったくらいだ。

小学生の頃には旧日本海軍の軍艦を作るのにハマってて、戦艦大和から始まったそれはどんどんディープな世界に進んで行って、メジャーな戦艦とか空母とかじゃなくって、駆逐艦島風とか、重巡洋艦鳥海、足柄、筑摩、なんてマイナーな艦ばかり作っていた。
ミリタリー物の模型は結構好きだったオイラ、艦船と航空機はよく作っていた。戦闘機もマイナー好きだったオイラ、第二次大戦機だとメジャーな零戦よりも九七式艦上攻撃機とか紫電改が好きだったんだけど、でもジェットは最新型が好きで、F-15イーグルとかF-14トムキャット、F-16ファルコン、F/A-18ホーネット。一番作ってみたかったのはSu-27フランカーなんだけど、オイラはこれの模型を最近まで見た事が無かった・・・。

ミリタリーもの以外で作ったのは日本のお城のプラモデル。姫路城とか熊本城、松本城、あとバイクのプラモデル。原田哲也仕様のYZR-250とか、ウェイン・レイニー仕様のYZR-500。

色んなプラモデルを作って来たオイラだけど、今は時間も資金も無いので作っていない。
ただ組み立てるだけならそんなにお金は掛かんないんだけど、いい歳した大人となった今、もし作るのならそれなりに塗装とかも凝った、人が見ても「おおっ!!」ってなるようなものを作りたい。
そうなるとそれなりの時間と資本が必要な訳で、とてもじゃないが、今の僕にはそんな余裕はないから作らない作れない。

次の新しい模型製作は、引退してからの楽しみに取っておく事としよう。その頃にはきっと、タイヤの無くなった浮遊走行をする自動車とか、カナード翼の戦闘機、大気圏外用の航宙機とか、スペースコロニーの模型、星間連絡船とかの模型が売られているんじゃあないのかな?

| | コメント (0) | トラックバック (1)

2008.11.15

タマにはバイクの話もしよう。 ハイオク入れてもパワーアップなんかしないよ。

16歳の頃、

バイクの免許を取った友人達とバイクの話をしていた時、当時の友人達がよく言っていたのが、「やっぱりハイオクはパワーが違う!」って事だった。リッター辺りで1割近く高価なガソリンで、TVCMでもパワーが上がりそうな事をガンガン言っているハイオクガソリンは、当時は高校生だった僕達にとって、それを入れるだけでバイクの最高出力が上がったり加速が良くなったりする、魔法のアイテムに思えた。

「ハイオクは加速感が違う!」

「ハイオクは最高速も上がる!」

なんて言ってたまだガキだった僕等だが、これもいわゆるプラシーボ効果って奴だったのかな?なんて、ライダーとして国際ライセンスを得て全日本選手権を走り、メカニックとして鈴鹿選手権で年間チャンピオンも獲ったオイラは思う。

マシン工学と化学の両面から考えた場合、レギュラーで走っていた車・バイクに、ハイオクを入れただけでパワーが上がるなんて事はあり得ないのだ。理論的に考えたら、ハイオクを入れるとパワーが下がるはずなのだから。

ハイオクガソリンとレギュラーガソリンの違いってなんだろう?

一番大きな違いは、オクタン価の違いだ。一般市販されているガソリンの場合、レギュラーガソリンはだいたい89~92オクタンくらい。対してハイオクガソリンのオクタン価は98~100だ。オクタン価というのはガソリンの燃えにくさを表していて、数値が高いほど燃えにくい。つまり、ハイオクよりもレギュラーの方が燃えにくい。燃えにくいとどうしてパワーが出るのかと言うと、エンジンのパワーを上げる為には圧縮比を大きく、つまり燃焼室容積を小さくしないといけないのだが、圧縮比を大きくし過ぎると、圧縮されて発熱した混合気が点火前に自然発火してしまい、上がってくるピストンが上がりきる前に押し下げる方に力が掛かるので、ポンピングロスが大きくなってパワーがダウンする。そして異常燃焼は正常に点火した時よりも熱が上がるので、自然発火による混合気の早期点火を繰り返していると、エンジン内部が高温になり過ぎて溶けてしまう。だから、ハイパワーエンジンには高オクタンガソリンを必要とするのだ。

ハイオクガソリンでないとエンジンが壊れてしまうレーシングエンジンとは違い、レギュラーを使用する可能性もある事を前提に設計される市販車のエンジンは、レギュラーガソリンでも異常燃焼を起こす事が無いような圧縮比の低い設定になっている。

レギュラーガソリンでも大丈夫なくらいに低い圧縮比に設定されたエンジンに、レギュラーよりも燃えにくいハイオクガソリンを入れるのだ。そんなのパワーなんて出る訳が無い。実際、過去にあるバイク誌がレギュラーとハイオクで50mダッシュでの比較テストをやった時、その数値はハイオクの遅さをはっきりと表していた。

ハイオクしか使えない設定をされたエンジンで無い限り、ハイオクを入れるとパワーがダウンするのだ。そして、ハイオクでしか使えないエンジンにレギュラーを入れた場合、エンジンは確実にぶっ壊れてしまうのだ。

ハイオクガソリンにレギュラーガソリンよりも利点があるとすれば、洗浄剤が添加されているのでエンジンの燃焼室内がきれいになる。と言う事くらいだろう。

だからもし、「ハイオクはやっぱりパワーが出るよな!」なんて得意気になって知ったかぶりしてるやろーがいたら、心の中で笑ってあげよう。

 

 

 

この記事は色んな人に見せる価値がある。 
って思った人は(思わなかった人も)、応援クリックを宜しくお願いします。


人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

ついでにこっちにも投票していってね。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2008.10.04

報われない努力

まだ僕がバイクレースをやっていた頃、

僕はレース仲間達から、「mizzieは努力家だね。」って言われていた。実際、全日本選手権でチャンピオンになって世界グランプリに行っちゃった先輩以外には、僕は努力量で負ける気がしなかったし、僕の人生で後にも先にもあんなに努力をした事は無かった。
学生時代は英語が常に赤点だった僕が、猛勉強してアメリカで大学で学んでいた頃もめっちゃくちゃに努力していたけれど、多分その時よりも、レースをやっていた頃の方が努力をしていたと思う。

そうやって、レースの世界でとんでもないくらいに努力して、僕が得た哲学は、
『結果では絶対に報われない努力もある』
と言う事だ。
もちろん、頑張った事は自分の中で蓄積されるから、将来、それ以外の分野で役立ったり報われたりする可能性はある。しかし、目から火花が出るくらい頑張ったからと言って、必ず好結果が残るとは限らないのだ。

芸術、スポーツ、仕事、学問、生活、恋愛、分野は問わない。この世に存在する全てにおいて、『絶対に報われない努力』と言うものは存在する。37年の僕の個人的経験という狭い世界でも、そんな経験はいくつもある。
全力で頑張る。好結果を、好反応を期待して、自己犠牲と献身を捧げて尽くす。しかしそれはいつしか”当たり前の事”となって、全力と自己犠牲と献身が”無い方がおかしいし、無いのなら君なんかいらない”となってしまう。それは恋愛では、よく見られる風景だ。好反応を、好結果を期待して自己犠牲と献身を捧げたら、相手から「重い。」って言われてうっとおしがられる。これも、恋愛では良くみかける風景だ。

ちょっと話がズレてしまったが、好結果を得たくて、少しでも改善させたくて、意欲的に、献身と自己犠牲でそれに尽くしても、相手は確実に悪化を続けて行く。緩やかに機能低下を来し、反応低下を来し、そして無反応になって、最後は全てが無に帰す。

自分の無力感を、絶望感を、徒労感を押し隠し、”陽気で明るくてノーテンキな自分”と言う仮面を被って、陰鬱に沈んで行こうとする相手を少しでも引き上げようと振る舞う。
「mizzieはタフだよね。」
「mizzieさんは優しいですね。」
「mizzieさんはホントに親切ですよね。」
「mizzieいつでも元気やね。」
「mizzieは落ち込むって事が無いの?」

そう人は言う。関わる殆どの人達のネガティブなエナジーを、僕はその内側にアブソーブしているんだと思う。それを自分のキャパシティー以上にやってしまった人間が、自分を壊してしまう事は心理学が学術的に証明しているんだそうで、そう言った人達の中で鬱積したネガティブエナジーのリリースバルブとして、専門のトレーニングを受けたカウンセラーさんが対応するんだと思う。

オフィシャルで、プライベートで、関わるほぼ全ての人達のネガティブエナジーを受け止めて、ポジティブに焼き直して送り返してきた僕は、時々、自分が焼き切れそうになっているのを感じる時がある。

昔、付き合っていた女性が僕の事をこう言った。

「あなたは、(あたしには)重すぎる。」

どうやら、重力磁場を捻じ曲げてしまいかねないくらいに重くなってしまった僕を、丸ごと受け入れられる場所なんてこの世界にはどこにも無いようだ。
少なくとも、自由民主党みたいな弱者を踏み躙る事を至上の喜びとするような政党を、国民が自らの手で選ぶような社会には無い。


そりゃ僕だってタマには、弱音の一つくらい吐きたくもなるさ。
そんな僕だけど、応援クリックを宜しくお願いします。


人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

ついでにこっちにも投票していってね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.06.27

再会

『ウェディング・フォト・コンテスト』、5位になったと思ったら10位に急降下してました。
って事で、皆さんの応援クリックをお願いします。
投票はhttp://season.nifty.com/cs/summer0805photo/detail/080523024168/1.htm
で出来ます。一人何回でも投票出来るから、
どんどん応援してね!

って事で、↓から今日のエントリーです。

  

 

 

鈴木祥子がだ~い好きなオイラだけど、その祥子さんの初期(1988~1990)のアルバムに収録された曲が、当時のPVやライヴ映像の収められたDVDとセットの3枚組となって発売された。

『SHO-CO-SONGS collection 1』 

祥子さんファンなオイラは、迷うことなく即買い!
アマゾンから届いた箱を開けて、珠玉の名曲達を早速鑑賞する。

初期の祥子さん作品には、今みたいなくっきりとした『鈴木祥子の音楽』的なのは無くて、当時の祥子さんはまだ、EPICの販売戦略に沿って・従って歌うだけで、まだ何をやりたいのかもはっきり掴めてはいなかった様で、今の鈴木祥子しか知らない人には、「わぁ!翔子さんにもこんな時代があったのね!」って思うだろうし、初期の祥子さんが気に入ってたファンには、中期以降の独特の路線を突っ走る祥子さんには着いて行き難かったかもしれないな。なんて僕なんかが聴いていると思う。

な~んて音楽批評的な事は、僕には出来ないしやらない。

ただ、過去に親しんだ音楽を聴きながら、僕は少し、しんみりとした気分で感傷に浸っていた。

祥子さんが’88~’90に発表したこれらの曲を、91年に鈴木祥子を知った僕はリアルタイムでは聴いていないんだけど、92年頃にはすっかり祥子さんの大ファンになっていた僕は92年以降、それはもう、ヘビロテどころじゃないです。ってくらいに聞きまくっていたんだけれど、あれから十数年の時が流れた今、それらの曲達を聞いていると、当時の記憶がフラッシュバックみたいに蘇って来るのだ。

91年~92年頃って言うのは、僕は四国のミニバイクレース界ではかなりブイブイいわしていた頃で、四国内のレースでは常にトップ争い。今はGPレーサーになっちゃったアイツにも何度か勝ったりもしていて、当時の僕はさらにハイレベルな闘いの場を求めて、当時、ミニバイクレースでは関東ミニバイク選手権と双璧をなす。ってくらいにレベルが高かった、大阪の堺カートランドで開催されていた、オールジャパン・ミニバイクレースに参戦していた。

堺カートランドなら、高速を使わなくても前日22時ごろに高知市を出発すれば、翌朝6時には着いていたので、当時の僕はほぼ毎週、高知から大阪の堺カートランドまで高速道路を使わずに通っていた。その頃、夜中に国道192号線を走る僕が車内でいつも聴いていたのが、鈴木祥子さんの『Long Long Way Home』だったのだ。

この曲達を聴いていた頃、僕は夢と希望にあふれていて、その夢はいつも、顔を上げれば頭の上でキラキラと輝いていた。まだ何も知らなかった無知で未熟な少年だった僕は、「絶対にレースで食えるようになる!」って信じて、その為に全てを捧げてた。当時は原田哲也選手とか、上田昇選手とか、坂田和人選手とか、若井伸之選手とか、日本人のGPライダーが次々と誕生して世界の舞台で大活躍していて、そして国全体にはまだバブルの熱気が残っていて、「全日本選手権でトップになれたらGPに行ける!」「GPまで行けたらレースでメシが食える!」みたいな雰囲気がレース界にはあって、僕みたいな若い連中が何百人も、レースと言う賭場にその人生を載せていた。

僕はその後6年を掛けて全日本選手権まで這い上がったんだけど、その頃にはもう、「ただGP行くくらいじゃレースでは食えない」とか、残酷で切実な現実が見えていた。そこには夢も希望も何にも無くて、金と欲望にまみれた守銭奴の漁場があるだけだった。

まだ、そんな現実に直面する事も、そしてレーシングライダーとしての自分の限界を知る事も無く、ノー天気に仲間たちとサーキットのパドックで夢と希望を語ったりしてた1992年。若過ぎて何にも判らなかったあの頃、僕はまだ本気で、「信じ続けられた夢は、きっと叶う」って言葉を信じていた。

(夢を追い続けるには、コストが必要だと知ったのは、それから随分経ってからの事だ。)

 

『SHO-CO-SONGS collection 1』は、そんな記憶と僕を再会させて、そしてほんのちょびっとだけ、僕を切なくしてくれた。

もちろん、祥子さんの曲はとってもとっても素敵なんだけどね。
11月に出るCollection 2と、来年3月に出るcollection 3も買っちゃおうっと♪(^^)

 

 

 

今日も、応援クリックを宜しくお願いします。

人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪

ついでにこっちにも投票していってね。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2008.03.31

書いてみた

ななか姫の話だと、「mizzie、こないだ寝言で英語話してたよ。」って言ってたけど、滞米中は英語の夢を見てたのに、今じゃ夢はフル日本語なmizzie。
帰国して2年が過ぎて、自身の英語力低下が凄すぎるので、タマには英語も使っておかないと錆び付いちゃう。

って事で、英語でちょっと書いてみた。お題は「英語の有効な勉強法」
文法ミスとか指摘されたら恥かしいので、訳文は付けません。(^^ゞ

Hi,this is mizzie.
You're reading to Web Mizzie's Cafe issue#990. Today, I'll introduce you useful method of learning English for Japanese.
In Japan, You can see so many advertisement of learning English such as English learning machines, English conversation schools, and so on. In my opinion, most of them are too expensive and helpless. Furthermore, some of them are completely useless and wasting money.
However, incredible member of Japanese spend their money and time these useless studying.
If you want to speak, listen, read, and write English. I strongly recommend you to read English books. Nowadays, English books can get very easily in Japan. Most bookstores sell various English books for children, adolescent, and  adult. If your English skill isn't good yet,I recommend you to read English picture books or children's story. If you have 450 or more TOEFL score, I suppose that you can read English magazines or short stories. If you keep on reading, your English vocabulary and grammar skill will increase gradually. Someday, you'll realize that you can read and understand high-level English novels or treatise.
Learning foreign language is really fun. In addition, you'll get various knowledges that  massmedia never mentioned.

 

 

 

Please click to the following sentence.
人気ブログランキング

Please click to following "one click fund-raising" also.

and vote the below also.

| | コメント (0) | トラックバック (0)