日記・コラム・つぶやき

2017.12.22

それはパワハラです

知人から仕事の悩みについて相談を受けた。

話の概要はこうだ。

新規雇用された彼は入社直後、

仕事への不慣れから小さなミスを何度か起こし、

それ以降、上司は事あるごとに、

「あいつは1から10まで全部教えんとわからん。言われたら言われた以上の事を察して判断して仕事をするのが当然やのに、ホンマに使いもんにならん奴や」

と、彼の業務処理能力の低さを同僚や他部署の社員にまで言いふらす。加えて、

「アイツにやらせても何も満足に出来んから」

と、その直属の上司は彼に何も教えず何も任せてくれなくなり、結果、職場に居場所がなく出勤する事自体が苦痛になっていると。

 

仕事は任せた方にも任命責任があり、部下を一人前の職業人に育てるのは上司の役割だ。

それを放棄し失敗を全て部下の個人要因にして精神的に追い詰め、心を病ませて使い捨てる。

まるでブラック企業だ。

とりあえず私は彼に、

「あなたが今受けている事はパワーハラスメントだよ。小さな会社じゃないんだから、セクハラ・パワハラ相談を受けつける部署があるはずだから、まずはそこに相談しなさい。労災病院の電話相談か法テラスでも相談は受け付けてるし。それと、いつ、どんな事を言われたのか、聞いたのか、全て記録に残しなさい。泣き寝入りは次の被害者を生むだけだし、記録と証言と診断書があれば、裁判したら勝てるよ。」

と助言しておいた。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.21

行かせたくない

少し前、海上自衛隊の護衛艦一般公開へ家族で出掛けた。

隊員は曹士から士官に至るまで実に丁寧で親切、見学に訪れた市民を楽しませようと、細やかな所まで気遣いながら私達をもてなしていた。

自衛隊の存在については各論あるが、

自衛隊は米国の東アジア戦略に組み込まれる形でなし崩し的に強化・拡大を続け、しかし同時に、

「国土と国民を守る」

使命の元で、災害時など様々な場面で活躍し、

多数派国民からの信頼を得てきた。

日本と日本人を守る為に彼等が示した実績は、

自衛隊には原則反対の立場の私ですら一目置くまでになっている。

 

その彼等が今、安倍政権が国民の合意無く強行採決させた安保関連法案によって、同盟国(それはほぼ全てアメリカだ)の戦争に加担する事が任務に書き加えられた。

さらに、安倍政権がメディアを操作し合意を捏造してまでして成立を目論む憲法改正によって、「国土と国民を守る」自衛隊は、

安倍晋三と彼の支持基盤への利益誘導の為に、

海外で殺し殺される集団に変貌させられようとしている。

これまで、反対派の白眼視に晒され罵声に耐えながら、

日本と日本人を守る為に日夜訓練に励んできた自衛隊は、

今後は軍需産業の利益最大化と、

アメリカの国益を守る為に、

海外で殺し殺される集団になるのだ。

 

一般公開の日、

「出港の時はこう吹くんだよ」

と言って息子の前でラッパを吹いてくれた若い隊員は、

とても澄んだ綺麗な瞳をしていた。

あの青年をアメリカとそのおこぼれに群がる腐った政治屋達の為に海外の戦場へ行かせるなど、私は絶対に反対だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.17

もう二度としません

飛行機好きのウチの息子は、

擬人化された飛行機が世界一周レースをするアニメが大好きだ。

中でも主人公のコーチ役となる戦闘機がお気に入りなのだが、

歴史好きな私にとって、それは胸に痛みを覚える事でもある。

「あれかっこいいね!」

と言う息子に私は、

「うん。あの飛行機はコルセアっていう戦闘機ながやけど、

コルセアは昔ね、日本人をいっぱい殺したがで。」

と答える。

「いかんねぇ」

と言う息子に私は、

「あの飛行機が悪いがやないがやき。悪いがは戦争やき。

(劇中で)コルセアの編隊を皆殺しにした戦艦、

あれ日本の戦艦やき。」

と言う。

私の話を神妙な面持ちで聞く息子に私は、

日本とアメリカはかつて戦争をしていた事、

二つの国はお互いに殺し合い、

数百万人が殺された事、などを伝えた。

「いかんねぇ。」

と言う息子に私は、殺し殺された日本人もアメリカ人も、

それは全て国の命令に従ってやった事で、

本当はそんな事などしたくなかった事、

しかし戦争になったら国の命令には逆らう事が出来ない事、

本当に悪いのは戦争だと言う事を伝え、

最後に、戦争でたくさん殺し殺された日本はそれで深く深く反省して、

『もう二度と戦争はしません』

と世界中に宣言した事。

それが日本国憲法と憲法9条なんだと伝えた。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.16

高齢者マンション

建設中の高知市民図書館。

その新図書館横に、西敷地と呼ばれている市有地がある。

一部勢力はあの場所を高齢者用の高級高層マンションにして、

都市部に住む高齢の富裕層を高知へ呼び込もうとしているそうだ。

そしてその案は、

高知市と市民にとっての案を考えている中心市街地活性化委員会や、

市民団体に後押しされた多数意見をも蹴散らして、

市政に強力な発言力を持つその勢力によって押し通されてしまう危険性がとても高いらしい。

しかし高齢者対象のマンションを作っても、

基本的に高齢の入居者は通院以外では施設外には出ないので、

あの場所を富裕層対象の高齢者マンションとしたところで、

中心市街地の活性化には全く役立たない。

さらに高知市には既に、

平均的な老人ホーム並みの低料金で、

高級老人ホーム並みの施設とサービスを提供している施設が幾つかあり、

市の支援であの場に施設を誘致する事は民業圧迫以外の何物でもなく、加えて、現在でも介護施設は職員が集まらず、

入居枠には空きがあるのに人員基準が満たせず入居者を受け入れる事が出来ない施設だらけの状態で、

仮に定員100人の高齢者マンションを作っても、

人員基準を満たせるだけの職員が集まる保障はどこにも無い。

新図書館西敷地を高齢者マンションにする事は、

建設会社と彼等を支持基盤とする一部勢力が、

濡れ手に粟の利益を手にするだけで、

高知市と市民にとっては百害あって一利無しだ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.12.15

朝日新聞の嘘?

匿名の集団達による、
「朝日新聞、テレビ朝日の言う事は全部ウソだ!」
と言った、朝日バッシングが止まらない。

それだけでなく、
朝日新聞を批判する『大東亜戦争肯定派』の人達は、
朝日新聞の虚偽報道を根拠に、
慰安婦問題での日本軍の関与と強制性を認め謝罪を表明した、
「河野談話」
を否定しようとしている。
しかし、これは主張の根拠からして間違っている。 

河野談話はその成立過程から、
朝日新聞が取り消した「吉田証言」を全く根拠としていないのだ。
河野談話作成に直接関わった当時の官房副長官、
石原信雄氏は報道に対し、


「河野談話作成の過程で、吉田証言を直接根拠にして強制性を認定したものではない。」

と明言した。

慰安婦募集に当たっての強制性の有無はとても重要な問題なので、
当時の日本政府はとても慎重・詳細に、
強制性を検証する為の聞き取りを行い、

他の証言記録や資料も参照した上で、
慰安所における強制使役と、
慰安婦募集の過程で強制性があったことは間違いない。

と判断したのだ。

吉田証言取り消しに乗じて河野談話を攻撃し、
朝日新聞を「国賊」とののしる者達だが、
歴史を偽造しようとしているのは、一体どちらなのだろう?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2017.05.01

(連休前半は)家族で釣りに行ってきました。

連休前半の30日、日曜日。
予定が一つキャンセルになっちゃったのと、他に特に予定が無かったので、

高知市から車で約40分の所にある、
『宇佐しおかぜ公園』
に釣りに行ってきました。

ここ、かつて、まだ結婚する前のmizzie & ななかが、ホエールウォッチングで来てた場所。
ホエールウォッチングの乗船場の辺りで、親子でのんびり釣り糸垂れてきました。

mizzieのホームである高知は、釣りとサーフィンと林道ツーリングやる人にとっては「ぱ~らだ~い~す♪」なので、高知市中心部から車で40分のこの場所も、結構簡単に色んな魚が釣れます。

当初は、食べて美味しいので「サバゴ」狙いだったんだけど、サバゴを3匹釣った辺りからガシラが入れ食いになって、納竿までにガシラ15匹、サバゴ3匹、25cmくらいのフグ(たぶんクサフグ)、ヨコスジイシモチ、ネンブツダイ各1匹、の合計で21匹釣れて、

サバゴ以外は逃がしてあげようかな?って思ったんだけどJr.が「持って帰って食べる!」って言うので、

フグ調理師免許なんかないから、食べる事がハイリスクなフグはリリース。

ヨコスジイシモチとネンブツダイも美味しくないのでリリース。

残りは持って帰って捌いて食べよう。って事になって、
しおかぜ公園の売店兼レストラン兼ホイール絵ウォッチングのチケット売り、
な、美人のオネーサンから氷をたくさんもらったので、クーラーに入れて持って帰りました。

んで、から揚げにして美味しく頂きました。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.06.02

震度7は凄かった・・・

30年以内に、90%以上の確立で巨大地震に襲われる。と言われている高知県。地震の啓発と準備には余念が無い。

その高知でこの週末に、国、県、市町村が合同で行う防災訓練があった。国、県、自治体の連携を訓練する事で総合的な防災体制の確立を図る。と言う目的のもとで、消防団(自治体)と、警察(県)、自衛隊と海上保安庁(国)が、合同で訓練を行う。自治体が救助した重症患者を、県の防災ヘリで病院船として洋上待機する護衛艦まで運ぶ、とか、そんな訓練をやっていた。

当日はメイン会場で地域防災フェスティバルが併催されてて、こちらは「楽しめる」事を前提にして行われていたので、mizzie家族もこちらに出掛けてきた。

大型救急ヘリの離陸シーンとか、CH-47の会場上空をローパスとか、普段はめったに見られない様なシーンに息子は大喜び。

で、オイラがいちばんやってみたかった「地震体験車』体験コーナー。

閉会間際に行ったら大分混雑は解消されてて、(会場到着直後は30分待ちだった)ウェイティング2番目で体験者にエントリー♪Jr.と二人、余裕の表情で動き出すのを待つ。

「カタ、カタカタカタガタガタ」

揺れ始めた「ただ今の震度」モニターには、震度4と表示。

ガタガタガタガタガ!!

震度6弱。かなり揺れて来た。私は地震体験車内で椅子に座っていたのだが、何かに掴まっていないと椅子ごとどこかへ行ってしまいそうな感じ。床に固定されたテーブルの脚を掴む。そうしていると、モニター表示が「震度7」に変わった。

 

 

ガタガタガタッ!!

 


!!!!!?

 

な、なんじゃこりゃああぁぁ!?

 

体験車内のテーブルは床にボルト止めされているので、それを掴んでいるからかろうじてその場にいられるが、縦揺れで体がピョンピョン跳ねて、机の端を掴んでいる。以外には何も出来ない。
(こんな揺れ、家具固定も13mmのアンカーピンで床にボルト止めでもしとかな意味無いで)
体験車内で激しくシェイクされながら、私はそんな事を考えていた。とにかく揺れ方が半端無く凄いのだ震度7。「揺れる」というよりは「シェイクされる」と言う方が表現としては適切だ。

30年以内に90%の確率で起こると言われている、次の南海トラフ地震。予測される最大規模の地震が来た場合、その強さはマグニチュード9.0、震度は7、揺れの時間が180秒超と言われている。
我が家の地震対策、家具固定に関しては全面的に見直す必要がある。それを実感させられた、地震体験車試乗だった。
いや、マジで揺れ方ハンパじゃないです震度7。

でも、神戸とか福島の人達って、あれを実体験させられてるんだよね・・・。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.05.14

The battle with the insurance company(保険会社との戦い)

地道に、保険会社との賠償交渉は今も続いている。

自己中心的で横柄で傲慢な理論をふりかざし、賠償交渉や法律に関する知識の薄いシロウト相手に、自分の払うべき賠償を最小化させ、受け取る賠償は最大化させてきたクソ保険会社(敢えて社名は秘す)が、妻が被害者となる交通事故で補償交渉を一手に引き受けた僕に対しケンカを売って来たのが2月下旬。

シロウト相手だからと得手勝手な屁理屈を振りまわし、本来なら支払う義務のある賠償額を最小化させようとしたのだろうが、そのクソ保険会社が喧嘩を売った相手は、あの訴訟大国アメリカで鍛えまくられてきた僕だった。

エゴを振りかざして賠償最小化を狙ったクソ保険会社は、当初、壊された自転車の修理と、怪我の治療費と、休業補償さえ出してもらえるならそれでいいや。って思っていた僕を本気にしてしまったのだ。

相手が「過失割合90:10」の根拠として持ち出してきた判例集、それと同じものの最新版を県立図書館で借りて(買うととんでもなく高価な本です)徹底的に読み込み、「加害者側の著しい過失は修正要素として被害者側の過失割合からー10」と言う一文を元に、加害者と直接交渉し事故の要素として加害者側の前方不注意があった事と、「(妻の乗る)自転車に気付いた時、自転車の速度は10㎞/hぐらいでした。」の言質を得た。
(もちろんその時の会話は録音している)

その二つを元にして、判例集に書かれた「時速10㎞/h以下で走行する自転車は、早歩きの歩行者と同等と判断する」の一文が書かれたページを示し、「この事から、当該事故は交差点での自転車と自動車の出会い頭事故ではなく、交差点における自動車と歩行者の事故と同等。という判断になるのではありませんか?」と主張。さらに、これ以上交渉がこじれるなら紛争処理センターに仲介に入ってもらうつもりですし、最終的には弁護士さんに入ってもらって地裁で決着を付けてもらうつもりです。と告げた。

最初から、保険会社の主張は穴だらけだった。それをさも保険会社の主張が正しいような物言いで交渉を進め、支払うべき賠償額を最小化させようとしていたクソ保険会社だが、紛争処理センターの裁定には従わねばならないし、そうなると自分達の主張は到底通らない事は判っているのだろう。そろどころか、地裁にまで持ち込まれると慰謝料は保険会社基準(被害者にはそれを受け入れる義務はない。)から地裁基準(金額は保険会社基準よりも遥かに多い)で慰謝料や逸失利益を支払わないといけなくなる。さらに地裁まで持ち込まれると被害者の弁護士費用も負担させられる可能性が高い。

このまま交渉を長引かせても、訴訟を起こされるリスクが高まるだけで自分達にとっていい事は何もない。クソ保険会社はそう判断したようだ。

それで、先週末にその保険会社から連絡があり、「過失割合は100:0とさせて頂きます。」との言葉を得た。(もちろん録音している)

怪我に関してはまだ治療中の為に賠償額は確定していないが、物損は自転車を新車・新品価格で組み上げた時と同額(9万円超)が認められた。過失割合100:0なので、その全額が妻に対し支払われる。

物損に関しては示談成立なので、クソ保険会社の事故賠償担当は、
(やっと片付いた・・・)
と思っているのかもしれない。

ただ、「過失割合100:0を取る。」と言うのは、これからのタフな交渉への前哨戦に過ぎない。

本当の闘いはこれからだ。

| | コメント (5) | トラックバック (0)

2014.03.16

保険会社の言う事は嘘だらけ

(これまでの流れ)
妻が自転車通勤中、交差点内で加速してきた車と接触事故。自転車は全損。妻も靭帯損傷と言う重症を負い、しかし加害者側加盟の保険会社は損害賠償額を最小化させる為に、この事故は妻にも非があると主張、「無理を通して道理を引っ込め」ようとする保険会社に対し、「売られた喧嘩は高値落札」なmizzieが真っ向から立ち向かう。

 

「おまんらが、どういたち「この事故では妻にも過失がある」言うがやったら、それの根拠を文書にして出せぇや。」

と言ったmizzieに対し、保険会社は交通事故での過失割合の裁判判決例が載っている、保険会社が過失割合算定に使う、『判例タイムス』の、今回の事故に似た事例での判例コピーを他の書類と共に送ってきた。

それによると、自転車側が幅の広い道路を、自動車側が幅の狭い道路を通行していての事故の場合、過失割合は自転車側10に対し、自動車側90となる。単純にその基準を当てはめれば、保険会社側主張の通り、妻にも1割の非がある事になるのだが、この『判例タイムス』には、修正要素と言うものも併記されていて、それを加えれば過失割合は自転車(妻)側は0か-5、自動車(相手)側は100か105になるのだ。その修正要素を保険会社側は意図的に無視し、「自転車広路・自動車狭路の事故は過失割合9:1」と主張しているのだ。

事故の起きた交差点の一つ手前の交差点で信号待ちしていた妻は、そこからどんなに速度を上げても次の信号交差点で赤に引っ掛かる事を知っている。しかも当日は雨であり、雨の日のアーケード街の舗装はとても滑りやすいので、時速10km/h程度の低速で走行していた。
(アーケード街は原則自転車走行不可の歩行者専用道路だが、事故をした時間は自転車通行可能時間だった)
ただ、妻の自転車はギア比が低めに設定されている為、ゼロ発進から巡航速度までの加速はいい。その為、共に信号待ちしていた自転車集団の先頭で、事故のあった交差点に進入した。

その交差点には信号がない。そして狭路側は一方通行である。その為、それなりの注意を払って進行していた妻は、加害車を交差点進入前に発見。しかしその時点で相手と自分の相対距離、相対角度、相対速度から、「このままの速度で余裕で自分は先に交差点を抜けられる」と判断し交差点に差し掛かった。しかしその時相手は妻を認識しておらず、妻の後ろを走行していた自転車の集団を認識し、止まってその後続集団が交差点を通過するよりも加速して交差点を抜けようと判断(?)し、急加速しながら交差点に進入した。交差点でエンジン音が高鳴ったのを聞いた妻は加害者の顔を見たが相手は自分を見ておらず、身の危険を察した妻は回避行動を取った。しかしそれは間に合わず、加速した車は妻の運転する自転車の後輪に衝突、バランスを崩して妻は転倒し負傷した。

この事故の状況を考慮した場合、単純に「判例タイムス」基準を当てはめ「過失割合は9対1」と言うのは到底受け入れられない。修正要素が完全に抜け落ちているのだから。

ただ、損害賠償額を最小化したい保険会社は、修正要素を無視し、判例タイムスの基準を根拠にして妻に罪をなすりつけようとしている。相手がそう来るんだから、こちらとしてもそれに応じた対応をせざるを得ない。それについての対応方法も、一昔前なら弁護士など法律専門家に頼るしかなかった、そしてそれには多大はコストを要したので、被害者側は泣き寝入りをするしかなかったのだが、今はネットと言う便利なツールがあるので、特にコストを掛けなくてもある程度の情報を集める事は出来る。で、そうやって情報を集めて判った事は、

1)入院しない場合、最低でも週1回(週2回以上が望ましい)以上は通院していないと、慰謝料請求に際し通院期間が実通院日数で算定されてしまい、慰謝料が大幅に減額されてしまう。

2)事故後、何か体に不調があれば、どんな些細な事でも遠慮せず受診時に医師に訴えカルテに記載してもらわないと、事故後一定期間経過後に症状が出た場合でも事故との因果関係を証明出来ない為に、治療費も慰謝料も1銭ももらえなくなってしまう。神経系の損傷で事故後一定期間経過しないと自覚症状が現れないものは結構多いが、保険会社側は事故との因果関係を証明出来ないものには賠償金を払わない。

3)地道に通院していると、保険会社側から医師に対して「もう治ってるでしょ?治療終了にしなさいよ。」と圧力が掛かるが、患者側が治った・症状が消えた。と認めるまで、保険会社からの治療終了への圧力には応じないようにと医師にお願いしておかないと、医師によっては保険会社の言い分をそのまま受け入れてしまうので、こちらが何も言っていないと突然治療終了にされてしまう。

4)保険会社は賠償金を最小化させる為に、後遺障害等級の事前認定をしようとするが、保険会社側にやらせると可能な限り低い等級にされてしまうので、多少面倒ではあるが、事前認定には決して応じてはいけない。

5)被害者に重傷を負わせてしまった時点で、加害者側には『自動車運転過失傷害罪』が科せられるが、これは、1)被害者の怪我が重篤なものではなく、2)加害者も充分に反省しており、3)損害賠償については示談交渉が成立している。の3要素を満たしておれば不起訴処分となり、前歴は残るが前科としては付かないので、自分の経歴にキズが付く事は無い。

前科者には就けない職業が多々ある日本においては、交通事故の加害者になってしまっても保険会社がしっかりしておれば、補償交渉でモメる事も無く不起訴処分となるので万一の時に不利益を被る事が無くて済むが、今回のケースの様にいい加減な保険会社で補償交渉がこじれ示談が成立せず地裁まで持ち込まれる様になれば、加害者は前科者となってしまう。つまり、自動車に乗るなら任意保険は絶対に必要だし、そして加入する保険会社は「誰でも入れて誰にも払われない」ようないい加減な保険会社ではなく、賠償対応のしっかりした保険会社を選ばなければならない。と言う事だ。

保険会社は「補償額を最小化させる為」だけにしか動かない。だから多少面倒でも、自分で出来る事は自分でやっておかないと、自分が受け取る事の出来る補償額がどんどん減らされてしまう。基本は、「保険会社の言う事には耳を貸すな!」だ。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.08

右の頬を張られたら・・・

     左の脛にローキック。

これはmizzieの物事に対する基本姿勢だ。専守防衛を旨とし、自分からは絶対に先制攻撃はしないが、殴られたら必ず殴り返す。そして10発殴られたら11発殴り返す。それがmizzieだ。

そんな気質のオイラだが、先週、我が妻が自転車での通勤途上、徐行区間を加速してきた車に撥ねられると言う事故に遭い、妻の主張を聞く限りではどう考えても相手が230%悪いのに、加害者の加盟する損害保険会社(現時点では社名は秘す)の担当者が、

「過失割合は9対1」

と主張してきた。つまり、歩行者専用道路を軽車両通行可能の時間帯に速度10㎞/h未満で走行している自転車を、交差点内で加速して跳ね飛ばした車の過失割合は90%。つまり撥ねられた自転車も10%は悪いんだぞ。と、その損害保険会社は主張してきたのだ。

保険会社の人身事故担当が私にそう言って来た時点で、それは私に対する宣戦布告だと判断した。

奴等(保険会社)は、自分達の一方的な理論を振りかざし、法律知識も無く交渉能力も無い被害者に対し、本来なら償わなければならない義務を回避し、責任を被害者になすりつけようとしているのだ。

社会福祉の世界に生きる一人の介護支援専門員として、
常に、最も弱い立場の者達の側に立ち、社会正義と人民主権の実現を希求する共産党員として、
そして、一人
の夫として、

これを看過する事は出来ない。

敵が義務を回避し責任を転嫁させようと画策し策動しているのだ。こちらもそれに対する対抗措置を取らねばならない。
ただ、こっちはケアマネとしての激務に追われているので、割く事の出来る時間と労力は限られている。二正面作戦を強いられているようなものなので、出来る事には限りがある。

そんな状況下ではあるのだが、とりあえず現時点で、物損に関しては保険会社の評価額を、妻の自転車と同じものを全て新車・新品(妻のアンジェリーノには後付けのパーツが結構ある)で購入した場合と同額(約9万円)に認めさせる事は出来た。
次は人的被害への賠償なのだが、私も当初は、医療費(通院費含む)の全額と、仕事を休まなければならない事による休業補償が全額認められれば充分。と思っていたのだが、相手の損害保険会社が私に喧嘩を売って来たので、「売られた喧嘩は最高値で落札」が信条の私なので、

『被害者側が法的に受け取る権利がある。若しくは加害者側が法的に支払う義務のあるもの』

は全て請求する事にした。
通常、損害保険会社はそれが被害者には法的に認められた権利。加害者が法的に課せられる義務。である事は絶対に教えない(自分達の支払額が増えるので)事も、徹底的に調べて合法的な最高金額を要求しようと思っている。
私も当初は医療費と休業補償だけで済ませるつもりだったのだが、保険会社側が責任を妻に転嫁しようとした事で、こちらを本気にさせてしまったのだ。

相手は、知識も経験も交渉能力も無い、40代の非正規労働者をうまく丸めこんで泣き寝入りさせてやろうと思っていたのだろうが、その隣にいた配偶者は、あの訴訟大国アメリカで鍛えまくられてきた、交渉と仲介と調停を生業とする、ネゴシエーターでケアマネジャーの私だったのだ。

わかりました。

その喧嘩、最高値で買い取りましょう。

ねえねえ保険屋さん?

『非理法権天』って言葉知ってる?

じゃあ、『天網恢恢疎にして漏らさず』は?

| | コメント (0) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧