文化・芸術

2007.10.05

エピローグ

(昨日からの続き)

エア・ドゥ便機材繰りの関係で遅れ。ってなってANA便のトリプルセブンに振り替えたmizzie & ななか(仮名)。オイラ程では無いにしても、ななか(仮名)も結構飛行機好き。だけどトリプルセブン搭乗は初めてだったらしく、少しだけ物珍しそうにしていた。でも77-300も国内線仕様にはシートTVが無いのでちょっとがっかり。

んで、羽田空港でのトランジットが長くなったので、荷物とかお土産とかをラウンジで預かって貰って、お土産に舟和のいも羊羹を買いに行く。転職する度に収入がダウンしてるオイラは、過去にVISAがゴールドになってるのでそれを今も活用してて常時ラウンジ利用。もちろんななか(仮名)は空港ラウンジ使うのは初めて。

「これいいわね。」

「羽田のラウンジは新しくなって随分と良くなったよ。無線LANも使えるし。」

で、そうやってラウンジで寛いで旅の疲れを少しだけ癒してから、高知便搭乗時間になったので搭乗ゲートに向かう。千歳で便を振り替える時、もう一つ贅沢をしてたオイラ、帰りの羽田ー高知便はスーパーシート利用だ。スーパーシート利用なので搭乗ゲートで長蛇の列を尻目に優先搭乗でその長蛇の列をスルーしてチェックイン。

「飛行機ってチョー不公平な乗り物ね。」

「払ったお金で受けられるサービスが違ってくるからね。」

チョー不公平なスーパーシートは、もちろんチョー快適だ。スッチーの接客は普通席とは比較も出来ないくらい丁寧だし、軽食は付くしウェルカムドリンクにお酒もあるし、国際線ビジネスクラスで使ってるスリッパがスーパーシート全席にあるので、席に着いたらすぐそれに履き替えるから足元は快適♪おまけに上着も預かってくれる。

羽田ー高知便はスーパーシートが埋まる事がまずないので、そして当日に空席があれば¥5000払えばでスーパーシートに変われるので、僕は時々羽田ー高知便ではスーパーシートを使う。同じ事を考える人はそれなりにいるようで、僕がスーパーシートに変更した時点ではスーパーシートは一人しかいなかったのに、搭乗時点ではさらに4人増えて、合計6人がスーパーシート利用。でも皆おっちゃんばかりで若いのは僕とななか(仮名)だけ。

スーパーシートではウェルカムドリンクにアルコールが選択可(普通席で¥500で売ってる奴と同じものです)で、ANAは国際線ならエコノミーでもアルコールが飲めるので、そっちと比較したくて普段はお酒飲まないオイラもそれを頼んでみた。

シャンパンが欲しかったんだけど、日本酒以外ではワインしか無かったので、白ワインを選択。

・・・。

美味しい♪

Img_0957

 

空き瓶持って帰ってみた。

結構美味しかったです。
ANAで¥500で売ってる白ワイン。

 

 

 
到着後も、最前列に座席があるから真っ先に降りられるスーパーシートだし、預けた手荷物も真っ先に受け取れるんだけど、空港からの帰りはバスにするつもりだったmizzie & ななか(仮名)、急いでもバスで待たされるの判ってるから最後に降りる。んで降りる前に「コクピットの写真撮らせて。」って聞いてみた。UAでは操縦席に座らせてもらったりしてるオイラだけど、国内航空会社はそこら辺が厳しくて、基本的に操縦席にはパイロット以外誰も入れない。

でもそこはそれ、上質サービスのスーパーシート。チーフパーサーさんが気を利かせて機長に「本人は操縦席入れなくてもいいから、写真だけ撮りたいって言ってます。」って言ってくれて、僕からデジカメを預かった機長が、直々に写真撮って来てくれました。

Img_0942Img_0944

ボーイング767-300のコクピット。

 

 

 

 

 

上質のサービスと、遂にB767のコクピット撮影したので大満足なmizzie、飛行機から手荷物受け取り場入り口まではスッチーさんが案内してくれるので、「今日は高知ステイですか?」「はい。」「戻りカツオが旬だから、美味しいカツオのタタキでも食べていって下さいね。」何てやりとりをしながら、ななか(仮名)と手繋いでそのままゲートを出てバスに乗り込む。

そして僕んち経由でななか(仮名)の家まで送って行って、荷物を置いた後は『お散歩デート』で近所をだらだら歩いて帰るのでした。

ほぼマンツーマン。ってくらいにきめ細かいサービスが提供されるスーパーシート、僕からの「おねえさーん」の呼びかけにチーフパーサーさん(スッチーの中で最高齢)が230%の笑顔で、「はいっ!!」って勢い良く答えてくれたのがちょっと可笑しかったです。(^^)

さすがにその接客ぶりは完璧だったけどね。

一人旅がつまらなくなってしまったオイラだけど、二人旅にしたらとっても楽しかった北海道旅行。掛かったコストはこんくらいです。

「楽しみ尽くそう!旭山動物園2泊3日」
 \75300×2名=\150600
マイルバケーション割引き
         -\30000
食費(含むおやつ・夜食他)
          \15206
お土産代
          \9319
交通費
(観光自転車タクシー、市電Day pass2名分含む)
          \6000
その他雑費   \3280

合計       \154405

つまり、僕等みたいなお金の使い方だと、16万円あれば北海道で3日間遊べちゃうって事です。東京発とかだと航空券が安くなるからもっと安価に楽しめちゃいますよ。

  

て事で、一日一回の応援クリックお願いします。
人気ブログランキング

ブログランキングもだけど、ワンクリック募金もクリックしてね♪


ついでにこっちにも投票していってね。

| | コメント (0) | トラックバック (1)