ケアマネジャー

2015.02.08

実は転職してまして・・・

日本一(って言うか、多分世界一)異色の経歴持ってるケアマネジャーなmizzie、実は昨年末に転職しました。

事の起こりは昨年10月末。僕が所長してた事業所に社長がやって来て、「ココ、今年の12月で閉鎖する事にしたから。」って。
新規に開設した事業所で、激戦区でもある高知市だから中々に成績が伸びなくてずっと赤字事業所だったんだけど、平成27年の介護報酬改定で会社全体での収益がマイナスとなるのは明白だから、全事業所中最も収益率の低い、僕の所属する事業所を閉鎖する事にした。って。

ビジネスとして考えた場合、その判断は正しい。ただ、その結果僕に出された会社からの辞令、系列のデイサービスで相談員として配置転換。ってのは、ケアマネジャーって仕事がダイスキで、この仕事がやりたくてたまらない僕には、受け入れが難しい。その事を社長に話し、退職させてもらう事にした。

で、昨年末は転職活動してて、運良くすぐに次の就職先も決まって、休日は減ったけど給料は上がって、有料老人ホーム併設の居宅介護支援事業所だから、担当する人の9割がソコの入居者なので仕事が超ラクチンになって、

トドメに、僕が入社してすぐに管理者だった先任のケアマネさんが退職し、「前職で管理者兼所長兼ケアマネだったから」って事で僕が繰り上がり人事で管理者になっちゃって(そして給料がさらに上がって)、

今は、新しい職場で利用者さんとの関係築く事に専念しながら、楽しく毎日仕事してます。

帰国して年収が劇的にダウンしてたオイラだけど、

やっと、サンフランシスコで寿司職人してた頃とほぼ同額。ってトコまで回復しました。
(^^)v

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.07.18

監査入りました。

今週、我が事業所には市の監査が入っていました。

監査。と言うよりは実地指導に近いんだけど、介護業務を行う上で必ずやらないといけない事、用意しないといけない物品、記録しないといけない事柄、その他諸々が、ちゃんと揃っているのか、きちんと記録されているのか、なんて事をものすんご~く細かい所まで徹底的に調べて、不備があれば是正指導をされる。

監査が、実地指導がスムーズに行える様に、事前に「・・・と・・・、・・・も、用意しておくように。」って通達があって、その準備で先月末からずっとそれに掛りっきり。ケアマネも同敷地内にある訪問介護のヘルパー達も、通常業務をこなしながら・てんてこ舞いしながら準備に奔走。オマケにオイラは監査の翌日に地域ケア会議が控えてて、そっちの準備も同時進行で進めてたからもうボロボロ。

で、一昨日に監査を受け、不備を幾つか指摘され是正指導され、でも大きなミスや不備・欠損もなく、無事監査を終えました。

準備で奔走してた所長のオイラと、訪問介護部門の管理者、サ責は今週、まるで真っ白に燃え尽きちゃったジョー状態。監査の準備でほったらかしにされてしっちゃかめっちゃかになってる通常業務を、フラフラになりながらこなします。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2014.03.01

新記録

この金曜日は忙しかった・・・。

ケアマネジャーになって最高。ってくらいにめちゃめちゃ忙しかった。

月末で週末。って時点で忙しいんだけど、そこに来てさらに、新規契約3件。

 

朝、まず最初の相談者さんの応対。電話で相手の都合確認して、本人も家族も家にいて、時間も空いてる。って事で早速訪問。インテーク面接して現在の困りごと、生活課題、本人・家族の意向と希望・要望を聞き、居宅介護支援の契約を頂く。それからアセスメントも実施して、アセスしながら頭の中で暫定プラン立ててそれを提案。利用者さん家族さん納得し合意されて、「それでお願いします。」との言葉を得たので、その場で即座に事業所(デイサービス)へ連絡を取り、利用者さん希望する曜日の受け入れ可能か確認、その確認後にその場で、初回のサービス担当者会議の段取りまで付けてから帰路に付く。事務所に戻る途中に市役所に立ち寄り、居宅サービス計画作成依頼書とか申請書類を提出。主治医意見書等入手して事業所へ。

昼前に事務所へと戻り、食事を摂る時間が惜しいからゼリー飲料をカッ込み、そのまま前日にアポイントメント取ってた次の新規の方のお家へと向かう。途中、特養のショートステイを利用してる別の利用者さんの書類をその特養に持って行く。

んで、そこから15㎞程離れた場所にあるその方の家に付き、また、インテーク面接、契約、申請書類作成、アセスメント、暫定プラン提案、初回担当者会議の段取り、までを済ませて帰路に付く。3件目の新規の方とのアポイントメントしてた時間に間に合わないので市役所に寄る事はスキップして(その方のケースはサービス開始まで時間的余裕があったが、次にアポ取ってた方は緊急性がある人だったので)、そのまま3人目の契約にゴー。

んで、週末を挟む関係で最後の方はその日の内にどうしても、市役所の介護保険課に申請書類を提出する必要があったので、本人の署名・捺印が必要な箇所だけ玄関で署名・捺印して頂き、書類提出後に戻る事を約して市役所へ。しかしその時点で既に、介護保険課の受け付け時間内にはどう考えても間に合わない時間だったので、市役所介護保険課にTELし、事情を話してから市役所に向かう。市役所の駐車場に着いたのが閉庁2分前。介護保険課に着いた時には受け付け時間は過ぎていたんだけど、優しい高知市役所介護保険課は受け付け時間を数分オーバーした僕の申請書類を受け付けてくれて、とりあえず書類提出はセーフ。ありがとう高知市役所介護保険課のみなさん。

で、また利用者さんトコにとんぼ返りして、契約書に署名・捺印頂いて、本人と家族さんからアセスメントして、週明けからサービス利用出来る様に段取りもして、担当者会議の段取りもしてから帰社。んでそっから、本日契約した3人のアセス結果をプランに落とし込み、課題分析と居宅サービス計画の作成までしてから帰宅しました。

一日で新規契約3件ってのは新記録だ。

チョー疲れました。だからもう寝ます。おやすみなさい。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2014.01.30

ケアマネの城ラピュタ

少し前、S.E.の人達が自分達の過酷な職場の現状を、
『社畜の城ラピュタ』とか言って
『天空の城ラピュタ』の名台詞になぞらえてTwitterに投稿して、それがちょっと話題になってた。

「ハハハ、見ろ!仕事が山のようだ」とか、

「会社に根を下ろし、過労とともに生きよう。上司のために夜を越え、はてしない作業をこなそう…どんなに立派な法律を作っても、たくさんのかわいそうな鬱患者を出しても、会社から離れては生きられないのよ!」


とか。

でも、ケアマネの仕事だって似たようなトコあるよな~・・・。

って事で、「社畜のラピュタ』の、ケアマネ板を考えてみた。

まずは主題歌、「君をのせて」の替え歌から。

 

あの地平線輝くのは プラン立てるの 終わってないから
留守電の灯が 輝くから 再生するとそれは 新規の相談

さあ出掛けよう 契約書同意書 ハンコ 朱肉 カバンにつめこんで

前任者が残した 困難事例
包括がくれた 困難事例

仕事は溜まる
アセス 担会 モニタリング 給付管理
仕事は溜まる
記録書けない 未決書類 デスクに積み上がってく

じゃあ、次はラピュタの名セリフになぞらえてケアマネ仕事を揶揄って行こう!

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013.10.05

ケアマネは鍛えられる。

先月末mizzieは、ケアマネ実務経験1年未満の者には受講義務がある(そして実務経験1年未満のケアマネを雇用した事業所には受講させる義務がある)、

『介護支援専門員実務従事者基礎研修』

を受けて来た。
実務に就いて約5ヶ月の新人ケアマネmizzie、4日間の実務講習で講師陣にめちゃめちゃ鍛えまくられてきました。

まず面接技術。
タイ人援助、じゃねーよこのバカ日本語ソフト!
対人援助業務であるケアマネジャー、面接技術はとても重要だ。語彙を駆使し、言い回し、村上春樹ばりの比喩表現・婉曲表現なんかも使って、クライアントから本人にも気付けていない、つかみ切れていない、その真のニーズを引き出し探り当てる。
しぐさや語調、態度などから表出されない非言語的表現を推し量る。その手法や考え方なんかを徹底的に鍛えまくる。
受講生達は6~7人の小グループに分かれ、グループワークで各々が持ち寄ったケースを使って演習と討議を重ね、お互い研鑽しあって行く。気付いた事、新たに発見した事、講義で出た重要な言葉なんかを書き込んだりハイライト入れたりアンダーライン引いたりするから、最初に配布されたハンドアウトはメモ書きだらけのぐちゃぐちゃだ。

次は、アセスメントとニーズ抽出。
ケアマネって、「クライアントのデマンドと真のニーズを見誤るな。」って言うのは、実務講習でも叩きこまれるんだけど、本当に、クライアントの事がきっちりアセスメント出来ているのか、そしてその為には一体何をアセスメントしなければならないのか、通常なら聞き辛い様な深い話題に、相手を傷つけたり不快な想いをさせずに踏み込むにはどうしたらいいのか、それもグループワークで徹底的に議論・討議する。各グループに入ったファシリテーター(議論の流れを整えたり方向づけたり助言を与えたりする人。ベテランのケアマネが担当する)が時々助言をしてくれたりもする。

ニーズ抽出が出来たら、今度はそれを満たす為の方法を考える。そしてそれをケアプラン(介護サービス計画)に落とし込む。
ICF(International Classification of Functioning, Disability and Health:国際生活機能分類)を使って、クライアントへのケアマネジメントの必要性、クライアントが現在抱えている困難とその障害となる原因を環境要因と個人要因から考察し、解決課題と障害克服(障害の除去だったり、障害の治療だったり、代替手段の獲得だったり様々)へのアプローチ方法を考える。これも、ファシリテーターを交えてグループワークで議論・討議を重ねる。

介護計画が出来上がったら、今度はそれを運営するチームを組織し統合的に、有機的に、効率的に運用する。
昨今の医療・介護の世界では多職種連携・多職種協働無しでは成り立たなくなってるんだけど、それをマネジメントするのが、ケアマネジャーにとってMost, or second mostに重要な業務でもある。で、多職種連携によって構成されたチームを、如何にして効率的に、機能的に運営するか。クライアントの思いとケアマネの考えを如何にして医師、セラピスト、ナース、ソーシャルワーカー、ケアワーカー、NPOやボランティアスタッフ、家族や地域住民に伝えるか、その方法論や実践例などを踏まえて議論する。
高圧的・威圧的にならず、へりくだる事も無く、判り易く筋を通して話をする方法とか、意図通りに動いてくれない専門職への対処方法とか、超ベテランの主任ケアマネでもあるファシリテーターの実践例なんかも参考に議論を重ね、それまでの自分と見比べながら、至らなかった点や気付かなかった事なんかを自分の中で明確化させる。

初回面接からアセスメント、ニーズ抽出、プラン作成、ケアチームの組織化とそれらの運用と実践、と言った、ケアマネジメントの一連の流れ(実際にはこれに、効果の確認と新たな課題の抽出・再設定、課題の効果についての再検討が契約終了まで延々と続く)を、4日間徹底的に講義し議論し討議する。4日間の研修が終了し修了証を受け取った時、自分のケアマネジャーとしての知識とスキルが2ノッチくらい上がった実感があった。

 

【余談】
ケアマネジメントについての講義を受けながらmizzie、業務や研修とは全く関係無い事をケアマネジメントに絡めて考えてて必死で笑いをこらえてた事を、ここでこっそり白状しておこう。

↓こんなカンジ。

”利用者、及び家族の生活に対する意向”・・・?
Pくん;○●ちゃんの彼氏になりたい。
mizzie;○●ちゃんの彼氏になりたいPくんを応援してあげたい。
”総合的な援助の方針”・・・?
Pくんが○●ちゃんと二人きりになれる時間が作れるように支援を行います。○●ちゃんと楽しいデートが出来るような情報提供を行いながら、さりげなく○●ちゃんの好みなどを探って行きます。様々なアイテムや人脈を活用し、二人が幸せなゴールを迎えられる様に支援してまいります。
”生活全般の解決すべき課題(ニーズ)”
○●ちゃんと付き合いたい
”援助目標・長期目標”
”○●ちゃんとお泊りデートする。         期間:1年
”援助目標・短期目標”
①○●ちゃんとメアドを交換する。      期間:1ヶ月
②○●ちゃんと二人で週末ディナーに行く 期間:3ヶ月
③○●ちゃんと二人で日帰りデートする。  期間:6ヶ月
サービス内容
○●ちゃんの好みを聞き出す。
○●ちゃんとPくんが二人っきりになれる時間を作る。
Pくんに美味しいレストラン情報を提供する。
Pくんにアミューズメントパークの株主優待券を提供する。
○●ちゃんの元カレにカワイイ女の子を紹介する。

なんてカンジで。(*^-^) 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.09.01

バイク買いました

毎日、自分の担当している利用者さん宅を訪問してる居宅ケアマネmizzie、雇用契約で「訪問には自分の車を使用」となっているので、昨今のガソリン高騰の影響もあって燃料代が結構キツい。

mizzie(以下M)「・・・って事だからさ、バイク買いたい。」

ななか(以下な)「バイクって、どんなの買いたいの?」

M「CBR600RR。レプソルカラ―のヤツ。」

(↓こんなの)
Cbr600rr

な「却下。」

M「なんでぇ!?レプソルCBRで居宅訪問するケアマネ、カッコえいやん!」

な「レーサーレプリカ買って、書類とか資料入れた訪問バッグ、一体どこに積むの?」

M「シートカウルにキャリアバッグ付ける。」

な「だっさ~い!そんなのダメダメ!スクーターでえいやん。」

M「制限速度30km/hの時点でダメや。先輩ケアマネとか1ヶ月で3回捕まって、訪問にバイク使うんソッコーで諦めた。って言いよったし。オイラ、せっかく限定解除してるんやからおっきいのがいい。」

な「レプリカにしたら維持費掛かるし、mizzieがCBRなんか乗ったら、絶対に改造りたくなるで。」

M「そこらのチャンガラ小僧みたいにマフラー変えたりとかせんよ。」

な「でもサスとかブレーキとかタイヤとか、そっち系の方がお金掛かるがやないがかぇ?んで走行会行きたいとか言いだすがやないが?こないだも「鈴鹿が一番面白かった。また鈴鹿走りたい。」とか言いよったやいか。」

M「・・・うん。」

な「乗ったら乗りたい心に火が付くのわかっちゅうきガマンしゆう。言いよったやん。せっかくここまでガマンしてきたがやき、もうちょっとガマンしちょきや。」

M「・・・ハイ。」

ってなカンジのやりとりがあって、結局、これを買う事になりました。
(↓これ)
Photo

ホンダ スーパーカブ90(中古)

昔、mizzieがミニバイクレースやってた頃にお世話になってたお店で、ちょっと(かなり?)安くしてもらって買いました。90だから30km/h制限も二段階右折も関係無し。

サスとブレーキがちょっとプアだけど、50㎞/h巡航で快適に走ります。燃費が素晴しいのと維持費を低く抑えられるのはGood♪

公道走られるバイク所有するなんて、25年振りです。(^^)

 

 

そーいえばさ、カブってモンキー・ゴリラのパーツ使えるんだよね?

| | コメント (2) | トラックバック (0)

2013.07.24

モニタリングも命懸け

今月は、急激に認知症が進行してBPSD(認知症の周辺症状。以前は”問題行動”と言った)が急激に悪化してしまった事例に振り回されてて、メンタルもフィジカルも消耗。

なまえ みずぃ
しょくぎょう けあまね
レベル 2
HP 3
MP 0
じょうたい どく

なんてカンジになってる。

振り回されてる困難事例に、認知症確定診断の段取りと、状態急変でケアプラン変更・追加するからそれのカンファレンスの段取りも付けて、一段落着いたのが昨日。

まだ、妄想と幻覚に振り回されて手に負えなくなっちゃった現場スタッフ(ケアワーカー達の事)から、突然呼び出されちゃう可能性はとても高いんだけど、ホンの少しだけ落ち着いたので、この間に、ほったらかしになってたモニタリングを一気に進めちゃおう。って決めて、集中的に、効率的にモニタリングをこなしてた。

で、今日モニタリングに行く事になってたのが、基本、モニタリング大好きなオイラが一番大好きなばーちゃんが住んでる、高知市と南国市と本山町と土佐町と香美市との境界の、南国市側にある一軒家。

Iphone_006 Iphone_007

こんなトコ。

オイラの働いてる居宅介護支援事業所、所在地が高知市なので、事業範囲は高知市と南国市だ。だから、もう村上春樹の小説に出て来そうなくらいの山奥なんだけど、遠隔地加算は算定出来ない。
算定出来ないんだけど、この時期、標高が海抜で300mくらいあるので、高知市よりも確実に3℃以上は気温が低い。

さらに、水は近くの谷から引いて来た水を、貯水槽で汚れを沈殿させて引いているので、水道代ハタダ。谷水なので止めると貯水槽から水があふれちゃうから、水道は常時流しっぱなし。

Iphone_005

この水がまた、チョー美味しいんだ。

で、今使ってるサービス内容についてとか、日々の暮らしでの困り事とか、健康上の不安とか、その他色んな事について話しをしたり相談受けたりして、1時間くらいで帰路につく。

Iphone_011

帰り道でマムシ見付けちゃいました。しかも2匹(写真は1匹)!

山奥にあって空気と水が美味しくて、ある意味パラダイスだよな~・・・って思ってたけど、実は結構デンジャラスなトコだったんだよなぁ…って実感したモニタリングだったのでした。

 

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.07.14

困難事例

今週の仕事はタフだった・・・。

オイラが担当してる利用者さん、先週末ぐらいからちょっと不穏気味、問題行動が続いてた。

幻覚、幻視、妄想、その3つが混在してて、会話も内容が支離滅裂、時系列もめちゃくちゃ。同じ事を何度も繰り返し話し、実在しない何かに対する強い不安を訴え、食事も水分補給も何もかにも一切拒否。

始めのうちは、1時間くらい話を聞いてあげて、とにかく言いたい事を全部言わせて「うんうん。そうだね。」って聞いてあげてたら落ち着いてくれてたんだけど、そのうちそれでは収まらなくなってきて、自傷とかも出始めて、同じ階に住む他の住人に対する迷惑行動まで出てきて、

かかりつけの内科を受診させて、紹介状書いてもらって精神科へ。
(実際、症状としては統合失調症っぽかった)
CTとかMRI検査は無くて問診とHDS-Rやって、結果は「認知症でしょう」って事で、メマリー(中等度以上に進行したアルツハイマー型認知症に処方される薬。最近承認された。)処方されて帰ってきた。

精神科から帰って来て、その日はおとなしく特に問題は無かったんだけど、翌朝からまたBPSD(認知症による行動症状・心理症状。以前は”問題行動”と言われた)再開。オイラ出勤するなり℡で呼び出されて、受診に同行して、同時進行で認知症確定診断(認知症には①脳血管型認知症②アルツハイマー型認知症③レビ―小体型認知症④前頭側頭型認知症があり、それぞれ対処法が異なる為、確定診断が必要)の予約も手配して、県外に住んでる家族にも連絡して、その方に入ってるサービス事業所にも連絡して、

ってカンジで、その利用者さん一人にかなりの時間と労力を割かれてた。同時進行で2件の新規利用者の契約とアセスメントとサービス事業所の手配もやってたから、
ホントに、めちゃめちゃ忙しかった。

高知には、医大付属病院に認知症確定診断のスペシャリスト。なpsychiatristがいるんだけど、その先生は9月末まで予約で一杯。で、高知の認知症疾患医療センターのセンター長がいる病院の予約を取ってきた。
それでも予約で一杯になってて、予約が取れたのは4週間先。

今週の仕事はちょっとメンタル的にもフィジカル的にもハードだったので、ちょっとメンタル疲れちゃったから、

来週はココにでもモニタリング行って、ちょっと癒されて来ようと思ってます。

| | コメント (0) | トラックバック (0)

2013.06.27

今日の訪問先

ケアマネジャーになってもうすぐ2ヶ月。仕事にも大分慣れて来た。

サービス担当者会とかまだまだ慣れないけど、毎日の仕事は充実している。

新規開設事業所でまだ利用者少ない(赤字事業所だ)けど、ボツボツとではあるけど新規の方を紹介してもらったりして、着実に実績に繋げてる。

高知市中心部にあるmizzieの自宅から自転車で15分の位置にある職場だけど、営業エリアが高知市と、お隣の南国市なので、訪問面接とか契約とか担当者会とか、車での移動がやったら多い。

で、今日は新規利用者のサービス担当者会で、その方の自宅に行く事になっていた。高知市中心部から車で約50分。職場からでも車で約35~40分なんだけど、ソコは南国市と旧土佐山村(今は合併して高知市)との境界から約1㎞、吉野川支流の源流域。ベテランヘルパーさん曰く、「あの辺りはサルが出るで。」との事で、実際、高知のこの辺りならノウサギ、タヌキ、イノシシくらいは珍しくもなんともない。ハクビシンもリスもヤマネもいる。山一つ越えたらサルだって沢山いる。

Img_0227

こんな感じの所です。


利用者さんの家のすぐ脇を川が流れていて、小川のせせらぎとかめっちゃ癒される。

Img_0228 Img_0223_2

アメゴとか釣れそうだけど、アメゴはいない。との事でした。

空気もチョーきれい。涼風には水と森の匂いが含まれてる。

高知市内はもう暑いんだけど、ここは涼しい山風が吹いてて、「真夏でもウチはクーラーいらんよ。」とは利用者さんの弁。

ウグイスの鳴き声も聞こえる。そして極めつけは水!

谷から引いて来た水を貯水タンクに貯めて汚れを沈殿させ、それを簡易水道としてひいてるんだけど、県庁所在地の中では全国トップ5に入る。ってくらいには美味しい高知市の水道水が比較にならないくらいに美味しい。ヘタなミネラルウォーターなんかよりもずっと美味しい。

「暑いろう。まぁ1杯飲んでいきなさい。」

と言われて渡されたコップ1杯の水、その冷たさ美味さに感激!!

「こんな遠い所まで大変じゃろう?ケアマネいう仕事も難儀やねぇ。

ってこっちを労ってくれるおばあちゃんにオイラ、

「僕、ここに訪問来るがぁは大好きやで。だっておばあちゃん、ココは水は美味しいし空気は綺麗やし風は涼しいし、天国みたいな所やもん。もう高知に帰るがぁ嫌になるちや。」

って、お世辞でも何でもなく、心底そう思った事を言って、

「毎月一回は訪問せないかん決まりながやけんど、ここに来るがぁは楽しみでもあるきに、何でもかまんき気になる事とか困った事とかあったら電話してね。ほいたらまた来るきに。」

と言って、帰路に着いた。

往復70分。距離約50㎞の居宅訪問だったけど、

今日の仕事はめっちゃ楽しかったです♪

猫好きばあちゃんの飼ってる縞猫も可愛くてグッド♪

| | コメント (3) | トラックバック (0)

2013.05.10

いきなり

「例えるなら、兵卒だったのが士官になるみたいなもんです。」

「よーするにmizzieちゃん、二等兵から少尉さんになったんだね。(*^-^)」

前の職場を退職する直前、「ケアマネジャーになるから転職します」って話を患者さんとしていて、「ケアマネになるってのはどーゆー事なんだい?」って聞かれたオイラ、戦中派だったばーちゃんに「軍人さんに例えるとね・・・」って言って、ケアマネの仕事内容について、↑みたいなカンジで説明していた。

現場で・最前線で、直接、介護業務を行うのがケアワーカーの仕事で、要介護者などから依頼を受けて対象者本人の身体・精神状況、住環境・家庭環境、生活歴、社会的側面や地域性など、対象者に関する全てを精査・分析し、対象者の抱える問題解決、機能改善、その他クライエント・サティスファクションに繋がる全ての資源を繋ぎ合せ有効活用する為の計画を策定し、関わりを持つ事になる全ての職種が円滑に活動出来る様に管理・運営を行うのが、
ケアマネジャーの仕事だ。

だから僕は、「ケアマネになるってどーゆー事?」って聞かれた時に、指示に従い業務を行うケアワーカーから、計画を立て実行を依頼し円滑に運用されているのか管理するケアマネジャーになったので、「兵卒から士官になった」って表現していた。

士官になったオイラ、今週一杯は本部で先輩ケアマネに付いて研修になってて、アセスメントやモニタリングに同行したり、カンファレンス(担当者会議)に出席したり、地域の事業所(デイサービスとか居宅介護支援事業所とか包括支援センターとか社協とか)に着任挨拶を兼ねて営業したりしてる。

で、研修が終わったら僕が配属になる予定だった、新規開設する事業所が、高知市から正式に事業所開設申請が認められ許可が下りる事になって、来週からはそっちで一人で業務を行う事になった。

「遂に一人立ちする日が来たか・・・。」

って思ってたんだけど、、、、、

ななななんと!新規開設の事業所で、オイラいきなり所長になっちゃいました!!

居宅介護支援事業所には管理者が必要で、それはケアマネが兼任していい。って事になってるんだけど、まだ担当する利用者が4人しかいなくて、とりあえずは僕がソコの一人ケアマネでその4人からスタート。ってなってるので、人件費の事もあるから僕は新任だけど兼任でその事業所の管理者になっちゃいました。

引き継ぎで入社したケアマネとか、ケアマネ実務経験ゼロなのにイキナリ35人利用者持たされた。ってのは、ケアマネ業界では時々聞く話。だから、イキナリ管理者だけど担当する利用者は少ないから、一人一人にじっくり関われるしその分勉強にもなるので、管理者としての責任は重大だけど楽しめそうです。

| | コメント (2) | トラックバック (0)

より以前の記事一覧